【のらくろクン】戦争漫画からサービスシーン多めの探偵アニメに!関連おもちゃが売れた意外な理由とは?
2019年7月30日 更新

【のらくろクン】戦争漫画からサービスシーン多めの探偵アニメに!関連おもちゃが売れた意外な理由とは?

「のらくろクン」はアニメよりも関連グッズである目覚まし時計や、おもちゃの「のらくろロック」の方が有名かもしれません。戦争漫画だった「のらくろ」が探偵アニメになって帰ってきました。ちょっとお色気シーンも多めで、毎回ドタバタ楽しいアニメだった「のらくろクン」。アニメの内容や大ヒットした関連おもちゃ「のらくろロック」の意外な購入層についてまとめました。

2,370 view

主役はのらくろの孫!「のらくろクン」

 (2126805)

「のらくろクン」は1987年の10月から一年間、フジテレビ系列で日曜日の夕方6時から放送されていました。

「のらくろクン」は「のらくろ」の孫が主役のアニメ。元祖「のらくろ」といえば戦前の1931年から連載がスタートし、主役の黒犬・のらくろが軍隊で活躍する漫画で当時大人気でした。内容は時代を反映して戦争の色が濃いものでしたが、「のらくろクン」は一新探偵アニメとなって帰ってきました。

「のらくろクン」のあらすじ

時代はバブル全盛期。のらくろクンの祖父であるのら山くろ吉は、その昔大活躍した名物兵士。当時の戦友たちとの再会をきっかけに戦時中のノウハウを生かすべく「のらくろ探偵事務所」を開くことに。
主人公ののらくろクンは大家さんの息子・木下圭太や、お隣の女子高生・沢口リカと一緒にその仕事を手伝うことになる。しかし事務所には孫悟空やクレオパトラなんていうちょっと変わった人物までもが次々と依頼にやってきて…奇想天外なドタバタコメディ!

OPとEDは大人っぽい!

のらくろクン OP1「YOU!YOU!YOU!」BaBe

アニメはファミリーというか子ども向けでしたが、OPとEDは大人っぽいおしゃれな雰囲気でしたね。

のらくろクン ED1「Hold Me」BaBe

どことなく「らんま1/2」の演出に似ている気がします。

ファミリー向けだけどサービスシーン多め!?

日曜日の夕方という、家族団らんでテレビを見る時間帯に放送されていた「のらくろクン」。主人公ののらくろクンは明るくて元気いっぱいの黒犬で、ブレイクダンスが得意。のらくろクンの友達の圭太くんは10歳で何かと一緒に行動します。

放送時間帯的にも内容としても、ターゲットは圭太くんと同世代くらいの子ども達に向けて作られているのですが、どうにもやたらとサービスシーンが多かったのがこのアニメの特徴です。

というのも、お隣に住んでいるかわいい女子高生の沢口リカちゃん。髪の毛は紫色で口元にほくろがあったりして、かわいいだけでなくちょっとセクシーな雰囲気。しかも趣味がエアロビです。(ここも時代を感じますが、エアロビクスは80年代に大流行しました)リカちゃんはレオタードを着てエアロビやスポーツに励み、ナイスバディを保つことに余念がないのです。

このリカちゃんを筆頭に、圭太くんの担任である松本先生の服が破れて下着が丸見えになったり、銭湯シーンで裸の女性がたくさん出てきたりとサービスシーンが何かと織り込まれていました。
お茶の間が若干凍りそうな気もしますが、「のらくろクン」に限らず当時のアニメでは多少のサービスシーンなんてよくある事でした。今の時代だと速攻アウトな表現でもバンバン放送されていましたよね。

ただ「のらくろクン」のヒロインである沢口リカちゃんは、普通に服を着ていてもどことなく色っぽいのです。この理由がどうやらキャラクターデザインのもりやまゆうじさんにあるようです。

キャラクターデザインを担当した「もりやまゆうじ」氏とは?

もりやまゆうじ(森山雄治)さんは80年代のアニメを語る上で外せない一流アニメーターです。キャラクターデザインから監督、演出まで幅広く手掛けており、誰もが知っているアニメにたくさん関わっています。

「うる星やつら」や「めぞん一刻」など歴代の髙橋留美子作品でも活躍されており、もりやまゆうじさんが手掛ける「のらくろクン」のOP・EDが「らんま1/2」のOPと似ているのは当然だった訳です。

もりやまゆうじさんのデザインする女の子のキャラクターは、ロリっ子でどことなく色気があるのが特徴的です。沢口リカちゃんの謎の色気も、デザインがもりやまゆうじさんなら納得です。

そしてもりやまゆうじさんといえば個人的には「プロジェクトA子」!パンツを惜しみなく見せつつ(?)も迫力のあるこの動きをご覧ください。凄すぎませんか。

アニメよりも有名?「のらくろロック」が売れた理由とは

 (2127327)

のらくろクンはアニメの内容よりも、関連グッズの方が知名度があるかもしれません。その代表格が「のらくろロック」です。

「のらくろロック」はタカラ(現・タカラトミー)から発売された、音に反応して動くおもちゃです。元々は子ども向けに考案され発売されたのですが、この時代はちょうどゲームブーム。世のお子様たちはおもちゃより最新のゲームに夢中でした。

しかし「のらくろロック」は予想をはるかに超えて売り上げをのばします。

調査をしたところ、ターゲットにしていた子どもだけでなく、なんと20代のOLなど大人が「のらくろロック」を購入していることが分かりました。この時代、「大人がおもちゃを買う」というのはかなり珍しいことでした。おもちゃは子どもの物なのに、大人が自分用におもちゃを購入しているなんて!当時のタカラ社内では衝撃的だったようです。

どうして大人が「のらくろロック」に惹かれたのか?

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 809 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
歴代の「シルバニアファミリー」集結!横浜で企画展を開催 約300種の展示や特大ジオラマが登場!!

歴代の「シルバニアファミリー」集結!横浜で企画展を開催 約300種の展示や特大ジオラマが登場!!

「シルバニアファミリー」の企画展が、神奈川・横浜人形の家にて3月11日から5月7日までの期間限定で開催することがわかった。今回、歴代の「シルバニアファミリー」や家具が約300種類展示されるほか、4メートルを超える特大ジオラマでシルバニア村が登場する。
red | 1,763 view
50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

50周年記念!リカちゃんの日めくりカレンダーが2月8日に発売。ケースは初代リカちゃんハウスをイメージ!!

今年50周年を迎える「リカちゃん」のアニバーサリー商品「50周年記念・リカちゃん 日めくりカレンダー 2017」が2月8日(水)に発売される。ケースは、初代リカちゃんハウスをイメージしたパッケージになっている。
red | 2,380 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト