OVA版【力王RIKI-OH】統括地獄!滅びの子!全2話で映像化されたアニメの魅力とは?
2021年3月9日 更新

OVA版【力王RIKI-OH】統括地獄!滅びの子!全2話で映像化されたアニメの魅力とは?

ハードボイルドさとバイオレンス要素が融合し、そのジャンルの最高傑作といえる『力王』。今回の記事では、1989年に発売されたOVA版2部作『統括地獄』『滅びの子』にスポットを当て、その本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきます。関連商品も併せて紹介しますので、ぜひ記事をご覧になってくださいね。

246 view

『力王』とは?

『力王』

『力王』

原作:鷹匠政彦
作画:猿渡哲也
出版:集英社
掲載:ビジネスジャンプ
連載:1987年~1990年
巻数:全12巻
本作は、『ビジネスジャンプ』(集英社)1987年7月(13号)から1990年7月(16号)まで連載された。単行本は全12巻、ホーム社版は全9巻が刊行されている。集英社1987年度MVP賞受賞・累計発行部数は250万部であり、創刊間もない同誌を『週刊ヤングジャンプ』と並ぶ集英社青年コミック誌の2本柱の1つへと押し上げる推進役を果たした。
本作の連載中には必ず「敗れる方法(すべ)を知らされていない哀しき戦士の物語(ストーリー)」とのキャッチフレーズが掲げられており、近未来の弱肉強食の世界で弱者を助け正義を貫く主人公の壮絶な生き様が描かれた。
1989年には『力王RIKI-OH 統括地獄』、1990年には『力王RIKI-OH 滅びの子』、二部作によるOVA化も実現しました。今回の記事では、こちらのOVA版に焦点を当てて紹介させていただきます。

OVA版『力王RIKI-OH』の本編動画・ストーリー

第1部『等括地獄』

近未来、すでに終焉したかのように文明が崩壊した東京―――。
犯罪者を収容する刑務所は民営化され、囚人は安価な労働力として酷使されていました。
その中にいたのは超人的な肉体をもち、右手の甲に六芒星の痣がある主人公・雑賀力王。力王は何事にも屈しない屈強な精神力も備えており、囚人たちを使い捨ての奴隷のように扱う刑務所幹部たちから弱者を助けていました。
そんな力王を邪魔だと思った刑務所幹部は、抹殺するため、数々の刺客を差し向けます。次々と刺客を撃退するうち、力王は刑務所の敷地内で秘密裏に麻薬が栽培されていることを知り、栽培畑ごと焼き払ってしまおうとするのでした…

第2部『滅びの子』

刑務所から脱走した力王は、生き別れになった双子の弟・那智を探し、地図にも記載がない”岬”と呼ばれる辺境地帯に向かいます。ようやく”岬”に辿り着くと、そこには全土を血で覆う強制収容所が広がっており、謎の軍人・鷲崎が支配していました。
力王は那智が生きていることを知りますが、那智は強力な超能力者だったため、”滅びの子”として、鷲崎の人類を滅亡させる計画に利用されていました。鷲崎の野望を知った力王は、その正義感から計画を阻止しようとします。
しかし、那智の”滅びの子”としての能力は覚醒してしまい、その暴走したチカラは鷲崎すらも亡き者にしてしまうのでした。那智のチカラは収まることを知らず、人類に存亡の危機が訪れます。チカラの暴走を止めるため、力王がとった行動とは…

OVA版『力王RIKI-OH』の魅力とは?

口数の少ない超人・力王

超人的な身体能力をもち、口数は少なめな主人公・力王。このキャラクター性で類似する例を挙げるとするなら、
ケンシロウ /『北斗の拳』

ケンシロウ /『北斗の拳』

こちらを思い浮かべるユーザーは多いでしょう。ジャンル的にもハードボイルドな内容なので、イメージは尚さら重なりますよね。
キャッチフレーズ「お前の悪行(カルマ)は、俺が地獄へ運んでやる‼』も、どことなく北斗の拳に出てきそうなセリフです。
決して言葉は多くを語らず、背中や行動で示す格好良さという部分も両者ともに似ているように思えます。『北斗の拳』のケンシロウのように戦いで奇声を発するようなことはないですが、モデルにしているかのような印象すら漂っています。
つまり『北斗の拳』が好きなミドルエッジ世代なら、安心してOVA版『力王RIKI-OH』も楽しんでもらえるはずです。

テンポ良く進むストーリー

第1部『等括地獄』は原作マンガの第1~13話を基に制作された内容で、第2部『滅びの子』も第14~30話を映像化したものです。それぞれ45分程度の本編時間にまとめていますので、ストーリーはかなりテンポ良く進んでいきます。
次から次へと物語は新しい展開を迎え、その怒涛の進展ぶりに、気づけば本編に魅入られてしまうはずです。本編には一切のムダがなく、魅力がたっぷり詰まっていて面白くないはずがありません。
ご覧になる際は、作業しながらの視聴ではなく、しっかり画面に集中できるような体制を整えておくことをおすすめします。

登場人物の誰も救われない

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【MIDNGHT EYE ゴクウ】神の目をもつゴクウが活躍するハードボイルド&アクション!

【MIDNGHT EYE ゴクウ】神の目をもつゴクウが活躍するハードボイルド&アクション!

あのハードボイルド系作品の最高傑作ともいわれる『コブラ』を手掛け、その後も傑作を生んできた寺沢武一さん。そんな彼が手掛けた漫画『ゴクウ』も、寺沢武一さんの名前をスターダムに押し上げた名作といえるでしょう。今回の記事では、OVA版として発売された『MIDNGHT EYE ゴクウ』をフォーカスし、本編動画やストーリー・魅力などをご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 458 view
OVA版【B・B】あしたのジョーにも匹敵する名作ボクシングアニメ!その魅力を振り返る!

OVA版【B・B】あしたのジョーにも匹敵する名作ボクシングアニメ!その魅力を振り返る!

1980年代、週刊少年サンデーに連載されていたボクシング漫画『B・B』。その内容は名作『あしたのジョー』にも匹敵するドラマチックなものです。今回の記事では1990年に発売されたOVA版『B・B』にスポットを当て、その本編動画やストーリー・魅力をご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 647 view
【ギャラガHYPER-PSYCHIC-GEO GARAGA】劇場版SFアニメの魅力などを振り返る!

【ギャラガHYPER-PSYCHIC-GEO GARAGA】劇場版SFアニメの魅力などを振り返る!

長編SFアニメの超大作として、一部のマニアからは高い評価を受けている『ギャラガHYPER-PSYCHIC-GEO GARAGA』。今回の記事では、そんな劇場版アニメに焦点を当て、その魅力を振り返っていきたいと思います。当時の記憶や思い出を皆さんと共感できたら嬉しいです。
tsukumo2403 | 257 view
OVA版【魔狩人 DEMON HUNTER】デビルマン?デビルマンレディー?その魅力を紹介!

OVA版【魔狩人 DEMON HUNTER】デビルマン?デビルマンレディー?その魅力を紹介!

知る人ぞ知る名作コミック『魔狩人』シリーズ。永井豪さんとダイナミックプロによって生まれた『デビルマン』『デビルマンレディー』と類似しているのも面白いポイントです。今回の記事では、そんな『魔狩人』シリーズのOVA作品である『魔狩人 DEMON HUNTER』にスポットを当てていきたいと思います。
tsukumo2403 | 519 view
【トウキョウ・バイス】探偵もの爽快アクションアニメ!その魅力をたっぷりとご紹介!

【トウキョウ・バイス】探偵もの爽快アクションアニメ!その魅力をたっぷりとご紹介!

1980年代の後半に、OVA作品として発売された探偵もの爽快アクションの『トウキョウ・バイス』。殺人事件に関連した巨大企業・組織の陰謀を暴くといった内容で、スリリングな展開の連続が魅力的なコンテンツです。今回は、その本編動画やストーリー・魅力などを紹介させていただきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 229 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト