1972年に大ヒットした【あがた森魚】の「赤色エレジー」を知ってますか?
2018年4月12日 更新

1972年に大ヒットした【あがた森魚】の「赤色エレジー」を知ってますか?

1972年に50万枚のヒットを飛ばした「赤色エレジー」。フォークシンガー【あがた森魚】と同名漫画作品を描いた劇画作家【林静一】と共に振り返りたいと思います。

661 view

あがた森魚とは

あがた森魚のアルバム 近代ロック

あがた森魚のアルバム 近代ロック

あがた森魚さんは、よしだたくろうさんや、泉谷しげるさん、友部正人さんとともに"ニュー・フォーク四人の旗手"と呼ばれた方です。
ただ、あがた森魚さんの歌い方は独特で、演歌と見まがう歌唱であった為、フォーク界の異端児と呼ばれていたそうです。
本名は山縣 森雄(やまがた もりお)さん。代表曲はこの記事のタイトルにも入ってる「赤色エレジー」になります。

あがた森魚 公式ホームページ

ヒット曲 「赤色エレジー」

赤色エレジー あがた森魚 (2009年11月22日収録ライブ動画・歌詞字幕入り)

漫画家の林静一さんが描いた同名劇画に、あがた森魚さんが感銘を受け、この曲が作られました。そのため、シングル盤のジャケットイラストは林静一さんが描いています。
下の歌詞サイトを見て頂くと判るのですが、この曲は一郎と幸子のエレジーにです。
そもそもエレジーとは、悲しみを歌った詩などの文学作品、楽曲で、日本語では悲歌(ひか)、哀歌(あいか)、挽歌(ばんか)などになります。
曲を聴くと判るのですが、確かに哀歌といった曲調になっており、表現が難しいのですが、僕が今まで聴いたエレジーの中で、最もエレジーの王道の様に思いました。
この曲は50万枚の大ヒット曲となり、あがた森魚さんの代表曲となりました。

あがた森魚のその他の曲

あがた森魚さんといえば「赤色エレジー」と誰もが連想するくらい、「赤色エレジー」の印象が極端に強いのですが、他の曲を聴くと、素晴らしい曲が沢山ありました。
その中から一部だけの御紹介になりますが、特におすすめなのが「百合コレクション」。下の動画ではあがた森魚さんが元ちとせさんとコラボをされており、ゆったりした曲調が素晴らしく、聴いていて大変気持ちが良いです(^^)/
是非観てくださいね!

百合コレクション

百合コレクション 元ちとせ&あがた森魚

キットキット!! 遠く遠く!!

あがた森魚  キットキット!! 遠く遠く!! 【TV-LIVE.1995】

大寒町

Agata Morio - 大寒町

劇画 「赤色エレジー」

劇画 「赤色エレジー」

劇画 「赤色エレジー」

この漫画は漫画界の異才をあまた輩出した伝説の漫画雑誌「ガロ」に連載されていたものです。
作品の内容としては、大変暗いものであり、赤色エレジーの赤色は赤貧のことではないかと思われます。要するに、赤貧の哀歌といった意味になりますね。
あがた森魚さんの歌う「赤色エレジー」の歌詞にもありますが"幸子の幸はどこにある"という内容が延々と続く様です。まさにエレジーですね・・・
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。
さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出したフォークデュオ・グレープ。そこでさだまさしの相方であった「吉田正美」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、さだまさしの陰に隠れがちな「吉田正美」にスポットを当ててみたいと思います。
「1年B組新八先生」で主演を務めた岸田智史の初期アルバム3作がCDボックスになって登場!!

「1年B組新八先生」で主演を務めた岸田智史の初期アルバム3作がCDボックスになって登場!!

シンガーソングライターとして活躍する岸田智史(現・岸田敏志)がブレイク前に発表した3枚のアルバムをCDボックスの形で復刻する企画『岸田智史/EARLY DAYS』が「オーダーメイドファクトリー」から商品化されることが決定しました。
隣人速報 | 331 view
松山千春が“北海道命名150年記念”のミニアルバムで放送禁止歌「網走番外地」を披露!!

松山千春が“北海道命名150年記念”のミニアルバムで放送禁止歌「網走番外地」を披露!!

1869年、松浦武四郎により北の大地が「北海道」と命名されてから今年で150年目を迎えます。それを記念し、北海道を代表するフォークシンガー・松山千春が、記念アルバム「北のうたたち」を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 433 view
orange pekoe(オレンジ・ペコー)とは違う4人組!ぎんざNOWなどで活躍していた「オレンジ・ペコ」!

orange pekoe(オレンジ・ペコー)とは違う4人組!ぎんざNOWなどで活躍していた「オレンジ・ペコ」!

1970年代前半、CSN&Y、ガロといったフォークロック系のグループが流行したことがありました。そんな中、「オレンジ・ペコ」という4人組がいたのを覚えていますでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト