ボーカルの歌声が渋いけどカッコいい!! R&E(リズム&演歌)と名乗りを上げるロックバンド『怒髪天』
2017年1月23日 更新

ボーカルの歌声が渋いけどカッコいい!! R&E(リズム&演歌)と名乗りを上げるロックバンド『怒髪天』

喜怒哀楽を曲で思う存分詰め込んだバンドで、彼らの曲を聴いたら好きにならずにいられません。盛り上がれる曲ばかりでテンションが上がる事間違いなしです。

3,954 view

怒髪天

怒髪天

怒髪天

1984年バンド結成。
1991年日本クラウンよりメジャーデビューするが、その後1996年に活動を一時休止。1999年にインディーズに戻り活動再開、2004年にテイチクエンタテインメントのレーベルインペリアルレコードより再メジャーデビューした。
出典 tower.jp
歌心とロックを掛け合わせた独自の“R&E(リズム&演歌)”サウンドで人気を集め、男気あふれるライヴ・パフォーマンスも魅力。結成30周年となった2014年には初の日本武道館単独公演を開催。他アーティストからの信頼も厚く、ももいろクローバーZや関ジャニ∞らへ楽曲提供を行なうなど幅広い支持を得ている。

メンバー

増子 直純(ますこ なおずみ)

増子 直純(ますこ なおずみ)

1966年4月23日 -  ボーカル。
出身地:北海道札幌市 血液型:A型 愛称:兄ィ、増子さん。
ダミ声で歌い上げるボーカル。ほとんどの楽曲で作詞を務める。

自衛隊に2年在籍していた。
清水 泰次(しみず やすつぐ)

清水 泰次(しみず やすつぐ)

1967年2月26日 -  ギター。
出身地:北海道留萌市 血液型:A型 愛称:王子、友康さん。

穏やかな性格で王子的存在。根っからのギター好きで、待ち時間や本番前の楽屋でも四六時中ギターを弾いているほど。ほとんどの楽曲で作曲を務める。
上原子 友康(かみはらこ ともやす)

上原子 友康(かみはらこ ともやす)

1967年2月26日 -  ギター
出身地:北海道留萌市 血液型:A型 愛称:王子、友康さん

穏やかな性格で王子的存在。根っからのギター好きで、待ち時間や本番前の楽屋でも四六時中ギターを弾いているほど。ほとんどの楽曲で作曲を務める。双子の兄がいる。
坂詰 克彦(さかづめ かつひこ)

坂詰 克彦(さかづめ かつひこ)

1966年8月18日 - ドラム。
出身地:北海道幌加内町 血液型:O型 愛称:坂さん。

ライブのMCでは、ドラムでありながら積極的にしゃべる。
ご覧の通り、メンバー全員が北海道の出身です。

今のメンバーになるまでのエピソード

増子:そうだね。友康が入るまでに全員クビにしたんだよ(笑)。ざっと6人くらいはクビにしたかな? 友康が入ってからもドラムが2人替わってるからね。坂さんで3人目だったっけ?
上原子:いや、坂さんでドラムは4人目だよ。
増子:そうか。坂さんは前頭4枚目だね(笑)。

──増子さんと友康さんがタッグを組んでからバンドが急速に回転していった感じですよね?
増子:友康は畜生やチェリーブラッドっていうブッチャーズの前身バンドをやっててよく知ってたけど、タイプが全然違うから、一緒にバンドをやるなんて思ってもみなかったんだよ。友康は当時から凄くギターが巧かったから、俺と一緒にやるような奴じゃないだろうなと思ってた。それに、友康は割とメタル寄りだったからね。でも、ちょうど友康がチェリーブラッドを辞めた頃に、俺も諸々の理由でギターをクビにしてたんだよ。
上原子:そうそう。俺が何もバンドをやってないから、一緒に何かやろうかっていう話になって。「『ツイスト&シャウト』をやろうよ」みたいなことを言った気がする。
増子:割とルーツっぽい音楽って言うか、フーとかのブリティッシュ・ロックみたいな音楽をやろうとしたんだよね。
上原子:それまでは激しい音楽ばかりやっていたから、もうちょっとスタンダードなロックをやりたいと思ったんだよ。キンクスとかビートルズとかね。そういうバンドのコピー・バンドをやろうよって話になって、スタジオに入って遊んでた。

結成から活動休止まで

1984年札幌にてバンド結成。
1988年メンバーチェンジを繰り返し、現メンバーに。上...

1988年メンバーチェンジを繰り返し、現メンバーに。上原子、坂詰、清水の順で加入。

札幌のベッシーでは、常時300人もの客がいました。
1991年アルバム「怒髪天」でメジャーデビュー。

1991年アルバム「怒髪天」でメジャーデビュー。

1991年アルバム「怒髪天」でメジャーデビュー。

1991年アルバム「怒髪天」でメジャーデビュー。

そんな彼らは、音楽活動に苦労していました。
増子:活動を再開させてからは一気に加速するんだけどね。上京してからはライヴも全然ウケなくてさ。暖簾に腕押しとはまさにあのことだよ。暖簾に腕押しで反応がないくらいならまだイイけど、完全にイヤがられてるんだもん(笑)。札幌のベッシーで常時300人を動員していたのが、東京に来て西荻ワッツで3人とかさ、そんな状況だったからね。東京はどうなってんだろう!? と思ったよね。
バンドを始めた時は、全く売れなかったりとか、所属自体事務所が潰れてしまったりして、結局食えなくなってしまって、バイトをしていたという
1996年から3年間活動を休止して1999年に活動を再開!!
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 139,007 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 126,127 view
疾走感溢れたメロディーとボーカルが書く歌詞が凄い!!パンク、ロック、ソウルが融合したミクスチャーバンド『ニュー・エスト・モデル』

疾走感溢れたメロディーとボーカルが書く歌詞が凄い!!パンク、ロック、ソウルが融合したミクスチャーバンド『ニュー・エスト・モデル』

ボーカルの中川敬が書く歌詞は問題提起と意味を含めた内容のものが多いです。スピッツ、くるり、曽我部恵一など多くのミュージシャンに影響を与えたバンドです。
星ゾラ | 3,108 view
高校生でデビュー!!ホコ天で人気を集めたロックバンド『BLUE BOY』

高校生でデビュー!!ホコ天で人気を集めたロックバンド『BLUE BOY』

90年代、バンドブームでBLUE BOYもその波に乗って大会に出場し注目を集めメージャーデビューしました。
星ゾラ | 20,136 view
スピード感あふれた様々なサウンドを作り出すバンド『ルースターズ』

スピード感あふれた様々なサウンドを作り出すバンド『ルースターズ』

ボーカルの体調不良などで曲にイメージが変わり、ボーカルが脱退した後のルースターズの曲は更に変化しました。
星ゾラ | 9,259 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト