【#プロレス今日は何の日】1992年10月23日『日本武道館 高田延彦vs北尾光司っ!』
2018年11月2日 更新

【#プロレス今日は何の日】1992年10月23日『日本武道館 高田延彦vs北尾光司っ!』

日本にプロレスが根付いてから早70年近く経とうとしています。プロレスが一番熱く盛り上がっていた80年代~90年代にあった出来事を今日の日付と共に紹介していく新コーナー【#プロレス今日は何の日】。 1992年10月23日、「ええ、確かに武道館が揺れましたよ」あの日、高田のハイキックに歓喜感涙!みんなで叫んだ高田高田の大合唱!心震わせたあの日から26周年!今日もプロレス最高っ!

1,292 view

1992年10月23日 『日本武道館 高田延彦vs北尾光司っ!』

復刻U.W.F.インターナショナル最強シリーズ vol...

復刻U.W.F.インターナショナル最強シリーズ vol.1 高田延彦 vs 北尾光司 1992年10月23日 東京・日本武道館

[収録試合]
格闘技世界一決定戦 高田延彦 vs 北尾光司

大江 慎 vs サムリック
トム・バートン vs 金原弘光
マーク・シルバー vs 高山善廣
安生洋二 vs アイアン・シーク
ゲーリー・オブライト&マーク・フレミング vs 宮戸優光&垣原賢人
山崎一夫 vs 田村潔司
高田延彦を筆頭に山崎一夫、田村潔司、桜庭和志らが輩出し、世界の強豪との名勝負を繰り広げてプロレス界に一時代を築いたU.W.F.インターナショナル。

格闘技世界一決定戦と銘打ち、日本武道館に超満員の大観衆を集めて開催された高田延彦と大相撲元横綱、北尾光司との世紀の大一番。

1992年10月23日 あの日を振り返ってみよう!

格闘技世界一決定戦!いや、そんなことより高田が北尾をやっつける(こらしめる)とこが観たい我々っ!
あの八百長発言からその他諸々で絶対的ヒールになった北尾!

山ちゃんがやられた、3分5ラウンドになった、ちくしょうチクショウ畜生!とにかく高田よやってくれ!
悲痛な想いと願いを乗せてみんながみんな高田高田の大合唱!
夢と理想を追い求めた男たちの苦悩―シリーズ最終作!〓田...
出典 amzn.asia

証言UWF 完全崩壊の真実

1,620
夢と理想を追い求めた男たちの苦悩―シリーズ最終作!〓田延彦独占告白、UWFの全内幕!UWFからPRIDE、そしてRIZINへ。歴史が証明した「U」の存在意義。
1R、ローキックをビッシビシ入れる高田!北尾も表情が変わる!終盤左ハイをビシッと行くもわずかに浅い!残念!

2R、北尾がズドッとヒザ!高田苦悶の表情!更にガバッと高田を抱えグワッと裏投げ!スゴイ高さに驚くも側面から落ちた為ダメージは浅い!
そのまま腕ひしぎに捕らえる高田!唸る武道館っ!
しかし巨体をごろごろ多方に移動させエスケープする北尾!残念!
フェイントから左ロー!
再度左ハイ!く~、これも浅いか!残念!

あ~、やっぱり3分は短いわ~。
歯痒い我々。

3R、手四つの取り合いから強烈な右ロー!更に右ロー!
そしてここで高田、正にハイキック一閃っ!∑(゚Д゚)

60fps / Uインター テレビ: 高田 延彦 VS 北尾 光司 '92.10.23 (OA 11.21) (格闘技世界一決定戦)

ゴオォ~!っと唸りみんなで一緒にカウントする武道館!やったー!やったぞー!
何度も飛び跳ねて喜ぶ高田、両手を突き上げるセコンド陣、歓喜の声を上げる観客達!

高山とのミット特訓によるハイキック!だから余計に嬉しいやんっ!(≧∇≦)
強いローを何発も入れて意識を下に向けさせといて同じ起動でハイ入れる!あぁ、これ何年何度見ても素晴らしい!

武道館と多くのプロレスファンの心が揺れたあの日から最強に向けて加速したね!(≧∇≦)

今日もプロレス最高っ!

作者プロフィール

13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ルイヴィトン 財布 2018/11/3 17:42

    ブランド 激安、安心、安全www.kqbag.com大特価
    激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商
    商品数も大幅に増え、品質も大自信です
    100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
    【店舗運営責任者】: 安東 恵美
    【店舗HP】: www.kqbag.com
    【E-mail】 :ytgain@yahoo.co.jp

    プライド 2018/11/3 16:31

    なめてんのか、高田のブック破りだって暴露されてんだろうが。脳みそ腐ってんじゃねぇのか。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ドリーム・シアターが1992年の名盤「イメージズ・アンド・ワーズ」を完全再現したライブを開催!11月に独占放送決定!

ドリーム・シアターが1992年の名盤「イメージズ・アンド・ワーズ」を完全再現したライブを開催!11月に独占放送決定!

プログレッシブ・メタルバンドの代表格「ドリーム・シアター 」。1992年に発売したヒットアルバム「イメージズ・アンド・ワーズ」を完全再現したライブを日本武道館で公演。11月にWOWOWで放送される。
後に「プロレス界の帝王」に上り詰めた高山善廣!その覇道は全日本プロレス、川田利明との遭遇から始まった!!

後に「プロレス界の帝王」に上り詰めた高山善廣!その覇道は全日本プロレス、川田利明との遭遇から始まった!!

大森隆男とのタッグ「ノーフィアー」で全日本プロレス、プロレスリング・ノアに旋風を巻き起こし、フリー転身後は各団体を渡り歩いてメジャータイトルを総ナメ、PRIDEに出場すればドン・フライと壮絶な殴り合いをやって見せる。いつしか「プロレス界の帝王」として君臨することとなった高山善廣。彼の覇道は、UWFインターナショナルのリングで遭遇した川田利明との一戦から始まりました。
青春の握り拳 | 22,336 view
2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年11月24日、PRIDE.23のリングで引退した高田延彦。このとき引退試合の相手を務めた田村潔司への試合後のマイク「お前、男だ!」、そして大会ラストの「Uインター、上がってこいや!」はどちらも流行語となり、以降の高田は「出てこいや!」を持ちネタにすることとなります。しかし90年代Uインターを観ていた者にとって、この時の「上がってこいや!」はギャグなどでなく胸が熱くなる、そして涙を誘う名シーンであったことを忘れてはなりません。
青春の握り拳 | 16,832 view
【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

キミは幻の一億円トーナメントを知っているか?高田延彦率いるUWFインターがプロレス最強を決めようと主要5団体のエースに声をかけたこのトーナメント、幻に終わったが実現したらどうなっていただろう。
青春の握り拳 | 31,905 view
我が「青春のエスペランサ」髙田延彦はUWFインター解散までが輝いていた!!

我が「青春のエスペランサ」髙田延彦はUWFインター解散までが輝いていた!!

バラエティで活躍するプロレスラーと言えば、髙田か健介である。 そんな髙田延彦が一番輝いていた新日本~UWFインターまでを振り返ってみた。
レイルウェイズ | 13,123 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト