我が「青春のエスペランサ」髙田延彦はUWFインター解散までが輝いていた!!
2016年11月25日 更新

我が「青春のエスペランサ」髙田延彦はUWFインター解散までが輝いていた!!

バラエティで活躍するプロレスラーと言えば、髙田か健介である。 そんな髙田延彦が一番輝いていた新日本~UWFインターまでを振り返ってみた。

13,911 view
今やCMにまで出ちゃってるほど芸能界に溶け込んだ高田延彦。そんな姿をプロレスファンは決して喜んではいないはず。

そう「青春のエスペランサ」と意味の良くわからないニックネームをつけられていた頃の髙田延彦(当時は高田伸彦)が好きだった!!
髙田 伸彦

髙田 伸彦

髙田 延彦(たかだ のぶひこ、1962年4月12日 - )は、日本の男性元プロレスラー、総合格闘家、タレント、俳優、実業家。本名・旧リングネーム:髙田 伸彦(読みは同じ)。神奈川県横浜市戸塚区(現在では泉区となった地域)出身。血液型はA型。
レスリングと格闘技の道場「高田道場」の主宰者であり、格闘技イベント「PRIDE」の統括本部長を務めていた。芸能のマネジメントはレプロエンタテインメントが受け持っている。妻はタレントの向井亜紀。

新日本プロレス入門

中学校卒業後、アルバイトをしながら独自の方法で体を鍛え、1980年に新日本プロレスへ入団した。道場では藤原喜明と前田日明が兄貴分的な存在となり、スパーリングで鍛えられた。
太りにくい体質で、新弟子時代は毎月のように体重のノルマを課せられて、それをクリアできなければ解雇される状態だった。
ヤングライオン時代の髙田延彦

ヤングライオン時代の髙田延彦

1981年5月9日に保永昇男戦でデビュー。この頃の得意技は跳躍力を活かしたミサイルキック(トップロープからのドロップキック)。

1982年からはアントニオ猪木の付き人を務める。1983年に猪木がカナダ遠征をした際に付き人として同行しており、欠場した初代タイガーマスクの代わりにたまたま試合に出場したところ、ジャパニーズレッグロールクラッチで勝ちを収め、高田のテレビ中継デビュー試合でもあり、ポスト・タイガーマスクとして一躍注目を集める存在となった。
猪木の付き人をする高田延彦

猪木の付き人をする高田延彦

第1次(旧)UWF~新日本プロレス~第2次(新生)UWF

藤原組長が中心となった第1次UWF。格闘色が強く打ち出されたことでプロレスファンも期待をしたものです。
第一次UWF旗揚げ!

第一次UWF旗揚げ!

1984年に師匠藤原喜明の誘いで、新日本プロレスを離脱し、オープニングシリーズでは選手貸出しの形で参戦していたUWF(旧UWF、第1次UWF、ユニバーサル)に移籍して前田日明と合流。
後楽園ホールで、同時期にUWFに移籍した山崎一夫らと名勝負を繰り広げたものの、予定されていたアントニオ猪木の不参加などの要因で地方では不入りだったこと等から同団体は崩壊、その後UWF所属レスラーは新日へ合流した。
結局は出戻りしてしまったUWF組。
プロレスラーとしては、期待されていたのでタッグのベルトを取ったりとそれなりに活躍していました。
第5代 IWGPタッグチャンピオン 前田日明&高田伸彦

第5代 IWGPタッグチャンピオン 前田日明&高田伸彦

越中VS高田 最強ジュニア 3大死闘

越中VS高田 最強ジュニア 3大死闘

新日に参戦した期間には、越中詩郎を好敵手として「新・名勝負数え唄」と呼ばれる好試合を繰り広げ、IWGPジュニアヘビー級王座のベルトを争った。この当時は女性ファンからの人気も高くバレンタインデーにはチョコレートが段ボール箱2、3箱届いていた。
新生UWF(第2次UWF)

新生UWF(第2次UWF)

1988年、前田日明、山崎一夫らとともに第2次UWFを立ち上げる。第2次UWFでは前田に次ぐナンバー2の序列で、前田、山崎とともに「前高山」と言われた。第2次UWFは一世を風靡したものの、人間関係の不和から、1991年に前田のリングス、藤原喜明の藤原組、高田のUWFインターナショナルの三団体に分裂した。
なぜかこの頃から太り始める。団体がうまくいかないストレスからの不摂生だろうか。
ハッピーレストラン 西遊記 CM 【前田日明 高田延彦...

ハッピーレストラン 西遊記 CM 【前田日明 高田延彦】 1989

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

キミは幻の一億円トーナメントを知っているか?高田延彦率いるUWFインターがプロレス最強を決めようと主要5団体のエースに声をかけたこのトーナメント、幻に終わったが実現したらどうなっていただろう。
青春の握り拳 | 33,380 view
【垣原賢人】直情一直線、安全策ナシの人生!そしてUの戦士カッキ―はミヤマ☆仮面となる!!

【垣原賢人】直情一直線、安全策ナシの人生!そしてUの戦士カッキ―はミヤマ☆仮面となる!!

垣原賢人は往年のプロレスファンにとってUWFを愛する「Uの戦士」、お子様連れのファミリーにとってはクワガタを愛し”クワレス”を主催する「ミヤマ☆仮面」。悪性リンパ腫と闘いながらも2017年8月14日、後楽園ホールにて「カッキーライド~垣原賢人復帰戦~」を開催する垣原賢人、その安全策ナシに直情一直線な人生をご覧いただきたい。
後に「プロレス界の帝王」に上り詰めた高山善廣!その覇道は全日本プロレス、川田利明との遭遇から始まった!!

後に「プロレス界の帝王」に上り詰めた高山善廣!その覇道は全日本プロレス、川田利明との遭遇から始まった!!

大森隆男とのタッグ「ノーフィアー」で全日本プロレス、プロレスリング・ノアに旋風を巻き起こし、フリー転身後は各団体を渡り歩いてメジャータイトルを総ナメ、PRIDEに出場すればドン・フライと壮絶な殴り合いをやって見せる。いつしか「プロレス界の帝王」として君臨することとなった高山善廣。彼の覇道は、UWFインターナショナルのリングで遭遇した川田利明との一戦から始まりました。
青春の握り拳 | 22,695 view
2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年11月24日、PRIDE.23のリングで引退した高田延彦。このとき引退試合の相手を務めた田村潔司への試合後のマイク「お前、男だ!」、そして大会ラストの「Uインター、上がってこいや!」はどちらも流行語となり、以降の高田は「出てこいや!」を持ちネタにすることとなります。しかし90年代Uインターを観ていた者にとって、この時の「上がってこいや!」はギャグなどでなく胸が熱くなる、そして涙を誘う名シーンであったことを忘れてはなりません。
青春の握り拳 | 19,797 view
【Mr.200%】安生洋二率いるゴールデンカップス結成のきっかけは?

【Mr.200%】安生洋二率いるゴールデンカップス結成のきっかけは?

安生洋二率いるゴールデンカップスは新日本プロレスとの対抗戦で結成されました。そのリーダーであった安生は起伏に満ちた格闘家、レスラー人生を送りました。本記事でデビューから引退までを振り返ってみましょう。
ウラ・ヤマト | 10,940 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト