TMNの小室哲哉とXのYOSHIKIが組んだ夢のタッグ「V2」!それは90年代小室ブームの先駆けとなりました。
2016年5月30日 更新

TMNの小室哲哉とXのYOSHIKIが組んだ夢のタッグ「V2」!それは90年代小室ブームの先駆けとなりました。

1991年、当時TMNの小室哲哉とXのYOSHIKIによって結成されたスーパーグループ「V2」。たった1曲「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」をリリースしただけだったものの、レーベルの垣根を越えたビッグタッグに当時は大いに沸きました。「ボーカルは??」なんてちょっとした不安も胸に抱きながら「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」を聴いたものです。

21,651 view

「V2」(小室哲哉&YOSHIKI)

当時は衝撃的だった二人の合体!

当時、大いに話題となったTMN・小室哲哉とX・YOSHIKIの合体。
ボーカルどっちがやるの?なんて話題でも大いに盛り上がっていました。
「V2」(小室哲哉&YOSHIKI)

「V2」(小室哲哉&YOSHIKI)

市川哲史による小室哲哉へのインタビューによると、話を持ちかけたのは小室。当時セールス面で小室のバンド、TMNは全盛期の勢いを失いつつあったのに対し、YOSHIKIのバンド、X(後にX JAPAN)は昇り調子だったため、その勢いに乗ろうという目論みが小室側にはあり、シングル1枚リリースするという前提で2人が合意。

当時、Xはソニーレコード、TMNはEPICソニーと、別々のレコードレーベル所属で、YOSHIKIと小室がそれぞれ自らのレーベルの社長へ直談判し、日本の音楽シーン史上おそらく初めてのレーベルの垣根を越えた音楽ユニット結成を実現させた(ただし当時は両レーベルともソニー・ミュージックエンタテインメント内の一部門であり、法人格としては同じ会社に所属していたため、ユニット結成への障害は比較的少なかった)。

THE ALFEEの高見沢俊彦も参加する予定があったが、高見沢が当時所属していたレコード会社はポニーキャニオンであったため、実現しなかった。

ユニット名は第二次世界大戦中にドイツが開発したV2ロケットから取られている。

「V2」ボーカルは小室哲哉でした!!

ジャンルはハードロック、プログレッシブ・ロック。
小室哲哉がボーカル・シンセサイザー・ピアノ、YOSHIKIがドラムス・ピアノ担当でした。

「V2」としてはシングル1枚、ライブビデオ1本という活動実績でした

唯一のシングル「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」

そもそもシングル1枚リリースするという前提で2人は合意...

そもそもシングル1枚リリースするという前提で2人は合意していました

【シングル】

「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」(1992年1月18日発売 ESDB-3266) 8cmCD

唯一リリースされたシングルで、オリコンチャート初登場2位を記録し、47.7万枚を売り上げる。ジャケットにはV2ロケットが描かれている。

背徳の瞳〜Eyes of Venus〜
Virginity

【ライブビデオ】

『SPECIAL LIVE 1991.12.5 VIRGINITY』(1992年3月 ESVU-355) VHSビデオ
当時としては破格の42.6万本を売り上げる。収録曲は以下の通り。

OVERTURE
背徳の瞳〜Eyes of Venus〜 (Piano Duo)
Es Durのピアノ線
SPACE WORLD
YOSHIKI Drums Solo
永遠と名づけてデイドリーム
背徳の瞳〜Eyes of Venus〜
Virginity

【V2 SPECIAL LIVE "VIRGINITY"】1991年12月5日、東京ベイNKホールにて1度きりのライブを行う

YOSHIKI &小室哲哉  『背徳の瞳』 ライブ V2 - YouTube

YOSHIKI と小室哲哉のユニットV2による曲です。 1991/12/24
1991年12月5日、東京ベイNKホールにて1度きりのライブを行った。

元々は、小室がモーツァルト没後200年を記念して自身のソロライブとしてフジテレビ事業部主催で企画していたものを、小室自身による交渉によりV2としてのライブに変更した。

市川哲史による調査によると、2時間に渡るライブで披露されたのは、シングルに収録された上記2曲と、ピアノ連弾バージョンの「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」、YOSHIKIのドラムと小室のシンセによる即興曲「Space World」、YOSHIKIによるドラムソロとピアノソロ3曲(「ENDLESS RAIN」・「Es Durのピアノ線」・「レクイエム」)、小室によるソロ・アルバム『マドモアゼル・モーツァルト』収録の6曲。

ステージ右側に小室のシンセを載せたリフト、左側にYOSHIKIのドラムセットを載せたリフトが配置され、ステージ奥には生オーケストラ。YOSHIKIのドラムソロでは、スタッフがリフトを上げたまま長い時間降ろさなかったため、Xのコンサートで披露されるものより長いドラムソロとなった。ライブの様子はビデオ『SPECIAL LIVE 1991.12.5 VIRGINITY』に収録されている。
このライブ、観に行った人は貴重な体験となったことでしょうね^^

90年代「小室ブーム」のきっかけとなった小室哲哉の「V2」プロデュース

「V2」の活動でプロデュース業に目覚めた小室哲哉

小室哲哉はV2プロジェクト実現のための舞台裏作業を一手...

小室哲哉はV2プロジェクト実現のための舞台裏作業を一手に引き受けました

小室哲哉は、このV2プロジェクト実現のための舞台裏作業を一手に引き受けたが、そのことが彼にプロデュース業の面白さを教えることとなり、後の小室ブームを生み出すきっかけとなった。

小室とYOSHIKIの関係はその後も続き、2002年にはYOSHIKIが小室のユニットであるglobeに加入した(2005年よりYOSHIKIを加えた活動時はglobe extremeを名乗る)。

V2としての活動はその後一切行われていないが、2007年12月16日に小室哲哉が自身のMyspaceのブログで「possibilityとしては0%か100%だけどYOSHIKIと先日TELでV2を必ずやろうと盛り上がりました」と書いている。

「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」は小室哲哉が2011年にリリースしたコンピレーション・アルバム『TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS』にリマスターされた音源が収録されているほか、小室哲哉の2012年のリミックス・アルバム『Digitalian is remixing』にピアノ・ソロ・バージョンが収録されている。

2015年2月25日放送の「スカパー! 音楽祭」(BSスカパー)では、小室哲哉のソロで「背徳の瞳~Eyes of Venus~」を披露した。ピアノは武部聡志が担当。小室はショルダーキーボードの演奏に加え、久々となるボーカルも披露した。

2015年10月28日、小室哲哉が自身のInstagramで「小室哲哉&YOSHIKI」のV2ショットを公開

小室哲哉のInstagramより「V2」ショット!

小室哲哉のInstagramより「V2」ショット!

ミュージシャンの小室哲哉が28日、X JAPAN のYOSHIKIとのツーショットを自身のInstagramで公開。伝説の音楽ユニット・V2の二人が再会したとあって、ファンからは「永久保存です V2」「V2、再会記念。2015!」と感激の声が寄せられている。

この日、「蔵出しだね。」というコメントと共に同写真を投稿した小室。YOSHIKIが9月23日に「#Mステ で久しぶりに再会!!」と自身のTwitterで報告したときに掲載したツーショットと同じ衣装であることから、小室の写真もその際に撮影されたものと思われる。

引用:msnニュース

小室ブーム最盛期、小室哲哉がMCを務めた「TK MUSIC CLAMP」

90年代の音楽シーンを席巻したTKの四つ打ちサウンド

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 10,759 view
もう一度見てみたい!スペシャルコラボユニットの8センチシングル10選

もう一度見てみたい!スペシャルコラボユニットの8センチシングル10選

桑田佳祐&Mr.Children 、中山美穂&WANDS、小沢健二&スチャダラパー他、スペシャルコラボで発売された8センチシングル10曲をジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
篠原涼子の「恋しさとせつなさと心強さと」に込められた【小室哲哉】の思いとは?!

篠原涼子の「恋しさとせつなさと心強さと」に込められた【小室哲哉】の思いとは?!

【小室哲哉プロデュース】94年に発売された篠原涼子の4枚目のシングル【愛しさとせつなさと心強さと】は、女性ソロ歌手の中で初めてシングル売り上げが200万枚を突破した曲だった。
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』公開同日にボーナストラック付サウンドトラックがリリース!

X JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』公開同日にボーナストラック付サウンドトラックがリリース!

3月3日(金)に公開されるX JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』。その映画公開と同日にオリジナル・サウンドトラックがリリースされることが分かった。海外盤と日本盤の2種類での発売。日本盤はCD2枚組となり、ボーナス・トラックも収録される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト