2016年7月8日 更新

「ウイングマン」が面白いし、エロいし、格好いい!少年ジャンプの傑作の紹介!

1983年から週刊少年ジャンプで連載された桂正和さんの長編デビュー漫画。それがウイングマンです。テレビアニメ化、ゲームとマルチメディア戦略の先駆けの作品ではないでしょうか? それもやっぱり原作の魅力が合ったからこそだと思います。そんなウィングマンの魅力を伝えていきましょう。大好きな作品です!!

58,794 view

ウイングマンとは?

今見てもカッコいい!

今見てもカッコいい!

桂正和さんによる日本のSF漫画。桂さんの連載デビュー作だったんですね。
1983年5・6合併号から1985年39号まで連載されてました。
意外と短かったんですね。もっと長期連載だったイメージです。
個人的にはもの凄く好きな作品で、正直ノートにウイングマンとかよく書いてました。
変身ヒーローってことで、男心をくすぐるストーリーですし、絵も綺麗で本当に大好きでしたね。桂さんの初期の作品は特撮ヒーローの影響をかなり受けていて、ウイングマンもその影響はありますよね。担当の鳥島和彦さんの意向によりラブコメの要素を取り入れて、
ヒットした気がします。ヒロインが可愛らしかったですからね・・。

ストーリー紹介!

これはアニメですね。

これはアニメですね。

変身ヒーローに憧れる中学生・広野健太は学校からの帰宅途中、頭上に突如現れた異空間から落ちてきた、謎の美少女とノートを連れ帰ってしまう。そしてそのノートに自分のヒーロー「ウイングマン」を書き込んでしまう。しかしそのノートこそ、書き写された事を現実にすることの出来る「ドリムノート」だった。本物の変身ヒーローになる能力を身につけてしまった健太は、ドリムノートと供に現れた異次元世界ボトリムスから来たというこの美少女・あおいと供に、三次元人の奴隷化とドリムノートの強奪を企むボドリムスの独裁者・リメルの差し向けた怪人。シードマンやゾウジンゲン達と戦っていく・・・。

登場人物

広野健太(ひろのけんた)

主人公です。

主人公です。

今みると、髪型がちょっとね・・・。時代だと思うけど・・・・。
主人公です。「チェイング」のかけ声でウイングマンに変身します。
最初の頃は変身はするものの、身体が付いていかず、ヒーローとして活躍できませんでしたが、筋トレや新体操部に入部して動きをマスターすることにより、ヒーローとして活躍出来るようになりました。健太とあおい、そして美紅の三角関係にはどきどきしました。子どもながらに
とても楽しんで見ていましたね・・・。ヒーローらしくなっていく健太そこがウイングマンの見所だと思います。

アオイ/夢 あおい

アオイの初登場シーンです。

アオイの初登場シーンです。

異次元世界ポドリムスからやってきた少女。ドリムノートをつくった科学者ラークの娘。
当初、健太とおなじ仲額中学校に編入しますが、彼らより設定年齢が上のため(16歳)仲額高校に編入します。姿は三次元(地球のことです)人に変身姿です。
ディメンションパワーを使い、健太と供に戦います。普段は気が強く、口うるさい感情的な女の子として描かれていますが、物語の後半では「年上のお姉さん」的な成長を見せていますね。ナァス(元恋人)と健太との戦いに板挟みになったアオイは苦悩するというのも描かれていました。

小川 美紅(おがわ みく)

ヒロインですよね。

ヒロインですよね。

広野健太のガールフレンド。新体操部所属。後に結成されるウイングガールズのメンバー。
性格はぶりっ子で、至って内気、思ったことははっきり言えない性格ですね。
大胆な一面もあり、物語中盤からは芯の強い女性へと成長していきます。

ウイングガール 

4人でウイングガールズです。

4人でウイングガールズです。

画像の4人でウイングガールズです。
ウイングマンと供に戦う仲間ですよね。
小川美紅と夢アオイは紹介しましたが、他に2人います。
布沢 久美子(ふざわくみこ)新聞部所属。特ダネを求めて健太を追いかけている打ちに本当にヒーローに変身出来ることを知ります。それをネタに自らも変身出来るようにしてもらい、ウイングガールズ結成を提唱した。性格は自己中で周りを巻き込む迷惑なタイプです。
ちゃっかりもので、思い込みが強い。物語の後半では一途に思い続ける女の子らしさもみえます。
森本桃子(もりもとももこ)
ヒーローが大好きな女の子。初期は寡黙でしたが、物語が進行する上で、朗らかな性格になります。実は健太とは小学校時代の事件をきっかけに一途に思っているという健気な女の子です。そばかずが特徴。
女の子が多数登場する「ウイングマン」。この中に自分の理想とする女性がいるんじゃないでしょうか?子供心にそう思ってました.ちなみに私はアオイが好きでしたね・・あなたは誰でした?

ウイングマンの敵!

リメル

敵のボスですね。

敵のボスですね。

ボドリムスを支配する悪の帝王。本来は普通のボドリムス人であるが、支配下に置いたボドリムス人からディメンションパワーを奪い、強大な力を持っています。
三次元人の奴隷化とドリムノートを狙っている。ボドリムスの決戦ではウイングマンのヒートショックに倒されたかに思われたが、死んだと思わせておいてドクターラークに化けさらには健太にとりつき、彼を操ってアオイを殺そうとする。だが、健太の正義の心の前に敗れ、本当の最後を迎える。

キータクラー(北倉俊一)

キータクラー

キータクラー

人間の姿をしたキータクラー(北倉俊一)

人間の姿をしたキータクラー(北倉俊一)

出典 ifs.nog.cc
リメルの片腕、健太が初めて対決した敵。
健太に近づくため三次元人に変身し、北倉俊一の名前で学校の教師として赴任。
悪の組織の幹部キャラクターですね。その一方で自らがボドリムスの支配者になる野心をもっていて、リメルが倒されたあと、ライエルの元に身を寄せ、ヒーローものによく見られる孤高のキャラクターとなります。最後には、健太に勝機をつくるためライエルに組み付いて動きを封じ、ヒートショックでライエルとともに散っていきました。人気のキャラですね。
主人公を食う脇役だったと思います。

帝王ライエル

やられたシーンです。

やられたシーンです。

リメル亡き後、地球を侵略してくる。気に入った惑星を封じ込めた惑星宝石収集が趣味。悪趣味だなあ・・。地球の美しさの邪魔となる地球人を一掃するために手下を送り込んできます。
アオイの命を奪った張本人ですが、キータクラーによって動きを封じ込められ、ウイングマンのヒートショックによって敗れます。

ここからはウイングマンの紹介です!!

カッコいいですよね。ウイングマン!

カッコいいですよね。ウイングマン!

広野健太が夢に見ていたヒーロー、それがウイングマンです。
三次元世界では10分間の変身タイムリミットが有る(ボドリムスでは変身時間は無制限)
ドリムノートにより、実際に出来たヒーローなので、ドリムノートにより色々パワーアップされています。例えば、初期は健太以外の人が「チェイング」と言っても変身出来ましたが、後に反省して健太のみが変身出来るようにしたりとか。

大事な大事なドリムノート!

ドリムノート!これがなければウイングマンは生まれてません!

ドリムノート!これがなければウイングマンは生まれてません!

ドリムノート、まあドリームノートが元なんでしょうね。夢のノートです。
確かに夢のノートですよね。書いたことが現実に出来るようになるんですからね・・・。
現実にあったら凄く嬉しいものです。
夢がありますよね・・。
健太もこれに必殺技やら色々書き込んでいくわけですが、夢が叶うって素晴らしいです。

ウイングマンのアイテム&必殺技紹介!

ウイナアです。

ウイナアです。

万能エアバイク、車輪はないですけどね。
ウイナアと呼べばすぐに出現します。
「ウイナア、ウイナルド、シルエット」と呼べば、人型戦闘形態ウイナルドの状態で出現します。
67 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】「キャプテン翼」でサッカーを始めたみんな集まれ!キャプ翼クイズ!!

【クイズ】「キャプテン翼」でサッカーを始めたみんな集まれ!キャプ翼クイズ!!

日本のサッカー人気を一変させるほどのインパクトをもたらしたサッカー漫画「キャプテン翼」。これを読んでサッカーを始めたというサッカー少年は世界中にいることでしょう。そんな「キャプテン翼」からのクイズ10問!キャプ翼ファンなら簡単かもしれませんけど…。ワールドジュニアユース編までからの出題とさせていただきます。
Dr.マシリトからキングボンビーまで!様々なキャラクターのモデルとなった「伝説の編集者」鳥嶋和彦氏。

Dr.マシリトからキングボンビーまで!様々なキャラクターのモデルとなった「伝説の編集者」鳥嶋和彦氏。

「伝説の編集者」として名高い鳥嶋和彦氏をご存知でしょうか。ジャンプ黄金期の80年代、あの鳥山明や桂正和と共に大ヒット作品を世に送り出し、「ジャンプ放送局」や「ファミコン神拳110番」などの人気企画を編集、ドラゴンクエストの誕生にも大きな役割を担いました。そしてDr.マシリトはじめ多くのマンガに個性的なキャラクターとして登場しています。
青春の握り拳 | 30,006 view
ゲーム「キャプテン翼」はサッカーゲームの常識を変えた!ファミコン・スーパーファミコンで大人気でした!!

ゲーム「キャプテン翼」はサッカーゲームの常識を変えた!ファミコン・スーパーファミコンで大人気でした!!

ゲーム版「キャプテン翼」は原作にないオリジナルのストーリーやキャラクターがたくさんいてとても楽しかったゲーム作品。そしてサッカーゲームの常識を変えた歴史に残る名作でした。非常に多くのゲーム機で発表されましたが、とくに人気のあったファミコン・スーパーファミコン版をまとめてみました。
青春の握り拳 | 68,838 view
マンガ家・桂正和が『とと姉ちゃん』出演!三姉妹の描きおろしイラストも公開!

マンガ家・桂正和が『とと姉ちゃん』出演!三姉妹の描きおろしイラストも公開!

『ウイングマン』『電影少女』などで知られるマンガ家の桂正和が、14日に放送されたNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演。『とと姉ちゃん』公式サイトでは、桂正和が常子(高畑充希)、鞠子(相楽樹)、美子(杉咲花)の三姉妹を描いたイラストも公開された。
FOCUS | 2,207 view
【ドラゴンボール】戦闘力って最終的にどれくらいまでいったの!?インフレがとまらないドラゴンボールの戦闘力について。

【ドラゴンボール】戦闘力って最終的にどれくらいまでいったの!?インフレがとまらないドラゴンボールの戦闘力について。

大人気だったドラゴンボール。ピッコロ編、べジータ編、フリーザ編、セル編とみんなジャンプを楽しみにしてましたよね?ところで物語の途中から強さを表す指標として登場した戦闘力。最初は100くらいの数値だったのが、強い敵が現れるにつれてどんどんインフレが進み最終的には一体いくつになったんだ!?なんて思いませんでしたか。戦闘力を測るスカウターも途中から壊れるのが当たり前でしたね。そんなインフレ続きだった戦闘力をちょっと追いかけてみたいと思います。
青春の握り拳 | 365,741 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト