”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?
2020年11月26日 更新

”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

1980年10月5日 日本武道館で「幸せになります。」とマイクを置き引退した"山口百恵"さん、1970年代を鮮やかに彩り駆けぬけていった昭和の歌姫の引退にアイドル界はざわめきたちました。 空いた"百恵"ちゃんの座を狙い次々と新人アイドルがデビュー、80年代はアイドル黄金期となります。 そんな中で、「雰囲気が似ている」「百恵ちゃんを意識している」など、"ポスト百恵"と期待されたアイドル達のその後を追ってみました。

25,093 view

伝説のアイドル”山口百恵”

Amazon.co.jp: 伝説から神話へ BUDOKAN・・・AT LAST 1980.10.5.(リニューアル版)(Blu-ray Disc): 山口百恵: DVD (2239712)

本名:三浦 百惠(旧姓:山口)

別名義:横須賀 恵(作詞時のペンネーム)

生年月日:1959年1月17日

出生地: 東京都渋谷区恵比寿

出身地: 神奈川県横須賀市

身長:161cm

血液型:A型

活動期間:1973年 - 1980年

配偶者:三浦友和(1980年 - )
1972年12月 オーディション番組「スター誕生!」で準優勝し芸能界へ

1973年4月 映画「としごろ」で女優としてデビュー 5月21日 同名の曲で歌手としてもデビュー
同じく「スター誕生!」出身の"森昌子"さん"桜田淳子"さんと共に「花の中三トリオ」と呼ばれ人気を得る。

デビュー時のキャッチコピーは「大きなソニー、大きな新人」チョッと笑えますが、2枚目のシングルから「青い性路線」と呼ばれる大胆な歌詞の曲を歌い、まだ幼い容姿とのギャップで"山口百恵"という独特の存在を確立しました。

1979年10月20日 大阪厚生年金会館のリサイタルで「私が好きな人は、三浦友和さんです」と恋人宣言
1980年10月5日 日本武道館での「ファイナルコンサート」では、「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」とメッセージを残し、ラストの曲「さよならの向こう側」を涙を流しながら歌唱すると、ステージ中央にマイクを置き芸能界に別れを告げました。

この時の百恵ちゃんの年齢は21歳!

デビューから7年半ほどの活動で、シングルは31作の累計で1630万枚、LPは45作の累計で434万枚
1970年代に最もレコードを売り上げた歌手でした。

ファイナルコンサートの翌日 10月6日の「夜のヒットスタジオ」では引退特集番組が放送され、歌手仲間からの祝福の中「「さよならの向こう側」を熱唱

夜のヒットスタジオ さよならの向う側 山口百恵

”ポスト百恵” 三原順子(三原じゅん子) 

Amazon.co.jp: 三原順子 パーフェクト・ベスト: 音楽 (2239716)

本名:中根 順子(旧姓三原)

生年月日:1964年9月13日

出生地:東京都板橋区

前職:女優・歌手(1972年 - 2010年)

所属事務所:東京宝映テレビ

現職:参議院議員(2010年-)

所属政党:自由民主党
"三原順子"さんは、小学生の時に「東京宝映テレビ・劇団フジ」に入団し子役として活動を開始されています。

1979年に放送されたドラマ「燃えろアタック」へ出演し本格的にデビューすると、同じ年に放送されたドラマ「3年B組金八先生」で演じたツッパリ少女「山田麗子」役が当たりブレイク
1980年には、「セクシー・ナイト」で歌手としてもデビューされています。

ハスキーな声と大人びた雰囲気から「ポスト百恵のエース」と注目を集め、80年代前半の「ツッパリ路線」を一手に担っていました。

セクシー・ナイト/三原順子

20歳の誕生日に本名の「三原順子」から「三原じゅん子」へ改名し又、「JUNKO」というアーティスト名義でハードロックバンドのライブ活動をされていた時期もあります。

1987年から1999年にかけては、女優として活動する傍ら国際B級ライセンスを取得してカーレーサーとしても活動。

2008年「子宮頸癌」を発症し子宮を摘出した経験から医療や介護問題への関心が深まり、2010年からは自ら介護施設の経営に乗り出されていました。

2010年「第22回参議院議員通常選挙」に自民党 から出馬し当選。芸能界を引退されました。

"三原じゅん子"さんはなぜ政治家へ転身されたのか?
2019年2月に放送されたTV番組「直撃!シンソウ坂上」で次のように放送されていました。
「物心ついた頃には頻繁に家に借金取りが来ていた」という家庭事情、出世作となった『金八先生』を撮影していた頃に学校のクラスメートたちから受けた過酷ないじめ、10代後半でパニック障害と摂食障害を併発した衝撃の過去などが次々に語られていく。

 坂上は、政治家への転身を図った本当の理由についても直球で質問。三原氏は、過去に患った子宮頸(けい)ガンとの闘病経験が大きく影響しているといい「周りを見渡したら自分より大変な方がたくさんいて、苦しんでいる方々のために国は何をしているんだろうと思い、政治家を目指した」

三原じゅん子の現在  2020年9月 厚生労働副大臣に就任

【ノーカット】厚生労働省三原じゅん子副大臣・山本博司副大臣 初会見(2020年9月23日)

プライベートでは、歌手としてデビュー直後に俳優の"宮脇康之"(現・宮脇健)さんとの交際宣言をされたり、
1990年 レーシングドライバーの"松永雅博"氏と結婚(1999年離婚)
1999年 お笑い芸人の「コアラ」と再婚(2007年離婚)

現在は、2016年に元秘書の"中根雄也"氏と24歳差の結婚をされています。

”ポスト百恵” 浜田朱里

Amazon.co.jp: さよなら好き (MEG-CD): 音楽 (2239718)

浜田 朱里(はまだ じゅり)

生年月日:1962年11月1日

出身地:東京都

デビュー:1980年6月21日

所属事務所:プロダクション尾木

90年代中頃に芸能界引退

"浜田朱里"さんは、1980年「さよなら好き」で歌手デビュー

その年に引退が決まっていた"山口百恵"さんの持つ雰囲気に似ていた為、周囲は「ポスト百恵」を狙っていたと言われています。

「さよなら好き」のジャケットをみると、ホントに!狙ってますね。

そして浜田さんは、レコードリリースに先駆けて百恵ちゃんがほぼ主役を務めてきたドラマ 「赤いシリーズ」の9作目「赤い魂」(80年4~9月)に主役で出演されています。

何故に二人はここに 浜田朱里

"ポスト百恵"争奪戦に大きく名乗りをあげた"浜田朱里"さんですが、当時は"松田聖子"さんを筆頭にアイドル全盛期で又、アイドル像が少しずつ変わっていた時期でもあった為か、歌手としては一般的に認知されるようなヒットが出せませんでした。

その後、グラビアやバラエティに活動の場を移し、一時休業後 女優として活躍されていました。
1990年にはヌード写真集「ハーフ・ムーン」を発売し周囲を驚かせました。

浜田朱里の現在 結婚後 1995年に出産のため引退

Amazon.co.jp: GOLDEN☆BEST limited 浜田朱里 Single Collection: 浜田 朱里: Digital Music (2239871)

47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

昭和の歌姫・山口百恵のライブ商品2タイトルがリニューアル・リファインされて再登場!

昭和の歌姫・山口百恵のライブ商品2タイトルがリニューアル・リファインされて再登場!

山口百恵の凄さを感じられるライブ商品2タイトルが12月12日に発売された。「伝説から神話へ (リニューアル版)」&「MOMOE LIVE PREMIUM(リファイン版)」はオススメ。
山口百恵の引退作・映画「古都」が松雪泰子主演で甦る!

山口百恵の引退作・映画「古都」が松雪泰子主演で甦る!

1980年公開の市川崑監督「古都」。山口百恵の引退作であり、一人二役に挑戦した映画であった。松雪泰子の「古都」では設定が現代版にアレンジされているとの事。本稿では山口百恵版のあらすじや画像をご紹介する。
映画「阿寒の果つ」主人公が山口百恵オファーから五十嵐淳子になった理由とは?

映画「阿寒の果つ」主人公が山口百恵オファーから五十嵐淳子になった理由とは?

映画「阿寒の果つ」の原作は、渡辺淳一の小説で、実在した人物をモデルに描かれた作品です。この映画「阿寒の果つ」の主演は、五十嵐淳子さん(当時、五十嵐じゅん)が、女優として注目された作品にもなりましたが、実はもともと映画の主演は、山口百恵でオファーをしていたというのをご存じでしょうか。 映画公開の1975年は、山口百恵さんは高校生でした。ここでは、主人公の時任純子を演じるのが、山口百恵さん企画から五十嵐淳子さんになった理由を探っていきます。
あおい@ | 688 view
血のつながらない兄妹と彼女の三角関係!?「みゆき」を振り返ろう!

血のつながらない兄妹と彼女の三角関係!?「みゆき」を振り返ろう!

あだち充さん原作でアニメ化、実写化もされた「みゆき」。ここでは原作漫画について振り返ってみましょう。
saiko | 555 view
70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代のテレビドラマに、忘れようにも忘れられないシリーズがあります。通称「赤いシリーズ」。山口百恵を主演させ、山口百恵と三浦友和を共演させ、山口百恵と三浦友和を結婚させた、あのドラマシリーズですよ。
obladioblada | 1,808 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト