ヒットメーカーから殺人犯への転落…歌手「克美しげる」の数奇な人生とは?
2019年10月2日 更新

ヒットメーカーから殺人犯への転落…歌手「克美しげる」の数奇な人生とは?

皆さんは「克美しげる」という歌手をご存知でしょうか?50年代から60年代にかけて、数々のヒット曲を世に送り出した歌手なのですが、1976年に「殺人事件」を起こし逮捕、事件によりそれまでの芸能活動による功績が封印されることとなった人物です。

83,110 view

昭和中期のヒットメーカー「克美しげる」をご存知ですか?

皆さんは「克美しげる」という歌手をご存知でしょうか?50年代から60年代にかけて、数々のヒット曲を世に送り出した歌手なのですが、1976年に「殺人事件」を起こし逮捕、事件によりそれまでの芸能活動による功績が封印されることとなった人物です。この記事では、ヒットメーカーから殺人犯へと転落し、数奇な人生を歩むこととなった克美しげるを特集したいと思います。
 (2097355)

50年代より音楽活動を始める。

克美しげるは1937年12月25日、宮崎県宮崎市に生まれました。高校在学中の50年代半ばより音楽活動を行い、その後「黒い花びら」で有名な歌手・水原弘と大阪で出会い、それをきっかけとして芸能界入りすることとなります。
 (2097362)

克美と親交のあった水原弘。

1962年、デビューシングルがいきなり大ヒット!

水原と出会った後もバンドボーイとして着々と力を付けていった克美。1960年にはNHK(大阪)が主催したオーディションに合格し、「克美しげる」を名乗り始めます。そして1962年に東芝からレコードデビュー。このレコードはジョン・レイトン「霧の中のジョニー」に日本語の歌詞を付けたカバーであり、いきなり40万枚のヒットとなりました。
 (2097143)

1963年、「エイトマン」の主題歌を歌う。

1962年から1963年にかけて10枚を超えるシングルを発表するなど、当時のロカビリー・ブームを追い風にヒットを連発した克美しげる。1963年にはテレビアニメ「エイトマン」の主題歌を担当し、克美の名は当時の子供たちの間でも知られるようになりました。
 (2097129)

歌謡曲路線に転向し、紅白出場も果たす!!

克美の快進撃はさらに続きます。1964年には歌謡曲路線のシングル「さすらい」を発表、60万枚を売り上げる大ヒットを記録し、このヒットで1965年と1966年の「NHK紅白歌合戦」に出場。当時の紅白の権威は物凄いものがありましたから、克美の歌手としての人気は当時を知らない方でも想像できるのではないでしょうか。
 (2097128)

順風満帆の歌手人生、しかし…

60年代中盤のトップスターのひとりとして君臨した克美しげるですが、2年連続の紅白出場後は人気が下降、レコードを発表するペースも徐々に落ちていきました。そんな中、起死回生を図ろうとした克美しげるは、音楽関係者に接待を行い借金1000万円を作ってしまいます。それが転落への始まりでした。
 (2097395)

低迷期の1972年に発表したレコード「変身」。

ホステスに貢がせて借金を返済!

借金の返済に困った克美ですが、当時交際していた銀座のホステス(なお、克美は当時妻帯者でした)に金を貢がせる形で返済。この借金返済が上手くいったことで、克美はその後も借金をしてはこのホステスに貢がせて返済する、という生活を続けることとなります。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

歌手・橋幸夫(79)が5月3日の80歳の誕生日に引退。63年間の歌手人生にピリオド

歌手・橋幸夫(79)が5月3日の80歳の誕生日に引退。63年間の歌手人生にピリオド

歌手の橋幸夫(79)が、5月3日の80歳の誕生日を機に引退することを発表し、1日に東京・浅草公会堂にてラストコンサートを開催しました。
隣人速報 | 228 view
「人形の家」「砂に消えた涙」「ヴァケーション」などのヒットで有名な弘田三枝子の7枚組メモリアルBOXが発売!!

「人形の家」「砂に消えた涙」「ヴァケーション」などのヒットで有名な弘田三枝子の7枚組メモリアルBOXが発売!!

コロムビア・マーケティングより、歌手・弘田三枝子の軌跡をまとめたメモリアルBOX『弘田三枝子・プレミアム』が発売されます。
隣人速報 | 389 view
【訃報】昭和を象徴する歌手・弘田三枝子さん死去。「人形の家」「すてきな16才」「渚のうわさ」など

【訃報】昭和を象徴する歌手・弘田三枝子さん死去。「人形の家」「すてきな16才」「渚のうわさ」など

昭和を代表する歌手の一人・弘田三枝子さんが、7月21日に心不全のため千葉県内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。73歳でした。
隣人速報 | 1,267 view
長崎は今日も雨だった、中の島ブルース、東京砂漠…内山田洋とクール・ファイブのシングル77曲が初の配信スタート!!

長崎は今日も雨だった、中の島ブルース、東京砂漠…内山田洋とクール・ファイブのシングル77曲が初の配信スタート!!

内山田洋とクール・ファイブが1969年から1980年にかけて発表したシングル77曲が『シングル・コレクション1969-1974』『シングル・コレクション1974-1980』として現在配信中となっています。
隣人速報 | 166 view
【訃報】ロス・インディオスの棚橋静雄さん死去。1979年の大ヒット「別れても好きな人」を振り返る

【訃報】ロス・インディオスの棚橋静雄さん死去。1979年の大ヒット「別れても好きな人」を振り返る

音楽グループ「ロス・インディオス」のリーダーでボーカルの棚橋静雄(たなはし しずお)が19日、多臓器不全のため埼玉県戸田市の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。85歳でした。
隣人速報 | 247 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト