ヒットメーカーから殺人犯への転落…歌手「克美しげる」の数奇な人生とは?
2019年10月2日 更新

ヒットメーカーから殺人犯への転落…歌手「克美しげる」の数奇な人生とは?

皆さんは「克美しげる」という歌手をご存知でしょうか?50年代から60年代にかけて、数々のヒット曲を世に送り出した歌手なのですが、1976年に「殺人事件」を起こし逮捕、事件によりそれまでの芸能活動による功績が封印されることとなった人物です。

83,151 view
 (2097404)

※画像はイメージです。

1975年、克美に転機が訪れる。

そんな克美しげるに転機が訪れたのは1975年。所属レコード会社の東芝が、克美のカムバック企画を実施し、“克美茂”と改名した上でシングル「傷」で再デビューすることが出来たのです。
 (2097439)

しかしここで問題が起こる。

無事に再デビューを果たした克美ですが、この時の克美は前述の通り妻帯者であり、一方で銀座のホステスと不倫している状態でした。さらにこの時期、克美が妻帯者であることをホステスに知られてしまい(離婚したと嘘をついていた)、ホステスから「マスコミに不倫を話す」と責め立てられます。こういう状況の中で、スキャンダルを恐れた克美はホステスが邪魔になり、彼女の殺害計画を立てたのです。

1976年5月6日、ホステスを殺害。

1976年5月6日、克美しげるはホステスの首を絞めて殺害しました。そして自動車のトランクに遺体を隠し羽田空港の駐車場に駐車、その足で北海道へ飛び、新曲披露のためのイベントに出演するという常識では考えられない行動を取ったのです。

「傷」の次に発表したラストシングル「おもいやり」。

速やかに逮捕、そして実刑へ。

そして5月8日、車からホステスの遺体が発見。ほどなく克美は逮捕されました。不倫とは比較にならないほどのスキャンダルの中で、8月には東京地裁で懲役10年の実刑判決を受け、そのまま服役することとなったのです。
 (2097442)

※画像はイメージです。

出所後の克美の動向は?

実刑判決を受け服役した克美しげるですが、1983年には収監先の大阪刑務所を仮出所。その後、支援者の助けを得てカラオケ教室で指導を始めるなど更生に向けた生活を送っていたのですが、1989年には覚せい剤の所持で逮捕。懲役8ヵ月の実刑判決を受けました。その後、90年代は心臓病などの疾患に悩まされる日々を送ることとなります。
 (2097448)

※画像はイメージです。

2000年代に入り、テレビ出演を果たす!!

克美しげるが40年ぶりの熱唱!! アニメ「エイトマン」主題歌

二度にわたる服役、そして体調不良と厳しい人生を歩んだ克美ですが、2000年代に入ると体調は回復傾向となり、悲願のテレビ番組への出演も果たしました。そして、2007年には書籍「蘇る封印歌謡 いったい歌は誰のものなのか」で、かつてのヒット曲「さすらい」「おもいやり」「エイトマン」の新録を披露しました。
 (2097136)

こちらは「蘇る封印歌謡」の表紙。
事件から歳月が流れ、芸能界に徐々に復帰し始めた克美ですが、2013年2月27日に脳出血により死去しました。享年75。「ヒットメーカーから殺人犯」という、前例のない数奇な人生を歩んだ克美。果たして死の間際には、過去の自身の犯罪に対し贖罪の念を持っていたのでしょうか。それは本人にしかわからないことでしょうね。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

歌手・橋幸夫(79)が5月3日の80歳の誕生日に引退。63年間の歌手人生にピリオド

歌手・橋幸夫(79)が5月3日の80歳の誕生日に引退。63年間の歌手人生にピリオド

歌手の橋幸夫(79)が、5月3日の80歳の誕生日を機に引退することを発表し、1日に東京・浅草公会堂にてラストコンサートを開催しました。
隣人速報 | 228 view
「人形の家」「砂に消えた涙」「ヴァケーション」などのヒットで有名な弘田三枝子の7枚組メモリアルBOXが発売!!

「人形の家」「砂に消えた涙」「ヴァケーション」などのヒットで有名な弘田三枝子の7枚組メモリアルBOXが発売!!

コロムビア・マーケティングより、歌手・弘田三枝子の軌跡をまとめたメモリアルBOX『弘田三枝子・プレミアム』が発売されます。
隣人速報 | 390 view
【訃報】昭和を象徴する歌手・弘田三枝子さん死去。「人形の家」「すてきな16才」「渚のうわさ」など

【訃報】昭和を象徴する歌手・弘田三枝子さん死去。「人形の家」「すてきな16才」「渚のうわさ」など

昭和を代表する歌手の一人・弘田三枝子さんが、7月21日に心不全のため千葉県内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。73歳でした。
隣人速報 | 1,269 view
長崎は今日も雨だった、中の島ブルース、東京砂漠…内山田洋とクール・ファイブのシングル77曲が初の配信スタート!!

長崎は今日も雨だった、中の島ブルース、東京砂漠…内山田洋とクール・ファイブのシングル77曲が初の配信スタート!!

内山田洋とクール・ファイブが1969年から1980年にかけて発表したシングル77曲が『シングル・コレクション1969-1974』『シングル・コレクション1974-1980』として現在配信中となっています。
隣人速報 | 173 view
【訃報】ロス・インディオスの棚橋静雄さん死去。1979年の大ヒット「別れても好きな人」を振り返る

【訃報】ロス・インディオスの棚橋静雄さん死去。1979年の大ヒット「別れても好きな人」を振り返る

音楽グループ「ロス・インディオス」のリーダーでボーカルの棚橋静雄(たなはし しずお)が19日、多臓器不全のため埼玉県戸田市の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。85歳でした。
隣人速報 | 249 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト