サンタを信じる気持ちが人を幸せにする!!映画『34丁目の奇跡』
2017年1月31日 更新

サンタを信じる気持ちが人を幸せにする!!映画『34丁目の奇跡』

アメリカの1ドル札に印字された「イン・ゴッド・ウィー・トラスト(=我々は神を信じる)」目に見えないけれど確かに存在する神を信じること。そう、サンタクロースも存在するという事を信じる気持が大事かもしれませんよ。

2,810 view

映画『34丁目の奇跡』

『34丁目の奇跡』1994年公開のアメリカ映画。

『34丁目の奇跡』1994年公開のアメリカ映画。

1947年に上映された映画『三十四丁目の奇蹟』のアメリカ映画を、1994年にジョン・ヒューズ製作・脚本、 リチャード・アッテンボロー主演で映画『34丁目の奇跡』というタイトルでリメイクされた。

配給は、20世紀フォックス。
『34丁目の奇跡』はニューヨークを舞台に本物のサンタだと名乗る老人と、サンタを信じられないシングルマザーのドリスや娘のスーザンたちが繰り広げる物語。親子での鑑賞にも最適な、サンタクロースにまつわる感動のストーリー。
サンタクロース象というものがあるんです。クリスはそれを下記の動画で教えてくれます!!

34丁目の奇跡 (字幕版) - YouTube

夢を忘れた大人たちへ、そして 夢を知らない子供たちへ 小さな冬の奇跡をプレゼント
出典 youtu.be
映画『三丁目の奇跡』がリメイクした元の作品

映画『三丁目の奇跡』がリメイクした元の作品

リメイクした『34丁目の奇跡』は、登場人物を三人減らし、裁判が行われるきっかけをライバルデパートの陰謀に変更しました。

映画『三丁目の奇蹟』は、戦後まもない日本で公開されたが、「きらびやかなデパートの飾り付けやパレードはもちろん、女性の役割や家族観の違いも当時の日本人には驚きだったようだ」(「余録」毎日新聞2014年11月24日)。
映画『34丁目の奇蹟』とリメイク作品『34丁目の奇跡』の2つを比べて観てみると、楽しさも2倍になると思います。

キャスト

クリス・クリングル –演(リチャード・アッテンボロー

クリス・クリングル –演(リチャード・アッテンボロー

自分をサンタクロースと信じている。

子供扱いが上手く、教養に溢れている部分がある。

しかし事件を起こし・・・。
ドリー・ウォーカー – 演(エリザベス・パーキンス

ドリー・ウォーカー – 演(エリザベス・パーキンス

老舗デパートのコールズで働くシングルマザー。

スーザンの母親。

デパートのサンタクロース役にクリスを起用する。
ブライアン・ベッドフォード演( ディラン・マクダーモット

ブライアン・ベッドフォード演( ディラン・マクダーモット

ドリーの友だち以上恋人未満の弁護士。

クリスの弁護をする。
スーザン・ウォーカー –:演(マーラ・ウィルソン

スーザン・ウォーカー –:演(マーラ・ウィルソン

ドリーの娘でドリーからサンタは存在しないと教えられていたが、クリスが本物のサンタクロースか確かめるためにお願いを言う。
クリス役のリチャード・アッテンボローの白髭がいいですね。サンタ役に本当にぴったりです!!そしてスーザン役のマーラ・ウィルソンは、可愛らしいですね。

ストーリー(ネタバレ)

クリスは、スーザンの前に現れる。

クリスは、スーザンの前に現れる。

キャリア・ウーマンの独身ママと、サンタクロースを信じない6歳の少女の前に謎の老人が現れた。クリスと名乗るその老人は、自分は本物のサンタだと言う。有名デパート、コールズは彼を客寄せのサンタとして雇い入れ、彼は一躍人気者に。だが、ライバル店の陰謀によってクリスは逮捕されてしまう。彼は、気の触れた哀れな老人か、本物のサンタなのか。前代未聞の裁判が始まった。
クリスのために多くの人達が支持しました。

クリスのために多くの人達が支持しました。

検察側のエド・コリンズ検事はバカバカしい裁判となめてかかっていたが、ニューヨークで一番とも呼ばれる優秀な弁護士ブライアンの巧みな法廷戦術に翻弄される。また、コールズが全面的にクリスを支持することを表明していたこともあり、マスコミを含め、世論もクリス支持を訴える。しかし、結審を前にハーパー判事は「気持ちではクリスを支持したいが、法的にサンタの存在を認めることは出来ない」との苦しい本音を密かにブライアンに漏らす。
裁判で奇跡を起こした1ドル札

裁判で奇跡を起こした1ドル札

奇しくもクリスマス・イヴと重なった結審の日、ハーパー判事がサンタの存在を否定する判決文を読み上げようとすると、スーザンがおもむろに判事に近づきクリスマスプレゼントと称して何かを渡す。中には1ドル札が入っており、それに印字された「イン・ゴッド・ウィー・トラスト(=我々は神を信じる)」の文言が赤い丸で囲われている。これを見たハーパー判事は「アメリカという国は目に見えないけれど確かに存在する神を信じることを公式なモットーにしている」ことを引き合いに出し、クリスがサンタクロースであることを認めるとの判決を下す。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

コレコレ!ブーツに入ったお菓子がクリスマスプレゼントの定番だった!

コレコレ!ブーツに入ったお菓子がクリスマスプレゼントの定番だった!

クリスマスプレゼントで一度はもらったことあると思われる「お菓子が詰め合わされたブーツ」。子供時代の懐かしのプレゼントを特集します。また、サンタさんがなぜ靴下にプレゼントを入れ始めたのかや実在する「公認サンタクロース」など、雑学と一緒にお届けします!
ひで語録 | 2,012 view
【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」懐かしい刑事ドラマ対決、自動車対決、セクシー対決など投票してもらうコーナー!みんなの投票結果をまとめました。
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,880 view
『しあわせ家族計画』コンドームの話しじゃないからね!!

『しあわせ家族計画』コンドームの話しじゃないからね!!

あちらは『明るい家族計画』で紛らわしいけど『しあわせ家族計画』は1997年4月30日から2000年9月13日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のバラエティ番組の事です。
ギャング | 3,274 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト