【小橋建太インタビュー(後編)】元祖・絶対王者「幾多の苦難を乗り越えて」
2020年3月10日 更新

【小橋建太インタビュー(後編)】元祖・絶対王者「幾多の苦難を乗り越えて」

幾多の怪我、病気を乗り越えて多くのプロレスファンを魅了し続けた「鉄人プロレスラー」小橋建太。波乱万丈なレスラー人生を不屈の精神で歩み続けた小橋さん、その真っ直ぐな生き方に迫ります。

2,237 view
【小橋建太インタビュー(中編)】でご覧いただいた通り、どんな逆境でも自分を信じて全力ファイトを続けた小橋選手。ファンはその姿に勇気をもらい、そしてまた小橋選手を後押ししました。
そして新天地、プロレスリング・ノア。全日本プロレスのど真ん中に辿り着いた小橋選手が選んだ緑色のマットはどのような風景だったのか、絶対王者として君臨したプロレスリング・ノア時代について語っていただきます。

【小橋建太インタビュー(後編)】元祖・絶対王者「幾多の苦難を乗り越えて」をご覧ください。
小橋建太さん

小橋建太さん

1967年、京都府生まれ。
1987年、全日本プロレス入門。
1996年、三冠ヘビー級王座獲得。
2000年、プロレスリング・ノア移籍。
2003年、GHCヘビー級王座獲得。
2006年、腎臓がん発覚により長期欠場。
2007年、546日ぶりに日本武道館にて復帰。

2013年に引退後は個人事務所「Fortune KK」設立。フィットネスジム経営、講演/メディア出演など精力的に活動を続けている。
※記事の最後には、小橋さんからのプレゼント情報を掲載します。どうぞお楽しみに。

逆境に次ぐ逆境と戦い抜いた「絶対王者」

ミドルエッジ編集部(ミド編)
2000年6月、プロレス界に激震が走りました。全日本プロレスのエースであり、当時は社長を務めていた三沢選手以下、全日本プロレス所属の大多数の選手たちが退団、そしてプロレスリング・ノア旗揚げ。折しも三冠チャンピオンだった小橋選手は王座を返上し、三沢選手らと動きを共にすることとなりました。当時はどのような思いを抱いていたのでしょう?
「2000年6月の全日本プロレス退団時、僕は三冠チャンピオンでした。もちろん新団体も自分が牽引していかないとならない。そこでプロレスリング・ノアの旗揚げ戦は10月を予定していたため、これを機に長年のダメージが蓄積していた膝の手術に踏み切る予定で入院しました。ところがこの旗揚げ戦は急きょ8月に早まり、僕は抜本的な手術を行うことが出来ずリングでの練習も儘ならないままに旗揚げ戦に臨むこととなったんです。」
「旗揚げ戦は準(秋山選手)と組んで三沢・田上組を撃破。そして翌日、僕は準とのシングルマッチで敗北を喫することとなりました。新団体プロレスリング・ノアの旗揚げ戦を通して流れを掴んだのは三冠チャンピオンだった僕ではなく、旧四天王の3人から準が時代をもぎ取ったんです。」
 (2170653)

「たしかに膝は悪かった。でも準に負けて時代に置いて行かれた。そして思ったんです。準は全日本プロレス時代のイメージカラーである青を捨てて、真っ白のコスチュームで旗揚げ戦に臨んだ。僕は全日本プロレス時代のイメージカラーであるオレンジに模様を入れたもの、完全に全日本プロレスを引きずったままだったと。」

オレンジから黒へ、無念の長期欠場

ミド編)
プロレスリング・ノア旗揚げ時のオレンジのコスチュームから早々にイメージカラーを黒に変更したのはこれが原因だったんですね。
「はい、その年の10月にデザイナーの井浦新さんにお願いした新しいコスチュームデザインでイメージカラーをオレンジから黒に変更しました。そして12月、プロレスリング・ノア初のビッグマッチだった有明コロシアムで僕は準に勝つことが出来たのですが…。」
ミド編)
翌年の1月から、膝の手術とリハビリのために395日に及ぶ長期欠場を余儀なくされました。
「有明の翌日から膝が動かなくなったんです。結果、僕は2001年を棒に振って膝の治療に専念することになります。この年はプロレスリング・ノアの看板であるGHCヘビー級王座の初代チャンピオンを決めるトーナメントもありました。闘っているみんなの姿とそこにいない自分、病室から見える夕焼けは心に沁みましたよ。やっと掴めると思った時代をまた掴むことが出来なかったんですから。全日本プロレスの時と同じ、プロレスリング・ノアでの船出もまた逆風でした。」
ミド編)
そんなときでも小橋さんは会場に足を運んでファンと触れ合ったりテレビで試合解説を務めるなど精力的でした。
「絶対に自分を諦めない。チャンスは常に必ずあるのだけれどドン底のときはそれがみえていないだけなんです。もちろん落ち込むときは落ち込みますけれど、そんなときファンの後押しは本当に嬉しかったですね。」

待望の復帰戦、そして「絶対王者」へ

ミド編)
2002年2月、小橋さんは日本武道館で395日ぶりの復帰戦を行います。小橋さんにとって、そしてファンにとっても本当に待望の復帰戦でした。
58 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【小橋建太インタビュー(中編)】青春の握りこぶし「全力ファイト、自分を信じて」

【小橋建太インタビュー(中編)】青春の握りこぶし「全力ファイト、自分を信じて」

幾多の怪我、病気を乗り越えて多くのプロレスファンを魅了し続けた「鉄人プロレスラー」小橋建太。波乱万丈なレスラー人生を不屈の精神で歩み続けた小橋さん、その真っ直ぐな生き方に迫ります。
【小橋建太インタビュー(前編)】プロレスラーを夢見て「どんなときにも希望はある」

【小橋建太インタビュー(前編)】プロレスラーを夢見て「どんなときにも希望はある」

幾多の怪我、病気を乗り越えて多くのプロレスファンを魅了し続けた「鉄人プロレスラー」小橋建太。波乱万丈なレスラー人生を不屈の精神で歩み続けた小橋さん、その真っ直ぐな生き方に迫ります。
【田上明】「ダイナミックT」もう一人の四天王、三沢亡き後のプロレスリング・ノアを支える田上明。

【田上明】「ダイナミックT」もう一人の四天王、三沢亡き後のプロレスリング・ノアを支える田上明。

1990年代に全日本プロレスでジャンボ鶴田のパートナーとして超世代軍と数々の激闘を繰り広げ、後に川田利明と聖鬼軍を結成して全日本プロレス四天王に君臨した田上明。恵まれた体格を生かしたダイナミックな動きから「ダイナミックT」と称されました。三沢光晴がプロレスリング・ノアを設立した際はともに行動し、2009年三沢急逝の後は2代目社長として活躍しています。
青春の握り拳 | 12,162 view
【レスラー入場テーマ(全日本~NOAH編)】武道館で、東京ドームで、全力コールした青春の日々!

【レスラー入場テーマ(全日本~NOAH編)】武道館で、東京ドームで、全力コールした青春の日々!

レスラーにとっての伊達は入場時にあり。衆目を一身に浴びて戦いに臨む姿は、見る者のボルテージを一気に高めてくれました。声を枯らして叫びましたよね。
青春の握り拳 | 15,753 view
【秋山準】策士の役を買って出た秋山準、プロレスリング・ノアが一気にメジャー団体に駆け上がった影の立役者はこの人か。

【秋山準】策士の役を買って出た秋山準、プロレスリング・ノアが一気にメジャー団体に駆け上がった影の立役者はこの人か。

全日本五強⇒プロレスリング・ノアのエース⇒全日本プロレス社長へ。波乱万丈のマット界で常に自ら仕掛け行動し続ける賢者、そして「鉄人」バーニング小橋建太の永遠の盟友でもあった秋山準を追う。
青春の握り拳 | 8,975 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト