『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で誕生した『ガキ水』!!
2018年7月24日 更新

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で誕生した『ガキ水』!!

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で誕生した「ガキ水」って覚えてる?番組の企画の1つで「まずい飲み物を作ろう」というコンセプトのもと出来上がった「ガキ水」。もう販売はしていないのだろうか?

3,860 view

「ガキ水」って?

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』では今も昔も、徹底してくだらない企画や実験が繰り返されていました。
その中で1996年に企画の1つで、「まずい飲み物を作ろう」というコンセプトのもと誕生したのが「ガキ水」です。

絶対条件

 (2032705)

①世界一不味い飲み物のこと。
②安全が保証されていること。
③お店などで販売出来ること。
以上3点が絶対条件でした。

コンセプトのもと

番組では「ガキ水」は意図的に、誰もが「不味い」と思う飲み物を目指し作られた。
某食品メーカーの協力を得て、鉄分多め、強炭酸、イカスミ風味、ドリアン臭ありなど多くのサンプルが作られ、最終的に激辛ジュースの販売が決定しました。

いったい成分は何?

原材料

原材料

出典 buyee.jp
原材料名は“デキストリン、レモン果汁、香料、酸味料、レイシエキス、ニンジンエキス、エゾウコギエキス、ガラナエキス、アシタバエキス、トウガラシエキス、カラメル色素 ”といった所でした。

感想!

オエ~~~~

オエ~~~~

味は、唐辛子のエキスにレモン風味が加わり、辛さとすっぱさが合わさった味わいという触れ込みでしたが、実際に飲んでみると・・・
唐辛子の辛さとレモンの酸っぱさが混じった辛酸っぱいクソ不味い栄養ドリンク的な飲み物と言う感じでした。

罰ゲーム

 (2032717)

流行りものが大好きな性格からなのか、コンビニで何本か買い込み
飲み屋に持ち込みで山手線ゲームや王様ゲームの罰ゲームに使っていました。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」懐かしい刑事ドラマ対決、自動車対決、セクシー対決など投票してもらうコーナー!みんなの投票結果をまとめました。
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
90年代に大人気だったとんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウン。誰のどの番組が好きだった?

90年代に大人気だったとんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウン。誰のどの番組が好きだった?

90年代から絶大な人気を持っているとんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウン。それぞれがレギュラー番組を多く持っていましたね。誰のどの番組が好きでした?
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【一人ごっつ】1990年代後半、ダウンタウン松本人志伝説のお笑い番組!!【IPPONグランプリのルーツ】

【一人ごっつ】1990年代後半、ダウンタウン松本人志伝説のお笑い番組!!【IPPONグランプリのルーツ】

1990年代後半に放送された、松本人志が一人大喜利スタイルで挑むお笑い番組「一人ごっつ」。後に『IPPONグランプリ』や『すべらない話』などに引き継がれる、いわゆる即興系のお笑いセンスを試される番組で、松本人志の芸人としての志向性が色濃く反映された番組である。当時、お笑い意外にも活動の場を広げていった浜田雅功とは対照的に、松本人志がお笑いの新ジャンルを開拓するような試みだった。
青春の握り拳 | 11,261 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト