【90年代洋楽】シェリル・クロウって覚えてる? 実力派はまだまだバリバリの現役!
2020年3月17日 更新

【90年代洋楽】シェリル・クロウって覚えてる? 実力派はまだまだバリバリの現役!

1990年代前半デビューし、世界的ヒット曲を生み出したシェリル・クロウ。 実力派と呼ばれた彼女のヒット曲を振り返りつつ、人気のヒミツと、カントリーミュージックへの華麗なる転向までをまとめました。

278 view

実力派シェリル・クロウってどんな人?

1990年代前半に世界的ロックアーティストとして有名になったシェリル・クロウ。

全米で1,700万枚、世界で5,000万枚のレコード・セールスを記録し、これまでに9回にわたって受賞している実力派アーティストで、現在も活動中です。

ギターを弾きながら歌うスタイルが特徴で、日本では、MIWAが大ファンだと公言しています。

オルタナティブロックの人気が盛り上がっていた90年代前半にデビューし、バンド旋風のなか、ソロアーティスト、しかも女性として人気になりました。

人気を牽引した要素は、彼女のつくり出す曲が、ロックだけれども、カントリーやポップミュージック、そして、R&Bやラップの要素も取り入れた曲調で、幅広いファンを獲得したことでしょう。

そのミックスされた曲が、当時の新しい風を起こしていたオルタナティブロックと相まって、一気に世界的なヒットへとつながりました。

楽曲のすばらしさだけではなく、なんといっても美人でスタイル抜群、細い腕でギターをかき鳴らし、美しさと色っぽさをあわせ持った声は、男性だけでなく、女性にも広く支持されました。

生い立ちと大物アーティストの元での下積み時代

彼女はミズーリ州に生まれ、大学では、作曲、演奏、教育の学位を取り、一時は音楽の先生をしていた経歴は有名です。

教師として働きながら、地元でバンド活動続けていましたが、夢を追いかけること決意。

1986年にカリフォルニア州に移住し、デビューまでの下積み時代をスタートさせました。

彼女の才能はすぐに認められ、翌年1987年には、マイケル・ジャクソンのバックコーラスとしてツアーに参加し、その後も、スティービー・ワンダーなどの数々のビックアーディスとのバックコーラスとして活動。

1993年、『チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ』(Tuesday Night Music Club)で念願のデビューを果たしました。

次々と世界的なヒット曲連発!

デビューしてすぐにはヒットしなかったアルバムでしたが、じわりじわりとセールスをのばし、翌年1994年にシングル曲「オール・アイ・ワナ・ドゥ」(All I wanna do)が大ヒット!

最高で、全米ビルボード2位を獲得しました。

「これは、カントリー?ロック? っていうか、本当に新人?」

この曲を始めて聞いたときの衝撃が忘れられません。

軽快なギターサウンドのイントロで始まり、ラップのように語りかけるように歌う彼女。

どこか力の抜けた、リラックスしたような曲調なのに、心躍るサウンドで、私はすぐに彼女の虜になってしましました。

1995年の第37回グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀新人賞、最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞の3冠を受賞しました。

Sheryl Crow - All I Wanna Do (original music video)

自身の名前をタイトルにした、2nd アルバムの「Sheryl Crow」は世界的にも大ヒット。

このアルバムの1stシングル曲『イフ・イット・メイクス・ユー・ハッピー』(If it make you happy)は、スマッシュヒット!

1997年には、再び、グラミー賞にノミネートされ、最優秀女性ロック・ヴォーカル・パフォーマンス賞、最優秀ロック・アルバム賞の二部門を受賞し、人気を不動のものにしました。

Sheryl Crow - If It Makes You Happy (Official Video)

世界的なヒットから華麗なるカントリーへの転向

2006年公開、映画ディズニー・ピクサーのカーズ(Cars) へのオープニングソング『リアル・ゴーン』(Real gone)を担当。
カーズ オリジナル・サウンドトラック

カーズ オリジナル・サウンドトラック

自曲の制作活動だけではなく、いろいろなアーティストへの楽曲提供も含め、現在も活動中です。

近年は、デュエット曲ばかりを集めたアルバムを出したり、他のアーティストとのコラボで活躍しています。

日本でも根強い人気のスティングとの曲がコチラ。
大人の2人が歌う切ないラブ・ソング。

Sheryl Crow ft. Sting - Always On Your Side (Official Video)

2013年、ロック・ポップ部門から、カントリーミュージックへの転向を果たしました。

日本ではあまりメジャーではないカントリーミュージックですが、お年寄りから若者まで、主にアメリカ南部のソウル・ミュージックといえるほど、人気のジャンルなんです。

シェリルは、住まいもロスからカントリーミュージックの聖地ナッシュビルへと移し、カントリーミュジックの大物たちとも次々とコラボを果たしています。

もうすぐ還暦を迎えるとは思えない、魅力いっぱいのシェリル・クロウ。

彼女のギターサウンドは、まだまだ衰えることはなさそうですね。

15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

X JAPANのYOSHIKI、QUEENのロジャー・テイラーが2ショットを公開!25年前の2ショットとの比較が話題に!

X JAPANのYOSHIKI、QUEENのロジャー・テイラーが2ショットを公開!25年前の2ショットとの比較が話題に!

X JAPANのYOSHIKIとQUEEN(クイーン)のロジャー・テイラーが、自身のインスタグラムにてそれぞれ2ショットの写真を投稿しました。
隣人速報 | 447 view
懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

島村楽器株式会社が、このたび従業員に対して洋楽ロックバンドに関する調査を実施しました。その結果、楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」に加え、一番ロックが盛り上がっていたのはどの年代だったのかも明らかに!
隣人速報 | 2,675 view
ヘヴィメタルの雄、モトリー・クルー(Mötley Crüe)の活動再開が決定!!

ヘヴィメタルの雄、モトリー・クルー(Mötley Crüe)の活動再開が決定!!

80年代よりハードロック/ヘヴィメタルの雄として君臨し、2015年に活動を停止していたバンド「モトリー・クルー(Mötley Crüe)」が、このたび活動の再開を宣言しました。
隣人速報 | 3,001 view
「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットにより、再び注目を集めているロックバンド「クイーン」及び「フレディ・マーキュリー」。連日各メディアで報道されていますよね。そんな中、他の洋楽アーティストを題材にした映画が「クイーンに続け」とばかりに、多数企画されているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 1,566 view
メタラー感涙!「METALLICA(メタリカ)」のジャケットアートや名曲をモチーフにした腕時計が登場!!

メタラー感涙!「METALLICA(メタリカ)」のジャケットアートや名曲をモチーフにした腕時計が登場!!

1981年の結成以来、メタルシーンを飛び越えて今日まで影響を与え続けているモンスターバンドMETALLICA(メタリカ)と、腕時計メーカーNIXONのコラボレーションコレクションが登場しました。
隣人速報 | 1,177 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト