悲劇につぐ悲劇に襲われ続けたバンド、バッドフィンガー
2016年7月25日 更新

悲劇につぐ悲劇に襲われ続けたバンド、バッドフィンガー

バッドフィンガーの悲劇に関しては、語っても語っても語りつくせません。ロック界最大、最多の悲劇に見舞われたバンドと言っても過言ではないでしょう。しかしバッドフィンガーは、その逆境の中で素晴らしい曲をいくつも残しています。

6,492 view

パンサーズ、アイヴィーズそしてバッドフィンガー

The Iveys

The Iveys

バッドフィンガーの前身は1961年に結成されたパンサーズ (The Panthers) というバンドです。
その後、アイヴィーズ (The Iveys) とバンド名を変え、1968年11月にザ・ビートルズのアップル・レコードから「メイビー・トゥモロウ」でデビューしました。
残念ながら、このデビュー曲はヒットしなかったため、翌1969年のファースト・アルバム「メイビー・トゥモロウ」はイタリア、西ドイツ、日本のみの発売でした。
デビュー時のメンバーは、ピート・ハム(ギター,ピアノ)、トム・エバンズ(ギター、ベース)、マイク・ギビンズ(ドラムス)、ロン・グリフィス(ベース)の4人です。
アイヴィーズ「メイビー・トゥモロウ」

アイヴィーズ「メイビー・トゥモロウ」

1968年11月リリース
その後ロン・グリフィスが脱退し、代わりにジョーイ・モーランドが加入してバンド名を「バッドフィンガー(Badfinger)」に改名します。
そして1969年にポール・マッカートニープロデュースによるアルバム「マジック・クリスチャン・ミュージック(Magic Christchan)」を発表。ポール・マッカートニーが作詞・作曲したシングルカットの「マジック・クリスチャンのテーマ(Come And Get It)」が全米トップ10に入る大ヒットとなりました。
因みにこの曲はリンゴ・スター出演の映画のテーマ曲として使われています。こうした関係もありザ・ビートルズの弟という見られ方をされていました。

アップル・レコード時代

本来であれば、前身バンドのアイヴィーズがアップル・レコードからデビューした時点でラッキーといえます。
しかし、そう言い切れないのは、当時のアップル・レコードはいくつもの問題を抱えており、就任したばかりの社長(アラン・クレイン)が会社の財政状況の調査が終わるまでザ・ビートルズ以外の作品のリリースを延期してしまったのです。
アイヴィーズのファースト・アルバム「メイビー・トゥモロウ」がイギリス、アメリカで発売されなかったのはこうした理由からで、まったく不運という他はありません。

アルバム「メイビー・トゥモロウ」が素晴らしい出来であったことは、バッドフィンガーとして1970年にリリースされたファースト・アルバム「マジック・クリスチャン・ミュージック」に「メイビー・トゥモロウ」から7曲も再収録されていることからもわかります。
マジック・クリスチャン・ミュージック

マジック・クリスチャン・ミュージック

1970年リリース

【収録曲】
1.マジック・クリスチャンのテーマ
2.クリムゾン・シップ
3.いとしのアンジー
4.フィッシャマン
5.ミッドナイト・サン
6.美しく青く
7.ロック・オブ・オール・エイジス
8.明日の風
9.愛のとりこに
10.雨の散歩道
11.アンジェリーク
12.ノッキン・ダウン・アワ・ホーム
13.ギヴ・イット・ア・トライ
14.メイビー・トゥモロウ
70年発表の1st。元々グループはアイビーズとして『メイビ−・トゥモロウ』を発表するものの、売り上げの不振からグループ名をバッドフィンガーと改名しポール・マッカートニーが書き下ろしたタイトル曲(Come And Get It)で再デビューを果たしている。収録された全14曲の内半数の7曲がそのアイビーズのアルバムからの再収録(大半がリミックスと新バージョン)となっており、また他の曲もその時期のアウト・テイクや未発表曲が中心となっているため新作と言うよりは仕切り直しという趣が強い。また録音そのものもアイビーズ時代のメンバーによって行なわれており、発表当時メンバ−となっていたジョ−イ・モランドは参加していない。先のポール作の1.は全米6位、英国4位の大ヒットを記録しており、再デビューは大成功という結果を生んだが、メンバーによる自作曲の方がそれにも増して魅力的なのはもはや周知の事実。切なさや寂しさを内包した強力なメロディと我武者らな演奏が嫌が応でも胸を打つ。トニー・ヴィスコンティの弦のアレンジもひたすら素晴しい。

Badfinger - Come and get it 1970

更に1970年にはセカンド・アルバム「ノー・ダイス」もリリース。
シングル・カットされた「嵐の恋(No Matter What)」が全米8位となるヒットを記録しました。
また、後年ハリー・ニルソンやマライア・キャリーがカバーし大ヒットした「ウィズアウト・ユー」はこのアルバムに収録されています。
ノー・ダイス

ノー・ダイス

1970年リリース

【収録曲】
1.アイ・キャント・テイク・イット
2.アイ・ドント・マインド
3.ラヴ・ミー・ドゥ
4.ミッドナイト・コーラー
5.嵐の恋
6.ウィズアウト・ユー
7.ブラッドウィン
8.ベター・デイズ
9.イット・ハッド・トゥ・ビー
10.ワットフォード・ジョン
11.ビリーヴ・ミー
12.ウィアー・フォー・ザ・ダーク
70年発表、アイビーズから数えて3作目となるアルバム。彼らの代表作であると共に、ミニ・ビートルズ的なイメージから脱却して後のパワー・ポップの先導的な役割を果たし、かつ優れたソングライティングを発揮した名作アルバム。全米8位の5.やニルソンのカヴァーによって全米一位になった6.を含めて名曲が目白押し。ピートが導入部を作り、トムが作った中間部を合体させて完成させた後者は、各々が作ったパートのヴォーカルを受け持ち、ニルソンのバージョンと比べると遥かに痛々しく、それが背筋をゾクっとさせるほどの感動を与えてくれる。彼らはこの曲をライヴで一度もやらなかったことは有名で、ニルソンによるヒットが影響を与えていることは明白なんだけど、この意地のようなものが、彼らを今一つメジャーに出来なかった理由であり、後の悲劇を生んだのでは?と残念に思う。もちろん職人気質の極みとして評価も出来るのだけれども。何にしても、例えそんな背景がなかったとしても・・・この曲で心を動かされない人なんていないでしょう。バッドフィンガーなら、まずこれを聞くべき。

嵐の恋

Badfinger - No Matter What (Midnight Special)

ウィズアウト・ユー

Badfinger - Without You - Pete Ham
苦労のかいがありアルバムも発売されヒットもし、さぁ次はアメリカ・ツアーだということで、ニューヨークで評判のスタン・ポリーというマネージャーとバッドフィンガーは契約します。

しかし、このマネージャー、実は犯罪組織とつながりがあり、極秘にひどい契約を結ばされておりバッドフィンガーは利益をむしり取られることになります。

この当時のバッドフィンガーは人気が高まっていたこともあり、実力もありで、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、ジョン・レノンといった元ザ・ビートルズ・メンバーのレコーディングに参加しています。

そして、1971年には3枚目のアルバム「ストレート・アップ」がジョージ・ハリスンとトッド・ラングレンプロデュースのもと発売されます。
「ストレート・アップ」は商業的に最も成功したアルバムとなり、代表曲である「デイ・アフター・デイ」が収録されています。
ストレート・アップ

ストレート・アップ

1971年リリース

【収録曲】
1.テイク・イット・オール
2.ベイビー・ブルー
3.マネー
4.フライング
5.アイド・ダイ・ベイブ
6.ネイム・オブ・ザ・ゲーム
7.スーツケース
8.スウィート・チューズデイ・モーニング
9.デイ・アフター・デイ
10.サムタイムズ
11.パーフェクション
12.イッツ・オーヴァー

デイ・アフター・デイ

Day After Day Badfinger LIVE! 1972
「ストレート・アップ」が売れたといっても稼ぎ頭であったザ・ビートルズが解散したことで、この当時のアップル・レコードは財政的に非常に混沌としていました。
マネージャーのスタン・ポリーは新たなレコードレーベルを探しており、そのことを知ったアップル・レコードとの関係はこじれてしまいます。

そんな中、4枚目のアルバム「アス」のセッションが1972年9月から始まり、なんと9カ月にも及んでいます。
その間にマネージャーのスタン・ポリーはワーナー・ブラザースと百万ドル以上の大型レコーディング契約交渉をしています。
その結果、ワーナー・ブラザースからのアルバム・リリースはアップル・レコードから合法的な処置で妨害されることとなり、アルバム「アス」はアメリカでは1973年にリリースされたものの、本国イギリスでは様々な理由をつけられ1974年5月まで発売を延期させられてしまいました。
しかも、アップル・レコード最後となるアルバム「アス」のジャケットは、バンドをロバに見立て巨大なニンジン(ワーナー・ブラザースとの巨額な契約にひっかけている)につられるという皮肉的なデザインにさせられています。
ご丁寧なことにアルバム・タイトルに「Ass(尻)と付けられて。
アス

アス

1973年リリース

【収録曲】
01. アップル・オブ・マイ・アイ
02. ゲッタウェイ
03. アイシクルズ
04. ザ・ウィナー
05. ブラインド・アウル
06. コンシティチューション
07. ホエン・アイ・セイ
08. カウボーイ
09. アイ・キャン・ラヴ・ユー
10. タイムレス
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

27歳で亡くなったミュージシャン・アーティストたちが入る「27クラブ」というものをご存じですか?

27歳で亡くなったミュージシャン・アーティストたちが入る「27クラブ」というものをご存じですか?

偶然で済ましてしまうには余りにも多くのミュージシャン・アーティストが27歳でなくなっています。医学的な、もしくは科学的な根拠はありませんが、不思議です。そうした27歳で亡くなったミュージシャン・アーティストたちの一覧、それが27クラブです。現在までに特定されているメンバーは実に61名。皆すばらしい才能の持ち主ばかりです。
obladioblada | 6,865 view
永遠のアイドルと呼ぶにふさわしい“デビー・ギブソン”

永遠のアイドルと呼ぶにふさわしい“デビー・ギブソン”

デビュー当時のデビー・ギブソンをみた男子学生は誰もがこんなガールフレンドが欲しいと思ったに違いありません!現在ではアイドルからの脱却を図ってデボラ・ギブソンと名前を変えてしまっていますが、そんな必要はありません。デビー・ギブソンは永遠のアイドルなんです。
obladioblada | 6,808 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト