全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!
2018年11月13日 更新

全日本プロレスの大森隆男選手と東京03の豊本さんのネット番組「ライブ選書」に潜入取材レポート!

ミドルエッジではお馴染み、もうレギュラーと言っても過言ではない全日本プロレスの大森選手がなんと東京03の豊本さんと本について熱く語るネット番組「ライブ選書」に出演されるということで潜入取材をしてきました。無類の読書好きとして有名な大森選手とプロレスフリークとして有名な豊本さんとのトークは必見です!

357 view

『プロレスラー大森の人生に影響を与えた本ベスト3』ライブ選書#06① 豊本明長(東京03)×大森隆男(全日本プロレス)

全日本プロレスのリングから生配信!

ユーザーの皆さまが “いい本”を互いに教えあったり、好みの“読書人”に出合ったりすることのできる、プラットフォームである「シミルボン」がお届けする配信番組「ライブ選書」。

第6回目の舞台は、なんと全日本プロレスのリングから生配信! 読書家としても有名な同取締役の現役プロレスラー・大森隆男さんへ、プロレスファンにはおなじみの芸人・東京03豊本さんが、「本当の強さ」についてトークを行うとのことで潜入取材をしてきました。
東京03の豊本さんと秋山選手と諏訪魔選手の書籍を手にす...

東京03の豊本さんと秋山選手と諏訪魔選手の書籍を手にする大森選手

本番前に和やかにお話を2人。

今、話題になっているレスラーの裏話や共通のプロレスラーのお話などそのままトークイベントに出来そうなくらい濃い中身を本番前に繰り広げる2人。番組本番前の肩慣らしとは思えないほどに盛り上がっていて、本番のトークにも期待が膨れていると本番開始の合図が!

まずは、「プロレスラー大森の人生に影響を与えた本ベスト3」

プロレス界でも大森選手は読書好きで有名。そこを早速広げていく豊本さん。
まずは、「人生に影響を与えた本ベスト3」というお題に対して真摯に答えていく大森選手。

自身の人生に重ね合わせたような書籍として、「青が散る」(宮本輝)と「兄弟」(なかにし礼)を紹介された。大森選手にもお兄さんがいるので、兄弟ものが心に響いたとのこと。青が散るは大学生としてのキャンパスライフを重ねたそう。

そして突然のコミックが登場。プロレスファンの誰もが通った道「プロレススーパースター列伝」大森選手はそこに出てくるトンパチエピソードさえも飲み込んでしまうようなプロレス界そのものに憧れを抱くきっかけになった書籍とのこと。

青が散る 宮本輝

テニスコートに僕らの汗がはじけキャンパスにかなわぬ愛を見おくる。関西の新設私大のテニス部を舞台に、青春という言葉に瑞々しい息吹きをそそぎこむ会心の長篇。

兄弟 なかにし礼

十五年間絶縁状態だった兄が死んだ──その知らせを聞いた弟の胸裡に、破滅的な生涯を送った兄の姿が甦る。著者初の自伝的小説。

「プロレスラーを目指していたころに支えてくれた本ベスト3」

大森選手が選んだ本たち

大森選手が選んだ本たち

大森選手はミドルエッジには何度もご登場頂いていることもあり、読者の方はご存知の方もいらっしゃると思いますが、プロレス界に入るために部活を柔道部にしたり、大学ではアメフト部に入部など小さい頃からプロレスラーへの憧れが強かったことは何度もお話になっています。

そんな大森選手の支えになったのは、武者小路実篤先生でした。
武者小路実篤マニアでもある大森選手は、武者小路実篤記念館に足繫く通ったり、実篤先生が作りあげた理想の村「新しき村」に非常に感銘を受けたそうで、大学まで2時間かかる通学中の電車でいつも手にしていたのは、武者小路実篤の本だったそう。

「作家先生の名前に反して、非常に読みやすい」(大森選手談)とのこと。

真理先生 (新潮文庫) | 武者小路 実篤

社会では成功しそうにもないが人生を肯定して無心に生きる、真理先生、馬鹿一、白雲、泰山などの自由精神に貫かれた生き方を描く。

愛と死 (新潮文庫) | 武者小路 実篤

友人野々村の妹夏子は、逆立ちと宙がえりが得意な、活発で、美しい容貌の持主。小説家の村岡は、野々村の誕生会の余興の席で窮地を救ってもらって以来、彼女に強く惹かれ、二人は彼の洋行後に結婚を誓う仲となった。ところが、村岡が無事洋行を終えて帰国する船中に届いたのは、あろうことか、夏子急死の報せであった……。至純で崇高な愛の感情を謳う、不朽の恋愛小説である。

友情 (岩波文庫) | 武者小路 実篤

主人公野島とその親友大宮における友情と恋愛の相剋―青春のあらゆる問題がこのテーマを中心に展開される、武者小路実篤の数多い作品の中でも、とりわけ多くの若い読者に愛読されてきた永遠の青春小説。

大森選手の「強くなるために読む本ベスト3」

トークが弾んでいるお2人

トークが弾んでいるお2人

ここで大森選手が1冊目に取り出したのは、「真説佐山サトル」。プロレスラーでありながら、プロレスファンであることを豊本さんに突っ込まれる。強くなるためには我を通すことを佐山さんから学んだそう。

2冊目は、「筋トレが最強のソリューションである」とド直球の本を紹介する大森選手。思考の文章化に非常に感銘を受けた本がこちらだそうで、大森さんは悩みがあったら筋トレをしろとのこと。

3冊目も思考の文章化に感銘を受けた自己啓発書「7つの習慣」。強くなる=自分の思考の整理となっている点が大森さんらしい受け答えであった。

真説・佐山サトル タイガーマスクと呼ばれた男/田崎健太

プロレス界最大の謎。タイガーマスク“電撃引退”、「UWF」脱退、自ら創始した総合格闘技「修斗」との訣別―。“孤高の虎”の真実が今、明らかに!

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 | Testosterone(テストステロン)

あらゆる悩みが筋トレで解決します。筋トレ系自己啓発書登場!仕事もプライベートもダメで八方塞がり。死にてえって思ったら3ヶ月だけ筋トレしてみてくれ!超人気ツイッターアカウントついに書籍化!マッチョ社長が編み出した力尽くの人生術。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー②(大森隆男編)】デビュー25周年!全日本プロレス大森取締役が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー②(大森隆男編)】デビュー25周年!全日本プロレス大森取締役が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う大森隆男・全日本プロレス取締役。全日本プロレスに自ら門を叩いて入団してから25年。紆余曲折あり様々な団体を渡り歩いた大森選手も帰ってくるべくして帰ってきた全日本プロレス。25周年記念大会を迎えるにあたっての想いをお話ししていただきました。
【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

【秋山準&大森隆男 独占インタビュー①(秋山準編)】デビュー25周年!全日本プロレス秋山社長が語る、これまでとこれからの全日本プロレス!

10月21日にデビュー25周年記念大会を横浜文化体育館で行う秋山準・全日本プロレス社長。全日本プロレスの象徴である馬場さんにスカウトされての入団から25年。今は全日本プロレスの社長を務めている秋山選手に、25周年記念大会を迎えるにあたって、これまでとこれからの全日本プロレスをミドルエッジ読者に対して語って頂きました。
「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵マツ・ド・デラックス」を10倍楽しむ方法!

「時空探偵 マツ・ド・デラックス」のキャラクターから読者の皆様が見落としているかもしれない部分をひも解いて見るわ!18回の連載で色々なキャラクターや車が登場したけど、意外と「サー」っと流して読んだ方、いやいや気づいていましたよっていう方がいると思うんだけど、そこをあたし「マツ・ド・デラックス」がWikipedia風に紹介するわ!かるーく楽しんで頂戴!あっ!細かいことは気にしちゃダメよ!
時空探偵マツ・de・デラックス【case Piazza-宙へのコックピット-】第10話

時空探偵マツ・de・デラックス【case Piazza-宙へのコックピット-】第10話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第2ケースは「日産レパード」に続き「いすゞピアッツァ」。ちょっと辛口な娘と誰かにそっくりの父が繰り広げる「親子愛」に「ピアッツア」がどう関わって行くのか?時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第9話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第9話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト