どれもこれも一生もの。ジョージ・ロイ・ヒルの名作映画。
2021年6月6日 更新

どれもこれも一生もの。ジョージ・ロイ・ヒルの名作映画。

ジョージ・ロイ・ヒルの監督作品はシリアスになり過ぎない。どの作品にもコメディの要素が入っているというのが大きな特徴でしょう。なので後味が良い!もう、単純に楽しい作品ばかりなんです。そして心に残る。70年代に公開された、まさに一生ものの作品をぜひ観てみてください。

196 view

ジョージ・ロイ・ヒル

日本でジョージ・ロイ・ヒル監督はどれほど人気があるのか?若者はおそらくその存在すら知らないのではないでしょうか?いや、若者でなくとも知らない人の方が多いような気がします。
そもそも映画界全体を見渡すと認知度の高い映画監督自体がそんなに居ませんからね。ジョージ・ロイ・ヒルが知られていなくとも不思議ではありません。
ジョージ・ロイ・ヒル

ジョージ・ロイ・ヒル

生年月日:1922年12月20日
没年月日:2002年12月27日(80歳没)
しかし、彼の作品となると観たことある、聞いたことあるという人は多いと思います。アカデミー賞を受賞していますし、日本でもヒットしていて観て損なしの名作ばかりですからね。むしろ観ていなかったら損!ぜひとも観て頂きたいジョージ・ロイ・ヒルの作品をご紹介します。

明日に向って撃て!

ジョージ・ロイ・ヒルの映画監督デビュー作は、テネシー・ウィリアムズの戯曲を原作とした1962年の「Period of Adjustment」でした。その後何本か監督した後、1967年の「モダン・ミリー」でアカデミー作曲賞をはじめいくつもの映画賞にノミネート及び受賞をし注目されるようになりました。
しかし、なんといってもジョージ・ロイ・ヒルの名を広く世界に知らしめたのは1969年(日本では1970年)に公開された「明日に向って撃て!」でしょう!
明日に向って撃て!

明日に向って撃て!

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本:ウィリアム・ゴールドマン
製作:ジョン・フォアマン
製作総指揮:ポール・モナシュ
出演者:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス
音楽:バート・バカラック
主題歌:B・J・トーマス「雨にぬれても」
撮影:コンラッド・L・ホール
編集:ジョン・C・ハワード
製作会社:ニューマン/フォーマン・カンパニー
配給:20世紀フォックス
公開:アメリカ 1969年9月23日、日本 1970年2月7日
上映時間:110分
19世紀末の西部史に名高い、二人組の強盗ブッチとサンダンスの逃避行を、哀愁とユーモアをこめて描く。列車強盗としてならしたブッチとサンダンス。しかし、近代化に向かう時代に、彼らの生き方はあまりにも旧弊だった。新たな夢を求めて、二人は南米ボリビアへと旅立つが……。
ご覧になられた方が多い作品だと思います。西部劇に自転車が出てくる。しかもコミカルな演出で。そしてその時に主題歌の「雨にぬれても」が流れるというシーンが印象的な名作です。ここのところは、その後の緊迫したシーンと対照的なだけに実に効果的でした。

『明日に向かって撃て(Butch Cassidy and the Sundance Kid)』 予告編 Trailer 1969年

映画史に残る名シーンとの呼び声が高いストップモーションで終わるラストシーン。いま観ると流石に当時の斬新さは失われているとは思いますが、まぁ、カッコイイです。そりゃそうですよね。ポール・ニューマンと当時はまだ無名だったとはいえロバート・レッドフォードですから。カッコよくて面白い。名コンビですよ、この二人。
ところが当初はポール・ニューマンとスティーブ・マックイーンのコンビになる予定だったそうですよ。しかも、ポール・ニューマンはロバート・レッドフォードが演じたサンダンス・キッド役の予定だったとか。
それはそれで観てみたかったですね。

スティング

アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を受賞した「明日に向って撃て!」でしたが、残念ながらアカデミー賞においてはノミネートされたものの作品賞、監督賞は逃してしまいました。
リベンジ。そんな思いもあったのでしょうか?いや、そんな考えは持たなかったでしょうねジョージ・ロイ・ヒルは。しかし、結果としてリベンジに成功したのが「明日に向って撃て!」と同じくポール・ニューマンとロバート・レッドフォード主演で撮った1973年公開の「スティング 」です。
これもご存じの方が多い作品でしょうね。間違いなく名作です!ただの名作ではありませんよ。名作中の名作ですよ、これは。
「スティング 」は、アカデミーの作品賞、監督賞をはじめ多くの映画賞を獲得しました!
スティング

スティング

監督:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本:デヴィッド・S・ウォード
製作:リチャード・D・ザナック、トニー・ビル、マイケル・フィリップス、ジュリア・フィリップス
出演者:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、ロバート・ショウ、チャールズ・ダーニング
音楽:スコット・ジョプリン、マーヴィン・ハムリッシュ
主題歌:ジ・エンターテイナー
撮影:ロバート・サーティース
編集:ウィリアム・レイノルズ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
公開:アメリカ 1973年12月25日、日本 1974年6月15日
上映時間:129分
1936年。シカゴの下町で、詐欺師の3人組が通り掛かりの男をヒッカケて金をだまし取る。しかし彼らが手にしたその金は、いつもとは段違いの思わぬ金額だった。悪い予感は的中。その金は、ニューヨークの大物ロネガンの手下が、賭博の上がりをシカゴへ届ける為の金だったのだ。怒った組織は、仲間の一人であるルーサーを殺害する……。
どんでん返しに次ぐどんでん返し。キツネとタヌキの化かしあいとでもいうのでしょうか、面白いにも程があるっていうくらいに面白い映画です。
そしてファッション。オシャレなんですよね。主役の二人だけではなく、ロバート・ショウをはじめとして出演者全員がカッコいいのです。

The Sting Official Trailer #1 - Paul Newman, Robert Redford Movie (1973) HD

物語は1936年を舞台としていますので貨幣価値が現在とは大きく違います。物価水準は、約19倍になっていると想定されるらしいので、最後の賭博場で賭けられる50万ドルは現在価値で950万ドル。日本円で約9億5千万円ということになるようです。
それにしても鮮やかな、胸のすくラストシーンです。

華麗なるヒコーキ野郎

「明日に向って撃て!」「スティング」(その間にカート・ヴォネガットの小説を原作とした「スローターハウス5」があります。これもイイ作品)が大成功を収めたことで印象が薄くなっているように思えるのが1975年の「華麗なるヒコーキ野郎」です。
主演はロバート・レッドフォード。ジョージ・ロイ・ヒルは監督だけでなく原案、製作にも携わっていることからも分かるように、この作品に対する思い入れがひしひしと伝わってくる実に力の入った作品です。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

カッコよすぎ!詐欺師をこんなにも格調高くスタイリッシュに描き出した映画「スティング」

1936年のシカゴを舞台にした映画「スティング」。主人公はなんと詐欺師です。この詐欺師たちが詐欺師を詐欺にかけるという何とも詐欺な映画です。どんでん返しの連続に目を離すことができないエンターテインメントそのものといった感じの映画で、アカデミー賞を7部門も獲得している名作中の名作です。
obladioblada | 3,617 view
元空軍のパイロットが大空を駆け巡る、名作ロマン映画『華麗なるヒコーキ野郎』

元空軍のパイロットが大空を駆け巡る、名作ロマン映画『華麗なるヒコーキ野郎』

飛行機と空に魅せられ続けた元空軍パイロットたちが壮大な空で飛行機に乗って、競い合いパフォーマンスを披露して行きます。男のロマンを感じさせてくれる映画です。
星ゾラ | 4,984 view
【スティング】第46回(1974年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・レモン】

【スティング】第46回(1974年度)アカデミー賞を振り返る!【ジャック・レモン】

1974年と言えば、セブン-イレブン第1号店が出店された年。 伊豆半島沖地震や七夕豪雨、阿蘇山噴火など自然災害の多い年でもあった。そんな1974年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 291 view
西部の荒くれ者、ブッチとサンダンスがボリビアを目指す「明日に向かって撃て!」、ラストシーンは必見!

西部の荒くれ者、ブッチとサンダンスがボリビアを目指す「明日に向かって撃て!」、ラストシーンは必見!

西部の荒くれガンマン、ブッチとサンダンスが逃亡劇を続けながら南米ボリビアを目指す「明日に向かって撃て!」。これは実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドの物語で、ラストシーンのストップモーションは映画史に残る屈指の名シーンとして有名です。
青春の握り拳 | 5,482 view
【プラトーン】第59回(1987年度)アカデミー賞を振り返る!【ポール・ニューマン】

【プラトーン】第59回(1987年度)アカデミー賞を振り返る!【ポール・ニューマン】

1987年と言えば、最初の携帯電話が発売された年。 国鉄が分割・民営化され、JRグループ7社が発足するなど新しい時代への転換期とも言える年であった。そんな1987年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 393 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト