ぼくらの遊び場はゲーセンだった。今こそ振り返る『日本の「ゲームセンター」史』
2022年2月24日 更新

ぼくらの遊び場はゲーセンだった。今こそ振り返る『日本の「ゲームセンター」史』

3月3日に『日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ』という本が福村出版から刊行されることとなりました。

640 view

『日本の「ゲームセンター」史』

2022年3月3日に『日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ』という本が福村出版から刊行されることとなりました。

筆者は、立命館大学ゲーム研究センターにて客員協力研究員として籍を置いている川﨑寧⽣氏。
なお博士論文要旨によると「立命館大学大学院先端総合学術研究科」という科に所属しておられたようです。

専門は社会統制史や日本史。
博士論文は「日本のゲームセンターが社会に根付いた要因の一つと思われる、社会統制史を重点的に調査」したもの。

ここから「日本の賭博やその周囲に関する厳格な社会統制を回避すべく、ゲームセンターが遵法精神を維持した上で、多様な客層を保持するために店舗形態として全国へ広がった事が、ゲームセンターの社会的定着に寄与したことを明らかとした」とのこと。

んー、難しい。

もう少しわかりやすく言うと「ゲームセンターの店舗形態の多様性と日本社会に根付いた過程や要因を調査」したのが本書で、上記論文をブラッシュアップしたものなんだそうです。

本書の目次

ゲームセンター

ゲームセンター

はじめに
序章
第1章 ゲームセンターを対象にした先行研究、およびこれまで記述されてきた日本ゲームセンター史の整理
第2章 日米ゲームセンター史の比較分析 ─場所・空間の定着過程に着目して─
第3章 日本のゲームセンター史が持つ特殊性の分析
第4章 ゲームセンターにおける店舗形態の特徴 ─先行研究における議論の整理を中心に─
第5章 ゲームセンターが社会に根付く過程のケーススタディ1 大人向けゲームコーナー ─都市型娯楽の新しい形としての「ゲーム機が導入された喫茶店」─
第6章 ゲームセンターが社会に根付く過程のケーススタディ2 子供向けゲームコーナー ─駄菓子屋や玩具屋に広がったゲームプレイの形─
第7章 娯楽施設としてのゲームセンターの変遷 ─店舗形態に影響を与えた要素を中心に─
終章
あとがき

昔々から現代まで

UFOキャッチャー

UFOキャッチャー

「日本で普及した娯楽施設、ゲームセンターの歴史を店舗の形態により4種に分類し、当時の文献、新聞・業界誌の記事やフィールドワークをもとに各々の盛衰と現状を分析する」

ミドルエッジ世代よりさらに前の、1920年代後半のゲーム場にもふれているそうですから凄い研究書ですね。

そして本書は、新型コロナウイルスの影響によって変化が起きた、現在のゲームセンター業界についてもふれています。

ゲームセンターの「昔々から現代まで」を知ることができる本書。歴史を知りたいという方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

なお同氏は1990年代の初頭、親にファミコンを隠された経験があり、そこからアーケードゲームに魅了されていったんだとか。

なんだか急に親近感を覚えてしまいます。

日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ | 川﨑 寧生 |本 | 通販 | Amazon

5,060
Amazonで川﨑 寧生の日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけ。アマゾンならポイント還元本が多数。川﨑 寧生作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また日本の「ゲームセンター」史 娯楽施設としての変遷と社会的位置づけもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

著者のTwitterはこちら

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ライモン 2022/2/28 02:20

    ゲームセンターは今や絶滅危惧の危機を迎えています。ネットワークの普及や家庭用ゲーム機、携帯端末などの性能向上によりより手軽にゲームセンターのアーケードゲーム機と変わらない、いやそれ以上のクオリティの高いゲームがスマホでも出来るようになりさらに若者は車の所有に消極的となりなかなかこうしたゲームセンターに行く機会も減り、さらに追い討ちをかけるようにコロナ禍が発生し、今や大きなゲームセンターの施設も閉店する事もあります。今のゲームセンターのゲームも何かICカードとかのゲームの進行状況を保存するアイテムが必要で昔のような手軽にフラッと遊べる筐体が少なくなってきていているのもなかなか寂しいです。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ギアガチャ」「ゼロクリア」再び!?自宅でゲーセン気分を楽しめる家庭用筐体『ARCADE1UP OutRun』が再販!!

「ギアガチャ」「ゼロクリア」再び!?自宅でゲーセン気分を楽しめる家庭用筐体『ARCADE1UP OutRun』が再販!!

ロングセラー貯金箱「いたずらBANK」を始めとした玩具・雑貨を製造・販売している株式会社シャインより、自宅にいながらゲームセンター気分でゲームを楽しめる家庭用筐体『ARCADE1UP OutRun』の再販が決定しました。
隣人速報 | 1,115 view
現在も幅広く展開される「ストリートファイター」シリーズ!Tシャツ販売など最新情報をまとめました!

現在も幅広く展開される「ストリートファイター」シリーズ!Tシャツ販売など最新情報をまとめました!

今だに幅広く展開される「ストリートファイター」シリーズ。最新情報をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
隣人速報 | 362 view
「太鼓の達人」がついに20周年を迎える!「音ゲー」って他にどんなのがあったっけ?

「太鼓の達人」がついに20周年を迎える!「音ゲー」って他にどんなのがあったっけ?

株式会社バンダイナムコエンターテインメントと株式会社バンダイナムコアミューズメントは、2021年2月21日に20周年を迎えた「太鼓の達人」について、20周年記念に合わせた最新情報を公開しました。
隣人速報 | 506 view
コナミファン待望のアクションシューティング「魂斗羅(コントラ)」がレトロアーケードシリーズに登場!!

コナミファン待望のアクションシューティング「魂斗羅(コントラ)」がレトロアーケードシリーズに登場!!

ゲーム関連商品を輸入販売するインフォレンズ株式会社が展開する、家庭用アーケード筐体型ゲーム機『レトロアーケード』シリーズより、「魂斗羅(コントラ)」が現在好評発売中です。価格は7920円(税込)。
隣人速報 | 1,339 view
90年代のゲーセンを席捲していたセガ「アストロシティ」が『アストロシティミニ』になって復活!気になる収録タイトルは?

90年代のゲーセンを席捲していたセガ「アストロシティ」が『アストロシティミニ』になって復活!気になる収録タイトルは?

株式会社セガトイズより、90年代に一世を風靡したゲーム筐体「アストロシティ」を小型化した『アストロシティミニ』が発売されます。気になる収録タイトルも一部公開!
隣人速報 | 6,868 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト