1975年『潮騒』は山口百恵の15歳の初々しいヌードシーンで話題になった注目の三島作品!
2019年10月16日 更新

1975年『潮騒』は山口百恵の15歳の初々しいヌードシーンで話題になった注目の三島作品!

三島由紀夫原作の『潮騒』ですが、これまで5作品で映画化がされています。中でも4作目・1975年公開では、撮影時15歳で清純派歌手の山口百恵さんが主演を務めたことでそのヌードシーンに注目が集まりました。 そしてここでは、原作者でもある三島由紀夫についても少し、触れてみたいと思います。

3,643 view

原作・三島由紀夫『潮騒』~あらすじ

 (2145597)

出典 aucfan.com
舞台は伊勢湾の歌島という小さな島。18歳の青年・新治は戦死した父の代わりに貧しい家で母と弟を養うために漁師をして暮らしていた。
そんなある日、見慣れない少女を見かける。村の有力者の娘・初江だった。何度か顔を合わせるうちに惹かれ合う二人。
ある嵐の日、使われていない廃墟に避難し、焚火越しで濡れた体を温めている...ついに二人は裸で抱き合い、キスをするが、初江の「今はいかん。私、あんたの嫁さんになることに決めたもの」という言葉で一線を越えることはしなかったが、よからぬ噂がたち、2人は会う事を禁じられてしまうが、2人を助けてくれる人たちもいて、二人の心は繋がっていく。

三島由紀夫の原作には、ロマンチックだけど、理性的であって、素朴な心模様も表現されているという作品です。

山口百恵のプロフィールと経歴

 (2145593)

山口百恵のプロフィール

山口百恵( やまぐちももえ )
本名:三浦 百惠(みうら ももえ)
生年月日:1959年1月17日
出生地:東京都渋谷区恵比寿
出身地:神奈川県
血液型:A型
活動期間:1973年 – 1980年
山口百恵さんは、1972年12月、当時人気だった新人発掘オーディション番組『スター誕生!』に出演して、20社から指名され、最終的にホリプロと契約し、デビューします。
デビューは翌年1973年で先に映画デビューし、公開後の翌月に歌手としてデビューします。

百恵さんより先にデビューしていた、森昌子さん、そして同じ年にデビューしている桜田淳子さんとともに「花の中3トリオ」として人気になります。

山口百恵さんが歌手として大ブレイクするのは、1974年6月発売の『ひと夏の経験』からでした。年齢の割に大人びた歌詞とのギャップと、陰のある雰囲気で無二の「山口百恵」というブランドがどんどん大きくなっていきます。

同じく1974年10月スタートのテレビドラマ『赤い迷路』が始まり、「赤いシリーズ」としてその後も大人気となります。女優としても認められ人気も不動のものになっていくことになり、そんなころに映画でも、1974年公開『伊豆の踊子』そして、1975年公開の『潮騒』に出演と続くことになります。


1975年公開『潮騒』主演は山口百恵

三島由紀夫原作による『潮騒』は、1954年(昭和29年)6月10日に新潮社より刊行された作品で、ベストセラー、1954年度第1回新潮社文学賞を受賞しています。

『潮騒』の映画化はこれまで5作品公開されています。
■第1作 1954年(昭和29年)
主演:久保明、青山京子

■第2作 1964年(昭和39年)
主演:吉永小百合、浜田光夫

■第3作 1971年(昭和46年)
主演:朝比奈逸人、小野里みどり

■第4作 1975年(昭和50年)
主演:山口百恵、三浦友和

■第5作 1985年(昭和60年)
主演:鶴見辰吾 堀ちえみ

山口百恵『潮騒』のヌードシーン

三島由紀夫原作 映画「潮騒」予告

山口百恵さんが出演した『潮騒』、撮影時、百恵さんはまだ15歳でした。デビューして間もない少女が映画でヌードにということ、そして歌手としてすでにブレイクしていたことでも話題になりました。
清純なイメージと、どこか大人びた雰囲気のギャップに百恵さんの魅力があったのかもしれません。15歳という年齢で映画とはいえ、ヌードになったとしてファンの間では、賛否両論でしたが、衝撃を受けたファンも少なくなかった様です。

山口百恵さんのシミーズ姿と三浦友和さんのふんどし姿

こちらが話題になった『潮騒』の焚火のシーンです。撮影時、百恵さんは15歳、三浦友和さんは22歳という事で二人とも、とても初々しいんです。
2人は『潮騒』の前にも、川端康成原作の『伊豆の踊子』でも共演しています。
潮騒撮影の時は、まだ二人は交際には至っていなくて、百恵さんが年上の友和さんを兄の様に慕っているという程度だったとか。

その後、2人は交際し、結婚するわけですが、2011年のあるインタビューで三浦友和さんが百恵さんとの出会いについてこんな風に語っています。
「(略)せっかく会った人を大事にしていかなきゃと思うようになった。もちろん普段から大事にしているんですけどね」と百恵さんのことに触れています。
1975年公開の映画『潮騒』について、4作目の主演は当時大人気の山口百恵さんだったことで、有名シーンに激怒したファンがいたこと、あわや放火事件に発展したかもしれなかったこと、そしてのちも百恵さんの夫となる三浦友和さんとの初々しい交際前の共演ということなど、この『潮騒』ではいろいろなことが話題になっていました。

個人的に今一度、1975年公開の『潮騒』を観てみたくなりました。

最後に...三島由紀夫について

本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)
生年月日:1925年1月14日
出生地:東京府東京市四谷区永住町2番地(現・東京都新宿区四谷4丁目22番)
死没:1970年11月25日(45歳没)
職業:小説家、劇作家
最終学歴:東京大学法学部法律学科卒業
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

聴きなおしシリーズ!【1975年・昭和50年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【1975年・昭和50年】のヒット曲ベスト10を振り返る

この記事では、1975年・昭和50年にヒットしたベスト10を振り返ってみたいと思います!この年には山口百恵さん、岩崎宏美さん、布施明さんなどがランクインしておりますよ~(^^)/ではでは、さっそくベスト10をご紹介いたします!
つきねこ | 1,703 view
映画『潮騒』山口百恵の清純さと三浦友和の伝説のふんどし姿 

映画『潮騒』山口百恵の清純さと三浦友和の伝説のふんどし姿 

1975年映画第4作目映画『潮騒』。主役は山口百恵。相手役は無名だった三浦友和。当時は百恵のヌードやラブシーンが話題になった映画だ。二人の若い頃の画像で映画の見所、名場面をご紹介。あまり知られていない、三浦友和の伝説のふんどし姿やネタバレ感想。
ヌードの巨匠・加納典明!加藤紗里の「アートヌード」を激写!

ヌードの巨匠・加納典明!加藤紗里の「アートヌード」を激写!

ヌード写真と言えば加納典明!今度は2016年にブレイクした加藤紗里を激写する。加藤紗里初の写真集『加藤紗里×加納典明 加藤紗里写真集』を6月20日に発売。エロい写真が堪能できそうだ。加納のこれまでの仕事も振り返る。
高倉健、宇津井健、千葉真一など昭和の名優が総出演!パニック映画「新幹線大爆破」のコラボTシャツが登場!!

高倉健、宇津井健、千葉真一など昭和の名優が総出演!パニック映画「新幹線大爆破」のコラボTシャツが登場!!

有限会社ハードコアチョコレートより、東映株式会社による1975年公開のパニック映画「新幹線大爆破」とのコラボレーションTシャツが現在好評発売中です。
隣人速報 | 55 view
水戸黄門の入浴シーンで余りにも有名な「由美かおる」。奇跡のプロポーションは圧巻です!

水戸黄門の入浴シーンで余りにも有名な「由美かおる」。奇跡のプロポーションは圧巻です!

有名な話ではありますが、15歳でデビューした由美かおるのプロポーションは、現在に至るまでほぼ変わっていないらしいです。水戸黄門の入浴シーンだけではなく、その奇跡のプロポーションをじっくり堪能してみようではありませんか。
obladioblada | 4,046 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト