このドラマ少女漫画が原作だったの? by シミルボン
2017年1月23日 更新

このドラマ少女漫画が原作だったの? by シミルボン

ユーザー参加型のレビューやコラムの投稿サイトであり、本やマンガに関連した口コミを閲覧することができる情報サイト「シミルボン(https://shimirubon.jp/)」さんからご提供いただいた記事の第3弾。 懐かしいドラマの原作が実は少女漫画だったのをご存知でしたか?ドラマ化された意外な少女漫画についてのコラムです。

1,721 view

記事提供:シミルボン ライター:卯の花

このドラマ少女漫画が原作だったの?

子どもの頃、再放送を見て好きだったテレビドラマ、本放送で好きだったドラマ。
ドラマを見ていた当時は知らなかったそれらのドラマに少女漫画の原作があることを知ったのは、インターネットで懐かしいドラマについて調べていた時でした。
当時でも、里中満智子先生の『アリエスの乙女たち』(『週刊少女フレンド』1973年連載、1987年テレビドラマ化大映テレビ制作放映フジテレビ全23話)や
庄司陽子先生の『生徒諸君!』(『週刊少女フレンド』1977年連載、1980年テレビドラマ化東映制作放映テレビ朝日全28話、1987年月曜ドラマランドにて再ドラマ化制作ホリプロダクション放映フジテレビ)
和田慎二先生の『スケバン刑事』(『花とゆめ』1976年連載、1985年初テレビドラマ化制作東映1作目全24話、以後シリーズ化。2作目42話、3作目42話、放映フジテレビ)は
少女漫画原作と知っていましたが、それ以外にも、これも少女漫画が原作のドラマだったの?って驚く作品が多々ありました。
その中で、私が一番びっくりしたのは、森田健作さんが主演のテレビドラマ『おれは男だ!』(1971年テレビドラマ化松竹制作放映日本テレビ全43話)が津雲むつみ先生の少女漫画原作だったことです。

まさか、あのドラマが少女漫画原作だったとは驚きです。剣道部とチアガール部の男と女の対立、その中で生まれる恋愛感情とあのドラマの筋を簡単に書けば、確かに1970年代の少女漫画の王道の話だと思いますが、ドラマからは少女漫画の雰囲気はあまり感じず、青春、爽やかで真っ直ぐな男の子から男性へと進む男性の素直で暑苦しくない熱血さがありました。
最高視聴率21.2%。
調べると、津雲むつみ先生はドラマに顔出し出演されているそうなのですが、再放送を見ていた子どもの頃は漫画家先生の顔を知りませんでしたし……。
『おれは男だ!』は1970年に『週刊セブンティーン』に連載されていました。
また『この子誰の子?』(1986年テレビドラマ化大映テレビ制作放映フジテレビ全22話)も津雲むつみ先生の作品で、同じく『週刊セブンティーン』で1976年に連載されていた『彩りのころ』を原作として持っていました。
『おれは男だ!』のドラマと比べると、『この子誰の子?』は少女漫画の雰囲気は持ってたなって思います。
おれは男だ! 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

おれは男だ! 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

著者:津雲むつみ
出版社:集英社
彩りのころ 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

彩りのころ 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

著者:津雲むつみ
出版社:集英社
1970年代から1980年前半は、小説や児童文学を原作に持つテレビドラマシリーズも多かったのですが、調べてみると少女漫画を原作にもつ作品が案外と多いのに気がつきます。
それも、放送当時に人気を博し、その時代を代表とするテレビドラマとして、テレビドラマ史に名を残しているのです。
有名なのは、岡崎友紀さん、石立鉄男さん主演の木村三四子先生原作の『おくさまは18歳』(1970年テレビドラマ化大映テレビ室製作放映TBS全53話)
おくさまは18歳 1 (マーガレットコミックスDIGI...

おくさまは18歳 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

著者:本村三四子
出版社:集英社
『おくさまは18歳』は『週刊マーガレット』に1969年から連載され、1970年にテレビドラマ化されています。
最高視聴率33.1%。
当時のトップアイドル岡崎友紀さんがヒロインを演じ、次回作もスピンオフで岡崎友紀さん主演の『なんたって18歳!』が制作され、(1971年ドラマ制作大映テレビ室→大映テレビ制作放映TBS全52話)岡崎友紀さんが歌う2作の主題歌もヒットします。
後にこのドラマの流れをくむドラマが生まれていったことからみても、この作品の影響力の大きさが分かります。
他に、私が子どもの頃に見ていて好きだった『花嫁衣裳は誰が着る』も(1986年テレビドラマ化大映テレビ制作放映フジテレビ全24話)また、細田智栄子先生が1968年に『週刊フレンド』で連載していた漫画『あこがれ』を原作としていました。
細田智栄子先生といえば、私は『王家の紋章』(1976年『月刊プリンセス』より連載開始)が直ぐに頭に浮かぶのですが、ドラマ『花嫁衣裳は誰が着る』と『王家の紋章』が私の頭の中では、結びつかず、思いもしない先生が『花嫁衣裳は誰が着る』の原作者だったなんて!と驚いてしまいました。
王家の紋章 第1巻 (プリンセスコミックス) | 細川 智栄子 |本 | 通販 | Amazon (1816210)

著者:細川 智栄子あんど芙~みん
出版社:秋田書店
原作の『あこがれ』が『週刊フレンド』で連載していたのが1968年ということなので、ドラマ化されたのは、それから18年後、約20年後だったのを考えてみても、ドラマ化した当時から見ても、失礼ながら相当古い作品を持ってきたなって感じました。
ドラマ本放送時代見てた時は仰々しいドラマだと感じましが、だけど、その数奇な運命、過酷な環境の中で、ヒロインが這い上がっていく姿に夢中になりました。
この時代の大映ドラマは、そういう作品が多かったのですが、それがまた、とても良かったのです。
また、このドラマが少女漫画だったの?とは違う驚きで、この漫画もテレビドラマ化されていたの?って驚いたのは、みつはしちかこ先生の『小さな恋のものがたり』でしょうか。
(1962年学研『美しい十代』より連載開始。掲載誌を移りながら連載。芳文社『まんがタイムファミリー』で2008年4月号まで連載。全43巻)
チッチとサリーのストーリ四コマ漫画。1962年から長く描かれた作品で、2年前に完結しました。
アニメ化されていたのは知っていましたが、テレビドラマ化されていたのを知ったのは最近でした。
小さな恋のものがたり 復刻版1

小さな恋のものがたり 復刻版1

著者:みつはしちかこ
出版社:学研パブリッシング
1972年に放送されたテレビドラマ『小さな恋のものがたり』(1972年テレビドラマ化国際放映・ユニオン制作放映日本テレビ全13話)は、打ち切りになってしまったドラマの穴埋めに制作された作品だったようで、放送回数も13回と少ないのですが、主演は『おくさまは18歳』の岡崎友紀さんで、13回のうち8本をあの名脚本家市川森一先生が書いているので、作品としての質は高かったのではないか?と思います。

また、このテレビドラマ『小さな恋のものがたり』の前に放送されていたドラマも、少女漫画が原作でした。
原作少女漫画は、松永るり子先生が『週刊少女フレンド』に連載していた『だから大好き!』(『週刊少女フレンド』1972年7月18日号まで連載、1972年テレビドラマ化国際放映・ユニオン制作放映日本テレビ全14話)この作品も岡崎友紀さんが主演です。
また、少し対象年齢は下がりますが、国際放映で制作され、市川森一先生が関わった少女漫画を原作としたテレビドラマといえば、市川森一先生が関わったのは、第1作目だけですが、横山光輝先生が1967年『週刊マーガレット』で連載していた『コメットさん』です。

『コメットさん』は2回テレビドラマ化されていて、私が馴染んでいるのはリメイクされた1978年放送大場久美子さん版『コメットさん』(1978年再テレビドラマ化国際放映制作TBS放映全68話)なのですが、1作目の1967年放送の九重佑三子さん版『コメットさん』も(1967年テレビドラマ化国際放映制作放映TBSも全79話)人気が高い作品です。

2作品とも、TBSのブラザー劇場枠で放送されたドラマです。
コメットさん (講談社漫画文庫)

コメットさん (講談社漫画文庫)

著者:横山 光輝
出版社:講談社
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

給食の献立、最強は何だった?

給食の献立、最強は何だった?

楽しみだった学校の給食!ミルメークに冷凍みかん、ソフト麺に先割れスプーン。アナタが考える最強の献立はなんだった?
湘南美容クリニックとメタトロン化粧品と共同開発!フェイスライン専用化粧水【ホスピアップ】のご紹介☆

湘南美容クリニックとメタトロン化粧品と共同開発!フェイスライン専用化粧水【ホスピアップ】のご紹介☆

湘南美容クリニックとメタトロン化粧品と共同開発したリフトアップ化粧水が登場!女性の永遠の悩み、フェイスラインの悩みにハリをあたえます。湘南美容クリニック化粧品販売本数3ヵ月連続1位の実力派化粧水です。
♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

うる星やつら(うるせいやつら)は、70年代から80年代にかけて週刊少年サンデーで連載されていた高橋留美子のギャグ要素満載のラブコメ漫画で、連載開始から40年経った今でも絶大な人気を誇り続けています。
おにいちゃん | 13,146 view
1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1985年~89年、りぼんに連載されていた『星の瞳のシルエット』。友情と恋愛をテーマに、魅力的なキャラクターや小道具が大人気になり大ブームになりました!どんな作品だったか振り返ってみましょう。
ぶちうに | 906 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 719 view
萌え要素満載のアニメ 「ナースエンジェルりりかSOS」!作中には有名作品のパロディも!まとめてチェック!!

萌え要素満載のアニメ 「ナースエンジェルりりかSOS」!作中には有名作品のパロディも!まとめてチェック!!

秋元康、大地丙太郎、「ときめきトゥナイト」を手がけた池野恋など、有名なクリエイターたちが制作に携わり、主題歌には秋元・小室が手がけ神曲誕生!少女向けなのにシリアスな展開のアニメ「ナースエンジェルりりかSOS」を見ていきましょう。
ぶちうに | 742 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,414 view
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 2,429 view
矢沢あいがカバーイラストを描きおろし!90年代を代表する少女漫画「天使なんかじゃない」に新装版がお目見え!!

矢沢あいがカバーイラストを描きおろし!90年代を代表する少女漫画「天使なんかじゃない」に新装版がお目見え!!

「NANA-ナナ-」などのヒット作で知られる少女漫画家・矢沢あいの漫画「天使なんかじゃない」の新装再編版が、6月25日より発売されることが明らかとなりました。カバーイラストは全て矢沢の描きおろし!
隣人速報 | 670 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト