一条ゆかりの隠れた名作「女ともだち」を振り返ろう!
2021年1月16日 更新

一条ゆかりの隠れた名作「女ともだち」を振り返ろう!

一条ゆかりさんといえば「デザイナー」「砂の城」「有閑俱楽部」などドラマ化もされた人気作がたくさんありますが、一番印象に残っている作品はりぼんで連載されていた「女ともだち」です。短いですが印象的な作品だったのでまだ読んでいないという方は是非読んでほしいです。

203 view

「女ともだち」はいつの作品?

一条ゆかりさんは1968年からりぼんに漫画を掲載していました。「デザイナー」「砂の城」「有閑倶楽部」など人気作がたくさんありますよね。衝撃的な内容の話も多く少女向けのりぼんでこんなのいいの?という作品も多かったです。

「女ともだち」が連載されていたのは1990年から1992年。全14回で連載されていました。単行本は全3巻。文庫版は全2巻です。

この前に掲載されていたのは「ロマンチックください」という作品です。りぼんで連載していたのは「女ともだち」が最後でその後は「ぶ~け」「コーラス」に掲載誌を移しています。一条ゆかりさんの作品は難しいし、大人な内容も多いのでりぼんよりほかの雑誌の方が向いているという感じもしますね。
女ともだち 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) | 一条ゆかり | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon (2249916)
出典 amzn.to

女ともだち 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) | 一条ゆかり | 少女マンガ | Kindleストア | Amazon

408
電子版も出ているのでまだ読んでいないという方はぜひチェックしてみてください。

「女ともだち」のストーリー

Amazon.co.jp: 女ともだち 2 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) eBook: 一条ゆかり: Kindle Store (2249298)

主人公の荒井 菜乃は高校2年生。文学部に所属していて気が強く、かわいげのない性格。菜乃は5歳の時に両親を事故で亡くし、叔母の 西願 搖子 (せいがん ようこ)に引き取られて一緒に暮らしています。

瑤子は女優をしていて派手。両親の葬式に真っ赤な口紅で現れた違和感を菜乃はいまだに覚えていました。瑤子に反発する心から余計にまじめでとっつきにくい性格になった感じもします。瑤子は18年前に主演映画がヒットして注目を集めますが、今は顔がいいだけの役や擦れた女の役しか依頼が来ません。いわゆる落ち目のの女優ですね。

瑤子は菜乃を引き取る時「女ともだちのように暮らしましょ」といいます。叔母と姪ではありますが、「菜乃」「瑤子さん」と呼び合う2人の不思議な関係。

一方菜乃の親友、 大浦 こずえは女優を目指していて、現在はモデルの仕事をしています。瑤子に憧れもありました。こずえは美人でおとなしい性格なのでぶりっこだと思われ、いじめの対象になっていました。唯一の友人が菜乃なんです。

ある日こずえは大ファンである18歳の俳優、野口 晴臣の写真集の撮影に呼ばれます。緊張したこずえは菜乃に同伴を頼みます。野口 晴臣は女優の白河水絵とイギリス人の間にできた子ですが、白河水絵が映画監督の野口史仁と再婚したため、映画界のサラブレッドと呼ばれています。

芸能界に興味のない菜乃は、撮影で初めて晴臣を見たのですが、軽薄そうだと第一印象は最悪でした。自分も女優の姪でどこに行っても瑤子の名前が付きまとうので同じような環境の晴臣は嫌じゃないのだろうかと気になります。ですがそこで晴臣と言い合いになり、菜乃は帰ってしまいます。おたがい、言われたくない真実を疲れて腹が立ったんですね。

菜乃はいつか両親のように平凡な家庭を気づくのが夢でした。ですがある日、じつは瑤子が叔母ではなく、実の母親だということを知りショックを受けます。菜乃は瑤子にそっくりだと昔から言われていたのです。

ちょうど映画がヒットしたころに妊娠し出産、自分よりキャリアを取って姉夫婦に菜乃を預けたということですね。実の母親が母親ではなかったということだけでなく、本当の母親が自分より仕事を取ったということもショックだったでしょう。

父親は誰かと問い詰めるのですが、戸籍上も姉夫婦の子どもになっているから問題ないと教えてくれません。

その後菜乃は作家の野口博幸に出会います。そして博幸のアシスタントをすることになります。晴臣の叔父にあたるのですが菜乃はもともと博幸の本を読むほどのファンだったのです。

博幸の強引な誘いであるパーティーに連れていかれます。そのパーティーは晴臣の義父である野口 史仁の誕生日パーティーで映画の製作発表も行われていました。

晴臣、白河水絵だけでなくこずえの姿も。そこでちょっとした誤解が生じこずえと大ゲンカしてしまいます。さらに晴臣と一緒にいるところを週刊誌にとられ、心無いファンから暴行を受けてしまいます。そしてこずえも大けがを負ってしまいます。

その後菜乃も史仁の映画に出演することが決まります。演技の経験なんてまるでない菜乃は厳しい演技指導を受け、映画に臨みます。映画には瑤子、こずえも出演します。

第一印象は最悪だった菜乃と晴臣ですが次第にひかれあうようになります。こずえとの三角関係、
芸能界、親子関係など様々な関係が展開されている漫画です。

「女ともだち」とは誰のこと?

Amazon.co.jp: 女ともだち 3 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) eBook: 一条ゆかり: Kindle Store (2249325)

「女ともだち」は主人公の菜乃と親友のこずえ、そして晴臣との三角関係も描かれていますが、それがメインという訳ではないと思います。タイトルの「女ともだち」には菜乃とこずえのことももちろん含まれていると思いますが、それだけではないのではないでしょうか。

最初に瑤子が「女ともだちのように暮らしましょ」といった通り、不思議な関係の菜乃と瑤子のこと、瑤子とマネージャーで親友の留美子、瑤子のライバルと言われていた時期もあった白河 水絵などさまざまな女性同士の関係のことを指しているのではないかなと思います。

友情、恋愛、出生の秘密、将来、全3巻でありながらさまざまなことが描かれた作品です。リボンの中ではかなり異色の作品でしたが子供っぽさがないので大人になって読んでも楽しめる作品だと思います。今なら瑤子さんの目線で楽しめるような気もしますね。
9 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

来年45周年を迎える「マイメロディ」バースデーフェアや記念商品の発売など、日本各地で2020年1月より順次開催!

来年45周年を迎える「マイメロディ」バースデーフェアや記念商品の発売など、日本各地で2020年1月より順次開催!

株式会社サンリオの、1975年にデビューしたキャラクター「マイメロディ」が、2020年に45周年を迎えます。
昔と今の恋愛はどう違う?アプローチ方法の変化について詳しく解説!

昔と今の恋愛はどう違う?アプローチ方法の変化について詳しく解説!

時代が変わるごとに恋愛の傾向も変わってきますが、昔と今ではどのような変化があるのでしょうか?特に男性からのアプローチ方法は大きく変化していて、女性の動き方にも影響を与えていますよね。
iVERY | 553 view
実写版「セーラーマーキュリー」の泉里香(32)が久々に「ルナ」と再会!セーラームーン関係の最新情報も盛りだくさん!

実写版「セーラーマーキュリー」の泉里香(32)が久々に「ルナ」と再会!セーラームーン関係の最新情報も盛りだくさん!

特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」にてセーラーマーキュリーを演じた女優・泉里香がこのたび、自身のインスタグラムにて黒猫の「ルナ」と再会した写真を投稿し、大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,647 view
60~70年代ファッションが再熱? 今と昔で着こなし方は違うの?

60~70年代ファッションが再熱? 今と昔で着こなし方は違うの?

女性のファッションの流行は時代の流れで一巡するとも言われていますが、近年では、60~70年代のファッションも再び流行を見せています。情報をまとめました。
iVERY | 780 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,835 view
「砂の城」?「有閑倶楽部」?一条ゆかりマンガで特に印象に残っているのは?・・・『デザイナー』

「砂の城」?「有閑倶楽部」?一条ゆかりマンガで特に印象に残っているのは?・・・『デザイナー』

「りぼん」という少女漫画誌に異色の彩を放つ存在で、少女というより大人の物語です。正直一度読めばもうそれきりのマンガがゴマンとある中、『デザイナー』はなぜかまた読みたくなってしまう。あんな悲惨な結末なのになぜ!?その不思議な魅力を検証していきたいと思います。
iriza-54 | 13,355 view
一条ゆかり「砂の城」壮大なドラマに酔いしれる

一条ゆかり「砂の城」壮大なドラマに酔いしれる

「有閑倶楽部」や「デザイナー」など、数々のヒット作を生み出す、一条ゆかり先生の傑作と名高い「砂の城」(1977年)。ナタリーという女性の波乱に満ちた人生を描いています。心中・年の差・心の病など、濃密に盛り込まれたドラマ「砂の城」を紹介します。
成瀬梨々 | 84,888 view
実写化された懐かしの少女漫画まとめ<「りぼん」編>

実写化された懐かしの少女漫画まとめ<「りぼん」編>

今も昔も、漫画を原作にしたドラマというのは多いですよね。今回は「りぼん」で2000年までに連載された少女漫画で実写化した作品をまとめてみました。
saiko | 493 view
アニメ『ときめきトゥナイト』の最終回ってどうだった?

アニメ『ときめきトゥナイト』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『ときめきトゥナイト』はこんな感じでした。
こういち | 717 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト