アイドル時代の Char って、今聴くと最高の歌謡ロックを演ってるんですよね。
2020年2月23日 更新

アイドル時代の Char って、今聴くと最高の歌謡ロックを演ってるんですよね。

日本を代表するギタリストの一人Charですが、デビュー当時はアイドルとして一時代を築いていたんです。アイドル時代の Char、軽く見られがちですが今聴くと最高の歌謡ロックを残しているんですよね。

1,940 view

ロック御三家

世良公則&ツイスト、原田真二と共にロック御三家と呼ばれていた時期があるChar。アイドルでした。当時はまだ日本の音楽市場においてロックというものが確立されえちなかったので、アイドルでもなんでもやるしかなった!とは本人の弁です。
Char

Char

出生名:竹中 尚人
生誕:1955年6月16日
出身地:東京都品川区
活動期間:1971年~現在
アルバムでロックをやるためにシングルでは歌謡曲を歌う。当時はそうする以外にメジャーで活動することが出来なかったと言います。不本意だったかもしれませんが、そうしたCharたちの地道な活動があったからこそ日本の音楽界にロックが根付いたんですね。功績はデカイです。

しかし、です。このアイドル期のCharは、今振り返ると面白いんですよね。日本を代表するギタリストCharの不本意だったアイドル時代。行ってみましょう!

NAVY BLUE

記念すべきデビュー曲は1976年6月にリリースされた「NAVY BLUE」です。作曲・編曲はChar自身で、作詞をNSPの天野滋が担当しています。珍しいというか、以外と言うか、今や貴重ですね。
NAVY BLUE

NAVY BLUE

SIDE:A
NAVY BLUE
作詞:天野滋 作曲・編曲:Char

SIDE:B
SHININ' YOU, SHININ' DAY
作詞・作曲・編曲:Char
同年9月には、代表曲「Smoky」を収録したアルバム「Char」がリリースされます。これがヒットしていればCharの音楽人生はスムーズにいったのでしょうが、残念ながらそうはなりませんでした。つまり、全く売れなかった。
結果、方向転換を余儀なくされるわけですが、それがアイドル路線と言うわけです。

Navy Blue

ソフト&メロウといいますか、哀愁漂う曲で悪くないですよね。でも、まぁ、売れませんでした。地味。新人にしては、20歳の若者にしては地味だったのかもしれないですね。

気絶するほど悩ましい

1年ぶりのシングルということになります。2枚目のシングル「気絶するほど悩ましい」は前作の商業的な失敗を踏まえ職業作家陣が投入されれることに。しかし、流石というしかありません。この曲は30万枚を超えるヒットとなります。
そして、結果として歌謡ロックと言う新たなジャンルが築かれることになるんですね。
気絶するほど悩ましい

気絶するほど悩ましい

SIDE:A
気絶するほど悩ましい
作詞:阿久悠 作曲:梅垣達志 編曲:佐藤準

SIDE:B
ふるえて眠れ
作詞:阿久悠 作曲:Char 編曲:佐藤準
阿久悠が作詞を担当したからでしょうか、それとも意図的に狙ったのでしょうか、なんとなくこの曲は沢田研二を感じさせます。当時ジュリーは人気絶頂ですからね。参考にしたということかもしれませんが、むしろジュリーに歌ってほしい曲ですね。

気絶するほど悩ましい

いい曲ですよね。それを証明するように「気絶するほど悩ましい 」は、沖田浩之、香坂みゆき、藤井フミヤから中森明菜まで、多くのミュージシャンにカバーされています。

逆光線

ジュリー風の曲調は変わらないものの、「気絶するほど悩ましい」がヒットしたことで信頼を得たのでしょうか、作詞は阿久悠ながらも曲はCharが担当した「逆光線」。
逆光線

逆光線

1977年12月10日発売(キャニオン/SEE・SAW W-5)

A面:「逆光線」
阿久悠作詞、Char作曲、佐藤準編曲

B面:「TOKYO NIGHT」
Char作詞作曲編曲
ロック御三家と呼ばれた3組のアーティストの素晴らしいところは、当時ロック・ミュージシャンはメディアには登場しない(出られない?)というのが一般的だったところ、お構いなしにテレビや雑誌にバンバン出たところですね。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1977年に行われた『第19回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1977年に行われた『第19回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 606 view
ジューシィ・フルーツの美人ボーカル『イリア』が、意外な職業に?現在について迫る!!

ジューシィ・フルーツの美人ボーカル『イリア』が、意外な職業に?現在について迫る!!

1980年代にジューシィ・フルーツのボーカルとリードギターを担当していたイリアこと奥野敦子さん。1984年にグループが解散し、その後ソロでも活躍しながら、意外な職業に・・・。
ギャング | 78,727 view
深作映画『魔界転生』の見どころはここ!キャスト陣の現在は?

深作映画『魔界転生』の見どころはここ!キャスト陣の現在は?

1981年公開の深作欣二監督の映画『魔界転生』に今一度、注目してみませんか。時代劇であって時代劇ではない様な..そして、衣装、メイク、そして何より、出演者のそうそうたるメンバーが今の時代では2度とない!とまで言われています。 そして主なキャストの現在も気になるところです。『魔界転生』の見どころと合わせてご紹介していきます。.
あおい@ | 3,621 view
切なくて怖い復讐劇!『キャリー』

切なくて怖い復讐劇!『キャリー』

ホラー映画の大傑作として人気の「キャリー」!第49回アカデミー賞や第34回 ゴールデングローブ賞にもノミネートされた作品を振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 1,323 view
1977年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1977年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

前年のユーミンの登場によって一気にモダンになった日本の音楽業界。1977年は更に新たなスーパーアイドルが登場し、日本中を席巻します。では、いってみましょう。1977年に最も売れたシングルランキング!
obladioblada | 3,709 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト