カミソリ入りの封筒も送られた…田原俊彦と松田聖子の共演CMとは
2017年10月24日 更新

カミソリ入りの封筒も送られた…田原俊彦と松田聖子の共演CMとは

1980年。当時新人アイドルとして人気絶頂だった聖子ちゃんとトシちゃんが、グリコアーモンドチョコレートのCMで共演していたのをご存知でしょうか?グリコとしては、末永く2人をイメージキャラクターに据えたかったものの、双方のファンからの抗議が凄すぎて、わずか1作限りで封印されたこの伝説のCMについて紹介していきます。

3,625 view

とっかえひっかえ過ぎる?!松田聖子の男性遍歴

松田聖子といえば、数々の男性と浮名を流してきた恋多き女として有名。特に話題になったのが、郷ひろみとの仲。ジャニーズの不文律により、別離を余儀なくされたときの会見で飛び出した「一生懸命愛してました」「生まれ変わっても一緒になろうね」のフレーズはあまりにもドラマチックであり、世間に大きな衝撃を与えました。
松田聖子

松田聖子

そのわずか1ヶ月後に、神田正輝と結婚を発表し、愛情が冷めていったら今度は英会話の先生だったジェフ・ニコルスと不倫関係になり、その次はバックダンサーのアランリードと交際、神田と離婚後は歯科医の波多野浩之氏と結婚するも2年で離婚し、マネージャーとの交際を経て、2012年には一般男性と再々婚…。芸能界広しといえど、ここまでとっかえひっかえした女性タレントは、彼女くらいなものでしょう。
ジェフの暴露本『壊れた愛』

ジェフの暴露本『壊れた愛』

山口百恵と三浦友和の後任として白羽の矢が立った、松田聖子&田原俊彦

そんな永遠のアイドル・松田聖子の華麗なる男性遍歴における始点となった人物が、田原俊彦です。きっかけとなったのは、今から35年以上前に放送されたグリコアーモンドチョコレートのテレビCM。今でこそ、ロバート秋山のなりきりキャラが出演するネタCMと化していますが、かつてアーモンドチョコレートのCMといえば、若手アイドルや人気俳優の登竜門でした。

ロバート秋山【マイクロズボラ】グリコ アーモンドピーク※

その元祖というべき存在が、山口百恵と三浦友和。2人が出演した同商品のCMは、1970年代におよそ6年に渡って放送され、大変な評判を呼びます。が1980年、2人の結婚及び百恵ちゃんの芸能界引退によって、CMは打ち切りに。長きに渡ってアーモンドチョコレートのブランディングを担った2大スターを失ったグリコサイドは次なるアイコン探しに奔走。そして白羽の矢を立てたのが、当時、アイドルとしてデビューしたばかりだった聖子ちゃんとトシちゃんだったというわけです。
山口百恵・三浦友和

山口百恵・三浦友和

CMのロケ地は、当時リゾートとしてにぎわっていた清里高原

1980年9月。松田聖子&田原俊彦のグリコアーモンドチョコレートのテレビCMは公開されました。ロケ地となったのは、山梨県の清里高原。1970年代から80年代にかけて、この地は『an・an』『non-no』などの女性誌で頻繁に取り上げられたことで、人気が急上昇。これらの雑誌やガイドブック片手に、一人ないし少数で旅行に来る若い女性・通称「アンノン族」のメッカとして活況を呈し、それに合わせてペンションやタレントショップが乱立したといいます。しかし、バブル経済の崩壊を境に、ブームは沈静化。最盛期は一坪500万円もした地下は、今や一坪3万円程度までに下落し、かつての喧騒が嘘のように静まり返っています。以上、余談。
清里駅前

清里駅前

既に大型新人として売れっ子だった2人

この山梨のリゾート地で撮影が行われた当時の2人といえば、既に超がつくほどの売れっ子。聖子ちゃんは同年4月にデビューシングル『裸足の季節』が、続く7月にセカンドシングル『青い珊瑚礁』がヒットチャートを賑わせ、トシちゃんもデビューシングル『哀愁でいと』が71.9万枚の大ヒット。期待の大型新人として多忙を極める中での撮影だったため、2人とも前日の深夜に現地入りしたといいます。
平凡1982.9●田原俊彦/松田聖子

平凡1982.9●田原俊彦/松田聖子

歌番組などでの共演も多かったといいます。

友達以上恋人未満な大学生を熱演!

CMにおける2人の役柄は、友達以上恋人未満な大学生。CM曲に使われたトシちゃんのセカンドシングル『ハッとして!Good』の「パステルに染まった高原の Telephone Box♪」という一節から始まる歌詞に合わせて、電話をかける聖子ちゃんにトシちゃんがバッタリ出くわし、そこからハッと恋が目覚める…といった内容のショートストーリーになっています。

有名なのが、ラストのワンシーン。自転車で並走する際、トシちゃんがサッと手を出し、聖子ちゃんが反射的に掴むシーンです。実はこれ、トシちゃんのアドリブだったのだとか。とっさの思いつきながら「僕らの青春は今始まったばかりだ。」という、ラストに挿入されるトシちゃんのナレーションにもバッチリ合っていました。

田原俊彦 松田聖子 グリコチョコレートCM

田原俊彦 グリコ アーモンドチョコレート下敷き

田原俊彦 グリコ アーモンドチョコレート下敷き

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2020/1/5 21:45

    80年にデビューしたアイドルが松田聖子さんと田原俊彦さんでしたが、彼らにはファンからの賛否両論が有りました。例えばザ・ベストテンでは、当時ネットの無い時代で電話での抗議が殺到したり、ベストテンに限らず別番組でも同じ様な抗議が殺到したそうです。この様な賛否両論による抗議は、水泳大会の桑野信義さんと西田ひかるさんのツーショットなどが挙げられます。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代の松田聖子をCMで振り返ってみたところ、やっぱり聖子ってカワイイじゃないですか?!

80年代の松田聖子をCMで振り返ってみたところ、やっぱり聖子ってカワイイじゃないですか?!

言わずと知れた松田聖子。80年代の彼女は、シングル24曲連続チャート1位という金字塔を打ち立て、押しも押されもせぬ存在でした。そんな松田聖子が80年代に出演したCMの数々は、今見ても魅力的!むちゃくちゃカワイイじゃないですか?!
obladioblada | 7,704 view
還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

還暦を迎えてもピカピカに光る!宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿に挑戦!!

女優・タレントとして活躍する宮崎美子(61)がこのたび、自身の芸能人生初となるカレンダーを発売し、40年ぶりにビキニ姿を披露することが明らかとなりました。
隣人速報 | 12,867 view
1983年に行われた『第25回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1983年に行われた『第25回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 785 view
1980年に行われた『第22回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

1980年に行われた『第22回日本レコード大賞』を振り返ってみよう!

紅白歌合戦と共に行われている年末の風物詩でもある「日本レコード大賞」。レコード大賞を受賞した楽曲の売上が大きく伸びると言われた時代もありました。時代を表すレコード大賞を主な受賞作と共に振り返ってみましょう!
もこ | 1,240 view
音楽番組の金字塔「ザ・ベストテン」の1980年12月25日放送分の再放送が決定!!

音楽番組の金字塔「ザ・ベストテン」の1980年12月25日放送分の再放送が決定!!

昭和を代表する音楽番組として知られる「ザ・ベストテン」の1980年12月25日放送分が、TBSのCS放送「TBSチャンネル2」にて再放送されることが明らかとなりました。初回放送は6月20日午後7:00より。
隣人速報 | 13,704 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト