懐かしいアイドルの路線変更・イメチェン・キャラ変更
2016年3月13日 更新

懐かしいアイドルの路線変更・イメチェン・キャラ変更

トレンドや時代の流れの変化、年齢を重ねていくことで、アイドルなど芸能人は路線変更やイメージ変更が必要になります。タレントの数だけ路線変更の成功例や失敗例が存在します。髪型を変えることで人生が大きく変わることもありえるわけです。

23,715 view
小室ファミリーへ

小室ファミリーへ

1994年7月、小室哲哉プロデュースによる篠原涼子 with t.komuro名義でシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」(長編アニメーション映画『ストリートファイターII MOVIE』主題歌)を発売。

2年越しのロングヒットで売上200万枚を超える大ヒットとなった。1994年の『第36回日本レコード大賞』では優秀賞を受賞。『第45回NHK紅白歌合戦』に出場した。

2001年頃から本格的に女優に移行し、徐々に人気が上昇

ドラマ『ハケンの品格』ほか数多くの人気ドラマの主演をこ...

ドラマ『ハケンの品格』ほか数多くの人気ドラマの主演をこなす女優に

とにかくドラマ・バラエティなどの人気作品に絡むことができると大きな転機になりますね。作品に恵まれる運も必要。
ドラマ『ハケンの品格』のイメージなどから、2007年・2008年に明治安田生命が新入社員を対象に調査した「理想の上司」の女性第1位に選ばれた。
すばらしい!としか言いようがない。ポジショニングの教科書です。

小倉優子

小倉優子 ロリータフェイスが売りのグラドル

小倉優子 ロリータフェイスが売りのグラドル

高校時代の2001年(平成13年)頃に、芸能事務所アヴィラ(旧・アバンギャルド)にスカウトされ、男性誌グラビアで芸能界デビュー。その後しばらく撮影会モデルなどの下積みをこなしながら、グラビアの仕事を続ける。

2002年頃から「こりん星」から来たというメルヘンキャラ・不思議系キャラで芸能界に登場

コリン星のお姫様の「ゆうこりん」

コリン星のお姫様の「ゆうこりん」

2002年(平成14年)、日テレジェニック2002に選出される。この頃からロリータフェイスと「こりん星のりんごももか姫」という自己創作のお姫様キャラクターで徐々に注目を集めるようになり、発売アイテムが軒並み好セールスを記録。それと同時に関西地方のテレビやラジオなどの仕事が増え始める。
2002年頃から「こりん星」から来たというメルヘンキャラで芸能界に登場した小倉。語尾に「りんこ」をつけるなど、インパクトは大で、多くのバラエティー番組に引っ張りだこになった。だが、この不思議系キャラは、小倉の素とはまったく違うもの。芸能活動と私生活のギャップにストレスと罪悪感を覚え、毎晩飲み歩いていたことを番組内で明かした。本人曰く、

「23歳くらいから限界だった」

 それでも所属事務所は、金になる「こりん星」キャラをやめさせない。「やめたい」と小倉がお願いしても、「まだいける」の一点張り。「こりん星」を全面に出されて、グッズ販売や連載までスタートした。とはいえ、そもそも「こりん星」自体が小倉の発想ではないため、なかなかグッズのイラストや連載が進まなくなる。
本人は大変辛かったと思いますが、「こりん星」キャラ戦略は大変独創的で、当時としては非常に成功した戦略でした。キャラ戦略というニッチマーケティング手法が以後、増えたと思います。AKBもそうでしょう。
金になる「こりん星」キャラをやめたいけど、やめられなかった

金になる「こりん星」キャラをやめたいけど、やめられなかった

まだ売れ筋の商品を打ち切るのは、普通なかなかできません。
出典 sen59.jp
「芸能人は商品なんです。テレビやイベントに出られなければ、在庫が余っているのと同じなんです。仕事がない時には、事務所で経理や電話対応ができる芸能人なんていませんし...サラリーマンやOLとは違うので、会社にいてもらっては困る。

だから、事務所はどうにかして在庫を売ろうとする。それが、演技なのか、歌なのか、バラエティーなのか、キャラなのか。小倉さんは、キャラで売りださないと厳しいということだったのではないでしょうか?」(芸能関係者)
小倉優子さんは現在、「ママタレ」として活躍中。

小倉優子さんは現在、「ママタレ」として活躍中。

女性タレントは、年齢に応じて、時代の流れに合わせて、上手く路線変更していけるかどうかが重要。
出典 prtimes.jp

篠原ともえ

1990年代末期に個性的なファッションと強烈なキャラクターで、「シノラー」ブームを巻き起こした

まさに(20)世紀末に起こった「シノラー」ブーム 超ハ...

まさに(20)世紀末に起こった「シノラー」ブーム 超ハイテンションなキャラクター

これは、ついていきたくないブームだった。
1996年、フジテレビ『HEY!HEY!HEY!』でのダウンタウンへの機転の利いた傍若無人ぶりやレギュラー出演の『LOVE LOVE あいしてる』ゲストの楽屋襲撃コーナー「篠原ともえのプリプリプリティ!!」で人懐こいハイテンションなキャラクターで人気を得ると、数々のバラエティ番組でひっぱりだこになる。
バブルが崩壊し、この頃の日本は、完全に方向感を見失っていた。確かにとびっきり元気なネタが必要だったのだろう。
現在の篠原ともえさん。このくらいの方が、ええんでないかい

現在の篠原ともえさん。このくらいの方が、ええんでないかい

千葉麗子

1991年、アイドル女優としてデビュー、アイドルグルー...

1991年、アイドル女優としてデビュー、アイドルグループ「オーロラ5人娘」のメンバーなどとして活動した。

100 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

浅香唯(50)がライザップに挑戦!果たして結果にコミットすることは出来たのか!?

浅香唯(50)がライザップに挑戦!果たして結果にコミットすることは出来たのか!?

浅香唯(50)が、このたび「RIZAP(ライザップ)」でダイエットに挑戦したことが明らかとなりました。果たして「結果にコミットする」ことは出来たのでしょうか?
隣人速報 | 34,264 view
「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

ハゴロモより、女優・タレントとして活躍する宮崎美子(62)のデビュー40周年を記念した『デビュー40周年記念カレンダー&フォトブック』の発売が決定しました。
隣人速報 | 17,212 view
篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

小学館より、女優・水沢アキ(66)の45年間にわたるグラビアアイドルとしての軌跡をまとめた写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 11,698 view
ヌードを披露からのグラビア入りした!『駒木なおみ』って覚えてる?!

ヌードを披露からのグラビア入りした!『駒木なおみ』って覚えてる?!

1990年代週刊プレイボーイでのヌード披露をきっかけに芸能界入りし、「イエローキャブ」に所属し、グラビアアイドルとして逆パターンで活躍した駒木なおみさん。懐かしく思い勝手に追ってみました。
ギャング | 14,821 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 3,554 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト