あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイクされることが明らかに!!
2018年7月25日 更新

あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイクされることが明らかに!!

1973年に公開され、世界各国で大ヒットとなったカンフー映画「燃えよドラゴン」が、米ワーナー・ブラザースによりリメイクされることが明らかとなりました。

1,435 view

あの伝説のカンフー映画「燃えよドラゴン」がリメイク決定!!

1973年に公開され、世界各国で大ヒットとなったカンフー映画「燃えよドラゴン」が、米ワーナー・ブラザースによりリメイクされることが明らかとなりました。

「デッドプール2」のデヴィッド・リーチが監督に?

このたびのリメイクですが、現状では企画として始まったばかり。スタッフやキャストは現時点で決定していないものの、監督には「デッドプール2」「アトミック・ブロンド」のデヴィッド・リーチと交渉を開始したとのこと。
 (2034425)

こちらは「デッドプール2」のDVDのジャケット。リメイク版「燃えよドラゴン」もこんな雰囲気になるかも!?

そもそも「燃えよドラゴン」ってどんな映画だった??

「ブルース・リー」も「燃えよドラゴン」も、ミドルエッジ世代であれば名前を知らない方はほぼいないと思います。しかし「燃えよドラゴンを観たことがない」という方は、1973年公開ということもあり意外に多いのではないでしょうか?ここでは「燃えよドラゴン」を中心としたブルース・リーの活躍を、軽くまとめたいと思います。
 (2034406)

「燃えよドラゴン」での一幕。

物語のあらすじは?

「燃えよドラゴン」の舞台は、3年ごとに武術トーナメントが開かれる香港の小島。そこでは、かつて少林寺の修道僧であった麻薬密売組織の支配者・ハンが君臨していました。一方、少林寺で修行を続ける若者リー(ブルース・リー)は、ハンの部下に殺された妹の復讐のため、ひとり悪の要塞島に乗り込みます。「麻薬と陰謀が渦巻く要塞島に、ブルース・リーの怒りが炸裂!」するアクション巨編です!

作品の雰囲気を掴みたい方はこちらをチェック!

燃えよドラゴン オープニング

そして誰もが聴いたことのあるメインテーマ!!

「燃えよドラゴン」を語る上で外せないのは、その劇中の音楽です。特にラロ・シフリン作曲のメインテーマは、日本でも数々のバラエティ番組のBGMとして使用されており、世代を超えた楽曲となっています。ミドルエッジ世代としては「風雲たけし城」などでお馴染みですよね。

Enter The Dragon(1973)-Main Theme

数多くのフォロワーも生み出す!!

「燃えよドラゴン」の世界的な大ヒットは、映画界でカンフーブームを巻き起こしました。数々のフォロワー的な作品が制作され、中にはブルース・リーのそっくりさんが出演する「クローン人間ブルース・リー 怒りのスリードラゴン」というカルト的な人気を誇る傑作も。
世界中に影響を与えた「燃えよドラゴン」ですが、主演のブルース・リーは映画の公開直前に脳浮腫を患い、その後の同作の大ヒット及び後世への影響を見ることなくこの世を去りました。その早すぎる死から45年の時を経て実現することとなった今回のリメイク。全カンフー映画ファンの注目が集まることは間違いありません!
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 変態紳士 2018/8/12 11:20

    カラテ・キッド(ベスト・キッド)どこの騒ぎじゃ済まないだろうな
    あんなガイキチ的なファンがいるブルー・スリーだもんな

    因みにベスト・キッドのモデルは剛柔流空手

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットにより、再び注目を集めているロックバンド「クイーン」及び「フレディ・マーキュリー」。連日各メディアで報道されていますよね。そんな中、他の洋楽アーティストを題材にした映画が「クイーンに続け」とばかりに、多数企画されているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 1,428 view
「オーシャンズ11」から17年!女性キャストを主役にしたリブート作品「オーシャンズ8」今夏公開!!

「オーシャンズ11」から17年!女性キャストを主役にしたリブート作品「オーシャンズ8」今夏公開!!

2001年公開のスティーブン・ソダーバーグ監督の映画「オーシャンズ11」がリブートして帰ってくる!2018年6月8日(現地時間)より、主要キャストが全員女性のリブート作品「オーシャンズ8」が全米で公開されることが決定しました。日本での公開は8月10日を予定しています。
隣人速報 | 692 view
『猿の惑星』シリーズ8作目の映画予告が公開!類人猿と人間が対峙する緊迫シーンは必見!

『猿の惑星』シリーズ8作目の映画予告が公開!類人猿と人間が対峙する緊迫シーンは必見!

『猿の惑星』シリーズ8作目の映画『War for the Planet of the Apes(原題)』の予告が公開された。監督は前作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のマット・リーヴスが務める。2017年7月14日に全米で公開予定となっている。
映画『ドラゴンへの道』香港映画初の海外ロケ作品 監督・脚本・武術指導は李小龍(ブルース・リー)男の子の憧れの的でしたね。

映画『ドラゴンへの道』香港映画初の海外ロケ作品 監督・脚本・武術指導は李小龍(ブルース・リー)男の子の憧れの的でしたね。

アチョー!男の子の憧れ、誰しも真似したヌンチャクは健在。ブルース・リーが初めて監督・脚本・武術指導・主演を兼任した作品。アジアを意識した作品に仕上がっている。あのハリウッド映画のアクションスター、チャック・ノリスが無名時代に出演している。
くれない | 1,255 view
『ブルース・リー』の伝説:『燃えよドラゴン』(日本では1973年公開)から始まる「ドラゴンシリーズ」と後世への影響

『ブルース・リー』の伝説:『燃えよドラゴン』(日本では1973年公開)から始まる「ドラゴンシリーズ」と後世への影響

『燃えよドラゴン』を中心に『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』『死亡遊戯』をおさらいしてみましょう。ブルース・リーが後世に与えた影響は甚大です。そこも、さっくりと考察してみましょう。ブルース・リーの格闘の際に発する「アチョー」という独特の叫び声は「怪鳥音」(かいちょうおん)と呼ばれますが、ブーム当時、皆が、「アチョー」「アチョー」言いまくりました。
ガンモ | 29,302 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト