2017年10月11日 更新

服部克久×山下達郎 名曲誕生秘話が続々!2大音楽家のラジオ初共演が実現!『五線譜の解体新書』

毎回音楽家をゲストに招いて名曲が生まれた秘話や、その魅力を紐解くラジオ番組『五線譜の解体新書』(毎週日曜20:00~20:30放送※22日は20:05~20:30)の10月15日と22日(日)のゲストは、服部克久と山下達郎です!

155 view
TOKYO FMでは、毎回音楽家をゲストに招いて名曲が生まれた秘話や、その魅力を紐解くラジオ番組『五線譜の解体新書』(毎週日曜20:00~20:30放送※22日は20:05~20:30)の10月15日と22日(日)の放送回のゲストに、日本を代表する音楽家、服部克久と山下達郎を迎えます。
「服部先生にオケをお願いすると、毎回予想を上回るのが楽...

「服部先生にオケをお願いすると、毎回予想を上回るのが楽しい」(山下達郎)

ふたりがラジオで共演するのはこれが初となります。これまで山下達郎の数々の楽曲のオーケストレーションを手がけてきた服部克久。ふたりにゆかりのある曲や、どのようにその曲が出来上がったのかを紐解きます。
「若い頃は書きすぎちゃうけど、どうやって厚いものを薄く...

「若い頃は書きすぎちゃうけど、どうやって厚いものを薄くするか。」(服部克久)

「ミュージックマエストロがあの名曲を完成させるまでー」10月15日・22日(日)に放送の『五線譜の解体新書』では、日本を代表する音楽家・服部克久と山下達郎をゲストに迎えて、これまで山下達郎や竹内まりやの楽曲のオーケストレーションを手がけてきた服部克久が、山下達郎とともに制作秘話を語りながら名曲を「解体」していきます。なお、服部克久と山下達郎がラジオで共演するのはこれが初となります。
OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012

OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012

キャリア初となるレーベルを越えたオールタイム・ベストアルバム!
ソロデビュー前のシュガー・ベイブ時代から今日まで、山下達郎本人セレクトによるオールタイム・ベスト。
「今まで何万曲もアレンジして、その度にベストを尽くしてきましたが、(達郎さんの)この曲は、大好きなビオラをイントロに入れたもの。達郎の声はビオラに合う、色気があるんだよね」と服部克久が振り返った山下達郎の曲とは?山下達郎が「服部先生にお願いすると、毎回予想を上回るものが出てくるのが楽しい。先生のオケは緩急がある」と話すと服部克久は「若い頃は書きすぎちゃうけど、どうやって厚いものを薄くするか。メリハリがないと人間の生き方もそうだけど、つまらないもんね!」と返しました。
服部克久 音楽畑 オーサーズ ベストII

服部克久 音楽畑 オーサーズ ベストII

人気シリーズ“音楽畑”のなかから作曲者自らがセレクトしたベスト盤の第2弾。全16曲収録。テレビや映画のテーマ曲のほか「秋風の頃」や「ジャスミン香る丘」などハートフルな曲が満載。
さらに、ふたりがロンドンのアビーロードスタジオでストリングスをレコーディングした時の話など、貴重なエピソードも続々飛び出します。その中で、作曲に必要な「ある要素」にちなんで、服部克久が山下達郎にあだ名をつけました。一体どんなあだ名でしょうか?10月15日・22日(日)と、2週に渡り繰り広げられるビッグ対談を、どうぞお聴き逃しなく。

『五線譜の解体新書』概要

パーソナリティ 加納有沙

パーソナリティ 加納有沙

放送日時: 毎週日曜日20:00~20:30 ※22日のみ20:05~20:30
放送局: TOKYO FM

日本を代表する音楽家を招き、時代を超えて愛されている名曲の誕生秘話、魅力を紐解いていく音楽の「解体新書」。パーソナリティは加納有沙。日本を代表する作曲家で編曲家の服部克久は、これまでゲストに2回登場しており、今回が3度目の登場となります。
13 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所実家の押入れに眠ってる宝物、引っ張り出して来ませんか?

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代後半のNHK朝ドラ主題歌集

90年代後半のNHK朝ドラ主題歌集

90年代後半は、朝ドラ低迷期なんて言われていますが、それでも視聴率を見ると、やはりお化け番組だと思います。わずか15分で、毎回主題歌が流れるので、アーチストとしては朝ドラ主題歌くらい宣伝効果が高い抜擢は今もないのではないでしょうか?主題歌で朝ドラのイメージを残っているものも多い、90年代後半のNHK朝ドラ主題歌集を紹介します。
yt-united | 3,588 view
山下達郎と大貫妙子が所属したバンド『シュガー・ベイブ』

山下達郎と大貫妙子が所属したバンド『シュガー・ベイブ』

1973年から1976年にかけて活動した山下達郎と大貫妙子が所属していたインディーズバンド『シュガー・ベイブ』。活動期間は3年余りで、発表したアルバムはわずか1枚ながら、後のJ-POPシーンに多大な影響を及ぼした彼らの楽曲について振り返りたいと思います。
こじへい | 501 view
透明感のある声で独特な世界観を歌う大貫妙子。シュガーベイブ時代からソロとしての現在までを振り返ります。

透明感のある声で独特な世界観を歌う大貫妙子。シュガーベイブ時代からソロとしての現在までを振り返ります。

NHKの「みんなのうた」やCMなどで耳にする、透明感のある声の大貫妙子。山下達郎や村松邦男らとのバンド「シュガー・ベイブ」でデビューし、解散後もソロで活動を続ける大貫妙子の、現在までを振り返ってみました。
ybanzawa | 685 view
トム・ジョーンズは、70年代にセックスシンボルと呼ばれていた!

トム・ジョーンズは、70年代にセックスシンボルと呼ばれていた!

『思い出のグリーン・グラス』でおなじみのトム・ジョーンズは70年代にはセックスシンボルと呼ばれた。16歳で結婚してから、隠し子騒動はあったが、生涯添い遂げた。2006年に英国王室より「ナイト」 の称号が授与され、現在もコンサートを続けている。
漢字+カタカナで曲名になる!?「椎名林檎メソッド」で作られた懐かしの名曲の数々!!

漢字+カタカナで曲名になる!?「椎名林檎メソッド」で作られた懐かしの名曲の数々!!

「椎名林檎メソッド」ってご存知ですか?99年に「無罪モラトリアム」が大ヒットして以来「漢字+カタカナ」の曲名を他のミュージシャンも採用するようになりました。「じゃあ80年代以前に『漢字+カタカナ』の曲ってあるの?」と思ったので、今回記事にしてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト