笑っていいともから出てきたユニット「いいとも青年隊」
2016年5月24日 更新

笑っていいともから出てきたユニット「いいとも青年隊」

フジテレビで昼12:00に放送されていた生番組「森田一義アワー 笑っていいとも!」から出てきたアイドル?な男性「いいとも青年隊」。かっこよかったいいとも青年隊に注目してみました!

6,936 view

「森田一義アワー 笑っていいとも!」

1982年から始まった平日昼12:00~13:00までの1時間に「楽しくなければお昼じゃない!」というコンセプトのもと、ギネスブックに記録が残るほどの間続いたバラエティ番組です。2014年に番組終了するまでの間帯番組として君臨し、終了後はタモロスなどと言われ流行語大賞にノミネートされたこともある。
番組のスタートは歌から始まり名物コーナーの「テレフォンショッキング」や各曜日のコーナーなどが行われ1時間の昼休憩が終わるといった流れでしたが。惜しまれつつ2014年の3月31日で終了した番組でした。

今回はその番組スタート時に必ず歌われていた「ウキウキWATCHING」を司会のタモリと一緒に歌って踊っていたいいとも青年隊に注目してみたと思います。
いいとも青年隊は放送スタート時から存在していて「いいとも青年隊」や「いいとも少女隊」などのようにその時々で名称を変え、登場するメンバーも変わっていきました。
次からは2年以上務めたメンバーを主に見ていきたいと思います。

いいとも青年隊(1982年10月4日~1985年3月29日)

「久保田篤」の検索結果 - Yahoo!検索(画像) (1661902)

久保田篤(くぼたあつし)
誕生日:1959年10月26日
出身地:福岡
血液型:O型

野々村真(ののむらまこと)
誕生日:1964年6月24日
出身地:東京
血液型:A型

羽賀研二(はがけんじ)
誕生日:1961年7月21日
出身地:沖縄県
血液型:B型
現在は個々で活動している人もいる3人の人気はうなぎ登りで甘いマスクと天然キャラっぽい感じが女性受けしていました。
この3人の活躍で番組終了までの期間に人気者になった人たちがたくさん輩出されるようになりました。

いいとも少女隊(1987年10月5日~1989年3月31日)

チャイルズ.jpg:デイリー・ビューティー・ウォッチの画像:So-netブログ (1662698)

磯野貴理子 (いそのきりこ)
誕生日:1964年2月1日
出身地:三重

久留龍子(ひさどめりょうこ)
誕生日:1964生5月1日
出身地:熊本県

茂原裕子(もはらゆうこ)
誕生日:1965年11月25日
出身地:神奈川県
バラエティ番組などで活躍している磯野貴理子が所属していたお笑いグループの「チャイルズ」が初代いいとも少女隊として活躍していました。

工藤兄弟(1992年3月30日~1994年9月30日)

双子タレント工藤兄弟の現在は? 元いいとも青年隊は年収4億円に? (1662727)

兄、工藤順一郎(くどう じゅんいちろう)
弟、工藤光一郎(くどう こういちろう )
誕生日:1972年2月9日
出身地:東京都
現在は体操教室などを運営しているという2人は一卵性双生児の兄弟ユニットで8代目いいとも青年隊を務めました。男性限定オーディション「第16回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞したことをきっかけに芸能界入りした経歴の持ち主です。

あさりど(1994年10月3日~1997年3月28日)

第18話 あさりど|ニューキングハナハナのブログ (1662740)

堀口文宏(ほりぐちふみひろ)
誕生日:1974年9月25日
出身地:埼玉県

川本成(かわもとなる)
誕生日:1974年7月13日
出身地:鳥取県
出典 ameblo.jp
萩本欽一が個人事務所として立ち上げた萩本企画にに所属しているタレントで欽ちゃん劇団第1期生として入団し1994年にコンビを結成します。9代目いいとも青年隊して活躍した後は舞台や個々の活動を主にしているようです。

With T(1997年3月31日~2000年3月31日)

「小笠原秀春」の検索結果 - Yahoo!検索(画像) (1662759)

小笠原 秀春(おがさわら ひではる)
誕生日:1973年12月17日
出身地:東京都

岸田健作 (きしだけんさく)
誕生日:1978年11月8日
出身地:東京
オーディションを経て結成された男性2組ユニットで10代目のいいとも青年隊を務めました。天才たけしの元気が出るテレビのコーナー「高校生制服対抗ダンス甲子園」に出場経験のある小笠原秀春はいいとも青年隊引退後に芸能界も引退し、岸田健作は紆余曲折を経て歌手として芸能活動をしているようです。

T3(2000年4月3日~2003年3月28日)

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

『チューペット(前田産業)』沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.49

『チューペット(前田産業)』沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.49

イラストレーター沼田健さんによる『昭和あるある』4コマ漫画! 懐かしいエピソードに共感して楽しんでもらうもよし、一人でノシタルジーに浸るもよし、あの頃昭和へプレイバック!!夏のアイスと言えばこれ!プール帰りによく食べたものです。
沼田健 | 1,731 view
バブル期にモテた男の絶対条件!「三高(高学歴、高収入、高身長)」について語るスレ。

バブル期にモテた男の絶対条件!「三高(高学歴、高収入、高身長)」について語るスレ。

1980年代末にメディアでよく使われてた流行語「三高」。主に男性に向けて使われていた言葉で、「高学歴」、「高収入」、「高身長」の頭文字をとった俗語。当時、女性が結婚相手の男性に求める条件として使われていた言葉ですが、ミドルエッジ女子ちゃんねるユーザさんはどのように使ってましたか?思い出やエピソードも教えて下さい!
少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

少女漫画『ときめきトゥナイト』が女性誌BAILAとコラボ!婚姻届が付録!初キスシーン等が描かれる!

池野恋による少女漫画『ときめきトゥナイト』。同作と女性ファッション雑誌BAILA(バイラ)7月号の別冊付録「婚BAILA」と連動した企画で、スペシャルな婚姻届が登場する。
フラれても負けじと猛アピールをするモテ男の岡村誉くん。椎名あゆみさん作品!『無敵のヴィーナス』

フラれても負けじと猛アピールをするモテ男の岡村誉くん。椎名あゆみさん作品!『無敵のヴィーナス』

『無敵のヴィーナス』である意味暗躍したのは誉くんではないでしょうか。今回は、ケンカップルの脇で引き立て役になっている彼の見逃しがちな彼の魅力を振り返ってみませんか?
me*me | 273 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

国民的長寿番組【笑っていいとも!】定番コーナーの【テレフォンショッキング】の出演最多ランキング!

国民的長寿番組【笑っていいとも!】定番コーナーの【テレフォンショッキング】の出演最多ランキング!

「笑っていいとも!」はフジテレビ系列で1982年10月~2014年3月までの32年間、毎週月曜から金曜日のお昼に生放送されていました。まさに国民的長寿番組だった番組のなかでも、定番コーナーの「テレフォンショッキング」にゲストとして出演した回数が多かった芸能人をランキングにしてみました。
ローズリー | 15,986 view
【笑っていいとも!グランドフィナーレ】で起きたハプニング!『キーマン』はとんねるず石橋ではなくダウンタウン松本だった!?

【笑っていいとも!グランドフィナーレ】で起きたハプニング!『キーマン』はとんねるず石橋ではなくダウンタウン松本だった!?

2014年3月31日に「笑っていいとも!」が終了。同日夜の【笑っていいとも!グランドフィナーレ】では、とんねるずとダウンタウン、爆笑問題、ナインティナインらの予期せぬ共演が実現しました。この芸能史に残るハプニングをまとめました。
青春の握り拳 | 10,146 view
『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

料理がうまくて、愛妻家…。そんな良き家庭人的なイメージで語られることの多いタモリ。しかし、過去に一度だけ、不倫疑惑を報じられたことがあります。今回はそんなタモリ唯一のスキャンダル“ひとみちゃん事件”について調べてみました。
こじへい | 7,446 view
84年の『いいとも』で繰り広げられた、タモリvs小田和正

84年の『いいとも』で繰り広げられた、タモリvs小田和正

昔、フォークソング嫌いを公言して憚らなかったタモリ。特にオフコースを名指しで批判していたために、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に、小田和正が来たときは、とんでもなく、険悪なムードになっていました。
こじへい | 6,012 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト