怪しかったサブリミナル効果。90年代後半に日本では放送禁止!映画やアニメで多用され問題視!
2017年6月11日 更新

怪しかったサブリミナル効果。90年代後半に日本では放送禁止!映画やアニメで多用され問題視!

サブリミナル効果とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のこと。アメリカでの実験でコカ・コーラ等を飲みたくなるといった結果が出たがその信ぴょう性が疑われた。その後日本でも映画、ドラマ、アニメで多用された。

36,536 view

『サブリミナル効果』の定義

サブリミナル効果とは、意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のこと。
例えば動画の中に、1枚の静止画を挿入するような状況で表れるとされる効果。

ある一定の時間内に極めて短時間の画像を挿入することで、視聴者は知らぬ内に、画像のイメージや画像に書かれた文言が潜在意識下に植えつけられてしまう。

サブリミナル

※世にも奇妙な物語「サブリミナル」の回の動画。
動画内で何度かサブリミナル効果を狙った文言が挿入されている。
画像が一枚表示されても、動画においてははっきりと認識することも難しいが、画像の視覚情報は脳が認識しているため、いつの間にか画像の情報が刷り込まれてしまうという。
自らの意識でコントロールしている情報ではなく、刷り込まれた情報(後述のコーラやポップコーン)に引き寄せられてしまう。また、視聴者は画像を挿入した者が意図する行動を取るとされる。
ハイネケンの広告

ハイネケンの広告

上下逆さに見るとお尻に見える。これも一種のサブリミナル効果として使われていたようだ。
ウィスキーの広告

ウィスキーの広告

「SEX」の文字。酒とロックと女はやはり切り離せない!

サブリミナル効果で、コーラやポップコーンの売上が向上!

1957年9月から6週間にわたり、市場調査業者のジェームズ・ヴィカリ(James M. Vicary)は、ニュージャージー州フォートリーの映画館で映画「ピクニック」の上映中に"実験"を行なったとされている。

ヴィカリによると、映画が映写されているスクリーンの上に、「コカコーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」というメッセージが書かれたスライドを1/3000秒ずつ5分ごとに繰り返し二重映写(フィルムのフレームを差し替えたと信じている人が多いが誤解である)したところ、コカコーラについては18.1%、ポップコーンについては57.5%の売上の増加がみられたとのことであった。
コカ・コーラ

コカ・コーラ

ポップコーン

ポップコーン

【サブリミナルの”効果”は信ぴょう性が低い?】

上記の実験の効果が実証されれば、非常に恐ろしくもあるが、人間の心理を逆手に取った遊び心のある表現が出来るのではと、当時の人々は思ったのではないだろうか。

しかし、映画館での実験を行ったヴィカリは、アメリカ広告調査機構の要請にも関らず、この実験のついての論文を発表しなかった。

翌年にはカナダのCBCが番組「クローズアップ」内で、ヴィカリの会社と新たな実験を行っている。番組で352回にわたり「telephone now(今すぐお電話を)」との文言を投影させた。しかし、一本の電話も無かったという。

後年、ヴィカリ自身「マスコミに情報が漏れた時にはまだ実験はしていなかった、データは十分にはなかった」という談話を残している。また、新潟大学の鈴木光太郎教授は、この実験そのものがなかったと指摘している。
誰も掛けてこなかった・・・。

誰も掛けてこなかった・・・。

世にも奇妙な物語の恐怖回「サブリミナル 」

サブリミナル効果を題材にしたドラマがフジテレビ「世にも奇妙な物語」内で放送された。放送日は1992年12月30日。主演は東幹久、共演は森本レオだった。

放送当時から5年後の近未来を描いた話。人口増加に拍車がかかり3億4000万人が住む日本が舞台。65歳以上の高齢者の比率も高くなり、彼らに対して政府が陰謀を仕掛ける内容。

その陰謀は高齢者をまるで家畜を処分するかのように、殺していく事だった。殺すと言っても殺し屋を雇う訳ではなく、多くの高齢者本人たちに自ら死を選ばせたのである。

政府はテレビCMのサブリミナル効果を用いて、自殺へ誘導していった。高齢者の自殺が社会問題へと発展していく中で、カラクリに気付いた新聞記者の西村(東幹久)と神野(森本レオ)が世間に公表しようとするが、政府側の人間によって阻止されてしまうのだった。
「バイバイ65 65才以上の者は自ら死を選べ」

「バイバイ65 65才以上の者は自ら死を選べ」

※劇中のテレビCMで一瞬挿入されていた文言

サブリミナル 世にも奇妙な物語

映画「ファイト・クラブ」でも使われたサブリミナル効果

劇中、ブラッド・ピット演じる架空の人物、タイラー・ダーテンが子供向けアニメ映画に一瞬だけ裸の女性を入れ、子供を泣かせるシーンがある。

他にもタイラーが数か所ちょこちょこと登場する。一瞬、登場し、消えていく。
これらはタイラーが実在しない事を暗に伝えるための手法として使われている。また、制作サイドが当時全盛だったサブリミナル効果を使ってみたかったのではと言われている。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 5,972 view
【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

【あなたはどっち?】投票結果!デロリアン V.S. ナイト2000、夏のセクシー対決など10本まとめ

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」懐かしい刑事ドラマ対決、自動車対決、セクシー対決など投票してもらうコーナー!みんなの投票結果をまとめました。
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,757 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 766 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト