街の正義を守るのは、元人間のロボット。ロボコップの過去って切ないですよね
2016年7月11日 更新

街の正義を守るのは、元人間のロボット。ロボコップの過去って切ないですよね

奇才ポール・バーホーベン監督がメガホンを取った最高のSFアクション映画ロボコップ。この映画のグロテスクなシーンは、トラウマになってしまう子供続出でした。監督のこだわりや裏話を加えつつ、ロボコップを振り返りたいと思います。

10,139 view

ロボットの警察官。。。だからロボコップ!

ロボコップ(1987年版)~男なら,たとえロボになっても自分を取り戻せ!!~|明日から真似したくなる漢の映画 (1705330)

監督 ポール・バーホーベン
脚本 エドワード・ニューマイヤー
   マイケル・マイナー
制作 アーン・L・シュミット
制作総指揮 ジョン・デイビソン
出演 ピータ・ウェラー
出演者 ピーター・ウェラー
    ナンシー・アレン
    ロニー・コックス
    カートウッド・スミス
    ミゲル・ファーラー
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
撮影 ヨスト・ヴァカーノ
撮影  ソル・ネグリン 
編集 フランク・J・ユリオステ
1988年2月11日公開
上映時間 103分
出典 ameblo.jp
このメタルボディに心奪われたのは私だけではないはずです。
彼の登場は、大人も子供も夢中になりました。そして、その存在は今でも世界中の人々に愛されています。
彼が、単なるロボットだとここまでは愛されていなかったと思います

愛されすぎて、日本のCMにも出演しました。。。覚えていますか?

正しい焼きそばはこれだ

正しい焼きそばはこれだ

寝袋プレゼントってやってましたよね。
なぜに寝袋だったんだろう。。。いや。欲しいっちゃ欲しいですけどね

高見盛関のニックネームも

角界のロボコップ

角界のロボコップ

と異名がありましたよね。

ロボコップのモデルは「宇宙刑事ギャバン」

宇宙刑事ギャバン

宇宙刑事ギャバン

映画製作の際、バーホーベンからバンダイの村上克司へ「宇宙刑事ギャバン」からのデザイン引用の承諾を求める手紙が届いたそうです。
「宇宙刑事ギャバン」を参考にロボコップは作られたんですって。
そうなると、ますます親近感沸きませんか?

監督ポール・バーホーベン

ラジー賞を笑顔で受け取るポール・バーホーベン

ラジー賞を笑顔で受け取るポール・バーホーベン

彼が1995年に手掛けた映画『ショーガール』でラジー賞ワースト監督賞を受賞してしまいました。
通常、監督はこのような不名誉な賞は受け取りにはいかないそうですが、彼は「蝶から芋虫になった気分だ」と満面の笑顔でコメントし、会場を沸かせたというエピソードがある。このエピソードを聞いたとき、私はこの監督が大好きになりました。
ラジー賞は受賞してしまいましたが、彼の手掛けた作品は「トータルリコール」「氷の微笑」「インビジブル」等々、大ヒットした作品が多数ありますよ。

最初は、ロボコップの台本を1ページ読んで床に投げ捨てた監督

エドワード・ニューマイヤーが暇つぶしに書き上げたといわれるロボコップの脚本。
アメリカ中の監督が
「は?ロボット警官?だっさ!無理!」
と撮影を引き受けなかったそうです。ポール・バーホーベンも例外なく、
「は?オランダから来たばっかで馬鹿にしとんのかぁ!!」
と言ったか言わなかったかはわかりませんが、1ページ読んで床に台本を投げ捨てたそうです。
監督の奥様の
「あら?あなた。よくよく目を通してごらんなさいな。シェイクスピアとはまた違うけど、これはこれで奥が深い作品よ」
という鶴の一声があって、監督がメガホンを取るに至ったというエピソードがあります。

そんなロボコップのあらすじを振り返りましょう

近未来。世界は混乱の極みに達し、叛乱鎮圧のため核爆弾が使われる時代だった。デトロイトでは旧市街が犯罪の巣窟と化し、警察経営を民間企業のOCP(オムニ・コンシューマー・プロダクツ)が請け負っていた。OCPは市街再開発のため、犯罪一掃をめざし、社長のオールドマン(ダニエル・オハーリー)が重役会議を召集した。保安担当のジョーンズ(ロニー・コックス)は巨大な警察ロボットEDー209を披露するが、公開実験は失敗に終わった。
新しい正義のロボット!ED-209!これで街の治安は守...

新しい正義のロボット!ED-209!これで街の治安は守られます!!!

 ”法務執行ドロイド(Enforcement Droid)”ED-209。これで、犯罪一掃やで!
とお披露目したのも束の間。この法務執行ドロイド、いきなりのご乱心!公開実験会場を惨劇の地獄絵図としてしまいます。参加した役員、木っ端微塵。しょっぱなから残酷なシーンをぶっこんできます。
ED-209さんご乱心

ED-209さんご乱心

もはや存在しているだけで治安が悪化する存在です。

The Fall of ED209 - YouTube こういっちゃなんだが、ちょっとかわいいED-209さん。

階段さえもろくに降りられないED-209さんのポンコツっぷり。
これほどまでに使えない奴だからこそ、ロボコップが誕生したんですけども。。。
私、モリオッティ的にフフッと笑ってしまったシーンです。
出典 youtu.be
OCP社長オールドマン

OCP社長オールドマン

オールドマンを演じたのはダニエル・オーハーリー。
ED-209の生みの親ジョーンズ

ED-209の生みの親ジョーンズ

保安担当のジョーンズを演じたのはロニー・コックス。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「はぐれ刑事純情派」藤田まこと演じるやっさんの人柄やママとの関係が面白かったですね!

「はぐれ刑事純情派」藤田まこと演じるやっさんの人柄やママとの関係が面白かったですね!

刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」1988年から2009年までテレビ朝日でシリーズ化されました。映画化もされた人気作品でした。
ひで語録 | 24,552 view
意外と知らない映画『ダイハード』の原作のお話

意外と知らない映画『ダイハード』の原作のお話

1作目から5作目まで公開された人気映画『ダイハード』。その原作はあまり知られていないことが多いですが、原作であれば結末が実は違っていたこともあります。そんな意外なエピソードをご紹介していきます。
ryotaro2480 | 4,807 view
【ニュー・シネマ・パラダイス】88年上映のイタリア映画の名作を振り返る

【ニュー・シネマ・パラダイス】88年上映のイタリア映画の名作を振り返る

『ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo Cinema Paradiso)』がきっかけとなってヨーロッパ映画に目覚めたというミドルエッジ世代も多いのではないでしょうか。シチリアを舞台に少年トトと映画技師のアルフレードの映画を通じて結ばれた深い絆、そして青年となったトトの叶わなかった淡い恋愛をエンニオ・モリコーネの美しい音楽が彩ったこの作品は、停滞していたイタリア映画の復活を強く印象付けた名作です。88年、ジュゼッペ・トルナトーレ監督作『ニュー・シネマ・パラダイス』を振り返ります。
Hamanasunohana | 365 view
【花のあすか組見参‼】ツッコミどころ満載⁉懐かしのあの人も!

【花のあすか組見参‼】ツッコミどころ満載⁉懐かしのあの人も!

大人気漫画のドラマ化。闇の組織に立ち向かう少女・九楽あすか。あすか組を立ち上げます。 九楽あすか演じる小高恵美さんはじめ、80年代のアイドル多数出演。アイドルファンのかたも必見です!!
annosuke | 2,752 view
初期の「それいけ!アンパンマン」は色々衝撃的!?

初期の「それいけ!アンパンマン」は色々衝撃的!?

1988年から放送が開始されたアニメ「それいけ!アンパンマン」初期のアンパンマンは、えげつないバイキンマンの倒し方をしたりストーリーの内容が怖いものもありました。
やすたけ | 733 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト