【白い雲のように】若き日の有吉の美声を堪能!猿岩石の楽曲を振り返る【コンビニ】
2018年7月1日 更新

【白い雲のように】若き日の有吉の美声を堪能!猿岩石の楽曲を振り返る【コンビニ】

1996年、『電波少年』におけるユーラシア大陸横断で、一躍ブレイクしたお笑いコンビ・猿岩石。当時、さまざまなバラエティ番組に引っ張りだこだった彼らは、数々のヒット曲を生み出し、コンサートツアーも行う歌手としても活動していました。今回は、そんな“アーティスト”猿岩石の名曲を振り返っていきたいと思います。

1,866 view

白い雲のように‐1996年12月21日リリース オリコン最高位3位

猿岩石の代表曲といえば、藤井フミヤ作詞×藤井尚之作曲によるデビューシングル『白い雲のように』。あてなき旅を連想させる歌詞と、旅情を喚起する切ないメロディは、ヒッチハイクの旅で出会いと別れを繰り返してきた彼らのテーマソングにピッタリ。1997年度年間11位という好成績を残したこともあり、時代を代表する曲としても認知されています。
白い雲のように

白い雲のように

しかし、この曲、リリース直後からヒットしていたわけではありません。筆者がはじめて『白い雲のように』を知ったのは、『COUNT DOWN TV』(TBS系)において。初週のランキングは20数位程度で、ちょっとした曲がかからなかったのを記録しています。しかし、ヒッチハイクでのユーラシア大陸横断という偉業を達成したがゆえに、メディアから引っ張りだこになると、曲の売り上げも右肩上がりに。4週目で初のトップ10入りとなる4位になり、その後も長らく、ヒットチャートの上位を、それこそまるで、雲のように浮いたり沈んだりしながら揺蕩っていました。

猿岩石ツアー/白い雲のように

『ツキ』‐1997年3月19日リリース オリコン最高位4位

ツキ

ツキ

「HEY!HEY!ど~にかな~るだろ~!」

この冒頭の歌詞。当時、耳にタコができるほどよく聴きました。なぜなら、この猿岩石二枚目のシングル『ツキ』は、エースコック『スーパーカップ』のCMソングとして、頻繁に放送されていたからです。それにしても、耳に残るキャッチーな歌詞だなと思って調べてみると、作詞担当が高井良斉(秋元康のペンネーム)ということで納得。というか、『白い雲のように』も秋元康のプロデュースだし、この『ツキ』以降もほとんどの楽曲で「作詞:高井良斉」とクレジットされていることから、猿岩石は秋元康プロデュースのタレントだったのだと気付かされます。ということでうまく時流に乗れば、“第2のとんねるず”となる目もあったのかも知れません…。

『コンビニ』‐1997年3月19日リリース オリコン最高位6位

3枚目のシングルにして初のバラード。当時はまだ「コンビニ」というフレーズがなんだか初々しかった時代。当時、住んでいる家の付近にコンビニが出来て、その便利さ・使い勝手の良さに感動を覚えたのはきっと筆者だけではないことでしょう。

このシングル『コンビニ』の中で歌っているのは、かわいいコンビニ店員に恋した客の男の心情。
コンビニ

コンビニ

作詞:高井良斉、作曲:兼元一也、編曲:CMJK
雑誌立ち読みしながら来るのを待ったけど
今夜も1人肉まんを食べながら帰るよ

必要ないコピーを何枚も取ったりして
コンビニの中で偶然を待ってた僕さ
出典 コンビニ 歌詞より
コンビニで売られている象徴的な商品や実施されているサービスを無理くり歌詞に詰め込んでいくあたりが、いかにも、『ポケベルが鳴らなくて』『着信のドレイ』『インフルエンサー』『ワロタピーポー』など、その時々で流行りのモノ・コトバを歌にしてきた秋元康らしいといえます。

『君の青空』‐1997年6月18日リリース オリコン最高位5位

君の青空 「猿岩石 with バーサス」

君の青空 「猿岩石 with バーサス」

作詞:高井良斉、作曲:宮崎歩、編曲:武沢豊・宮崎歩
このシングルには、猿岩石が所属する太田プロの女芸人・VERSUSも抱き合わせで参加。VERSUSの亀村と伊藤は高校時代・バンドを組んで活動していただけあって歌心はバツグン。同曲では猿岩石の2人に合わせて、きれいなハモリを披露しています。

『オエオエオ!』‐1997年9月3日リリース オリコン最高位27位

オエオエオ!

オエオエオ!

作詞:高井良斉、作曲:Bro.KORN、編曲:CHOKKAKU
秋元先生的には、猿岩石をとんねるずのように、リリースするCDが長らくオリコン上位に食い込み、果ては東京ドーム公演も成し遂げるようなスターへと育てたかったのかもしれません。しかし、残念ながら2人にそこまでの器量はなく、この5枚目のシングル『オエオエオ!』で早くも失速気味に。既にマンネリなムード漂っていた「猿岩石・歌手プロジェクト」には、何らかの「新しさ」が求められていました。

猿岩石 オエオエオ!

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「猿岩石」のじゃない方芸人だった『森脇和成』!解散からを追ってみた!!

「猿岩石」のじゃない方芸人だった『森脇和成』!解散からを追ってみた!!

1994年にお笑いコンビ「猿岩石」としてデビューし、電波少年のヒッチハイク企画では一時期、超人気者にまでなりましたが、その後は「猿岩石」解散と同時に事務所を退所しています。更にその後は何をしていたのでしょうか?
ギャング | 7,493 view
いまをときめく有吉弘行さん、若き日に電波少年で猿岩石としてブレイクした時代も魅力的でした!

いまをときめく有吉弘行さん、若き日に電波少年で猿岩石としてブレイクした時代も魅力的でした!

「猿岩石」一発屋芸人のポジションから華麗に復活し、いまや押しも押されぬ一流芸人として大人気の有吉弘行さん。若き日の電波少年での活躍も大好きでした。そんな有吉弘行さんの猿岩石時代のブレイクと再ブレイクについて、振り返りましょう。
青春の握り拳 | 16,985 view
「有吉弘行」再ブレイクの踏み台?あだ名をつけられた有名人辞典!【総勢300名以上】

「有吉弘行」再ブレイクの踏み台?あだ名をつけられた有名人辞典!【総勢300名以上】

再ブレイクの代表格といえば有吉さんですが、きっかけとなったのは即興であだ名をつける芸でしたよね。そこで有吉さんにあだ名をつけられてしまった(?)有名人のみなさんを一挙まとめてみました。300名超いますので50音順で並べてみました。
青春の握り拳 | 239,755 view
「待たせたな!」でお馴染み、暴走族コントで人気だった!『コント赤信号』!!

「待たせたな!」でお馴染み、暴走族コントで人気だった!『コント赤信号』!!

1980年代に渡辺正行さん扮する暴走族の兄貴ネタで大ブレイクした『コント赤信号』。現在では渡辺さんも『M-1グランプリ』の審査員をされるなど大御所ですが、若い頃は体を張っていました。
ギャング | 1,704 view
水曜日のダウンタウンでロード㐧15章を大募集!”ちょうど2年前”に14章を発表!

水曜日のダウンタウンでロード㐧15章を大募集!”ちょうど2年前”に14章を発表!

TBS系列で放送中のバラエティ「水曜日のダウンタウン」にて、あの90年代を代表するヒット曲「ロード」の㐧15章を作る人を募集していることが明らかとなりました。現在、番組公式サイトにて募集を開始しています。
隣人速報 | 497 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト