アメリカの「発明家」へ「スティーヴィー・ワンダー」発注の【シンセサイザー】について調べた
2017年8月19日 更新

アメリカの「発明家」へ「スティーヴィー・ワンダー」発注の【シンセサイザー】について調べた

ある発明家が、ある理由により、スティーヴィー・ワンダー発注のシンセサイザーを作りました。今回はそれを調べてました。

1,462 view

まず「シンセサイザー」の定義とは?

シンセサイザー(英語: synthesizer)は、一般的には主に電子工学的手法により楽音等を合成(英語: synthesize:シンセサイズ)する楽器「ミュージック・シンセサイザー」の総称。電子楽器、音源と呼ばれることもある。

命名したのは誰?

1956年頃 (1955年説もある)、RCAプリンストン研究所の ハリー・オルソンとハーバード・ベラーが「RCA マークII サウンド・シンセサイザー」(RCA Mark II Sound Synthesizer) という真空管製でパンチテープ制御式のコンピュータ用音源を開発し、1957年コロンビア大学に同機は設置された。

「スティーヴィー・ワンダー」発注のシンセサイザーの開発者とは?

レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)

レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)

・誕生日
 1948年2月12日
・職業
 アメリカ合衆国の発明家
 実業家
 フューチャリスト
人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点(technological singularity)に関する著述で知られる。代表的な発明にオムニ・フォント式OCRソフト、フラットベッド・スキャナー、Kurzweilブランドのシンセサイザー「K250」、文章音声読み上げマシーン(カーツワイル朗読機)などがある。

生い立ち

ニューヨーク・クイーンズにドイツから亡命したユダヤ系移民の子として生まれる。1960年12歳の時、コンピュータに触れ、以後夢中となり、統計分析のプログラムや作曲を行うようになる。高校生の時テレビ番組『私の秘密』(“I've Got a Secret”)に登場し、コンピューターに作曲させた音楽を披露。同発明で、国際科学フェア第一位を受賞、ホワイトハウスでリンドン・ジョンソン大統領からウェスティングハウス・サイエンス・タレント・サーチ賞を受賞する。
マサチューセッツ工科大学在学中20歳のとき起業し、諸大学のデータベースを構築して大学選択のプログラムを作った(後に10万ドルで売却)。1974年カーツワイル・コンピューター・プロダクツ社を設立。以後数々の発明を世に送り出す。アメリカの「発明家の殿堂」に加えられた。

開発動機

1982年、スティーヴィー・ワンダーがロサンゼルスに設立した新しいスタジオに招待された際に、スティーヴィーに「コンピューターを使って本物の生楽器の音を再現することは出来ないだろうか?」と尋ねられたのをきっかけに、同年、スティーヴィーをミュージックアドバイザーに迎えてカーツウェル・ミュージック・システムズを設立し、シンセサイザーの開発に乗り出す。1984年には初の製品であるKurzweil K250を世に送り出す。
 (1907159)

スティーヴィー・ワンダーのアイデアというのはうっすらと何かの本で読んでいて知ってはいたのですが、発明家とミュージシャン、結構真剣なやりとりがあって仕上がったのでしょうね。
欲しいというメッセージを受けて、シンセサイザー「K250」を作ってしまうカーツワイルは努力を惜しまない天才だと思います。

「Kurzweil」ブランドのシンセサイザー「K250」開発

「K250」

「K250」

「K250」を動画でどうぞ!

Kurzweil K250 Digital Sampler Synth Demo (Video)

今となっては結構古い型ですよね。
しかし音には味があります。
綺麗な音や刺激的な音もしっかり出ており、個人的には古い映画を観ているようなノスタルジックな気分になります。

ちなみに80年代のシンセサイザーを使用した楽曲

Stevie Wonderたちのパフォーマンス Synthesizer Showdown at the 1985 Grammys

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
江口寿史がイラストを担当!懐かしの名盤を振り返る『音楽の記憶―僕をつくったポップ・ミュージックの話』が好評発売中!!

江口寿史がイラストを担当!懐かしの名盤を振り返る『音楽の記憶―僕をつくったポップ・ミュージックの話』が好評発売中!!

株式会社自由国民社より、作家・印南敦史によるエッセイ『音楽の記憶――僕をつくったポップ・ミュージックの話』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 851 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
1970~80年代のダンス・クラシックスを空耳カバーした【ダンス☆マン】

1970~80年代のダンス・クラシックスを空耳カバーした【ダンス☆マン】

1970~80年代のダンス・クラシックスを空耳カバーしたダンス☆マンは、カバー曲だけではなくオリジナルや多くのアーティストのアレンジャーとしても活躍しています。さっそくダンス☆マンを振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 2,035 view
松任谷由実の日本語詞による小林麻美「雨音はショパンの調べ」も有名なガゼボ「I Like Chopin」

松任谷由実の日本語詞による小林麻美「雨音はショパンの調べ」も有名なガゼボ「I Like Chopin」

1980年代のイタロディスコの中でかなり有名なガゼボの「I Like Chopin」。この曲は日本でも松任谷由実さんが日本語歌詞をつけて小林麻美さんが「雨音はショパンの調べ」という邦題で歌いました。さっそく聞き比べてみましょう。
つきねこ | 1,859 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト