プラレールの歴史と今でも買える懐かしい車両
2017年1月23日 更新

プラレールの歴史と今でも買える懐かしい車両

今でも子供に大人気のプラレール。子供の頃遊んだ人も多いのではないでしょうか。ここではプラレールの歴史と懐かしの車両をチェックしてみましょう。

16,246 view

プラレールの歴史

プラスチック汽車レールセット(1959年発売)

プラスチック汽車レールセット(1959年発売)

プラレールの原型と言われる「プラスチック汽車レールセット(1959年発売)」このおもちゃは手で転がして遊ぶスタイルで電池を入れるタイプではありませんでした。
電動プラ汽車セット(1961年発売)

電動プラ汽車セット(1961年発売)

プラスチック汽車レールセットが発売されて、わずか2年で電池を使って走る車両が発売されました。今のプラレールでも基本が3両編成というのはこの時代から変わらないそうです。
1964年には新幹線も発売

1964年には新幹線も発売

当時の定価は400円ほどですが、初任給が1万円前後だった時代です。
国鉄103系電車(1968年)

国鉄103系電車(1968年)

昭和生まれなら必ず乗った国鉄103系電車も発売されました。この商品は改良を重ねながら1994年まで継続販売されていました。

基本は50年前と変わらないけど、細かく改良されてきました

レールのサイズは変わらず

レールのサイズは変わらず

なんと50年間もレールのサイズが変わってません。昔買ったレールでも現在売っているレールと連結できてしまう!子供の世代までプラレールを取っておきましょう。
地味に変わるレール

地味に変わるレール

昔のレールはツルツルレールでした、今のレールはギザギザになり坂などを作った時に滑ることも無くなりました。
車両の連結部品も変わった

車両の連結部品も変わった

子供が車両を取り扱うので、まあ乱暴になってしまい連結部品もよく壊れてしまいますね。これも、初代から地味に改良が加えられています。
ライトが付いたら車両

ライトが付いたら車両

車両の方も改良されて、ライトの付いた物が発売されたり。
サウンド付き車両

サウンド付き車両

サウンド付きの車両が出てきたり。江の電の音がします。

今でも購入可能!昔の懐かし車両

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【みんな遊んだプラレール】猛者、今度は第三軌条集電をプラレールで!

【みんな遊んだプラレール】猛者、今度は第三軌条集電をプラレールで!

以前、架線集電式のプラレールを作った猛者の動画を紹介しましたが、この作者さんが、今度はあろうことか第三軌条集電方式のプラレールを作り動画に上げてくださいました。どこまで技術屋さんなんだ!と思いますが、とにかくすごいの一言です。
ジバニャンLOVE | 1,010 view
JR各社で新幹線などの車内販売が続々と終了!かにめしまで!「携帯茶」同様に過去の風景となるのか?

JR各社で新幹線などの車内販売が続々と終了!かにめしまで!「携帯茶」同様に過去の風景となるのか?

ミドルエッジ世代が新幹線の旅行などでお世話になっている車内販売。現在、JR各社が続々と車内販売の終了を発表しているのを皆さんご存知でしょうか?
隣人速報 | 2,328 view
1959年から世代を超えて愛される〝プラレール〟の60周年を記念して新商品やコラボやイベントが大登場!

1959年から世代を超えて愛される〝プラレール〟の60周年を記念して新商品やコラボやイベントが大登場!

1959年に発売が始まって以来、昭和に平成にと世代を超えて愛されている〝プラレール〟 その60周年を記念して、新商品が登場したり駅や駄菓子とコラボーレーションしたりと大活躍のようです。今までに発売されたレールを全てつなげると地球を2周半できる距離になるとか。
ピンクがかわいい「ハローキティ新幹線」が6月30日運行開始!「一番列車」の指定席券は予約が殺到!

ピンクがかわいい「ハローキティ新幹線」が6月30日運行開始!「一番列車」の指定席券は予約が殺到!

JR西日本・山陽新幹線500系こだま号をハローキティで覆った可愛い車体など、ピンクのリボンを基調とした印象的な車体のイメージが公開されました。「ハローキティ新幹線」は6月30日から運行開始。新大阪-博多間を同車両が1日1往復します。
【わたしを弘前城の桜祭りに連れてって】1980年の国鉄で東京から弘前まで行ってみたら。

【わたしを弘前城の桜祭りに連れてって】1980年の国鉄で東京から弘前まで行ってみたら。

全国的にも非常に有名な、青森県弘前市の弘前城の桜。北国であるため、大都市圏で桜が完全に咲き終わった後に再び桜を楽しめるところとして貴重な観光地です。そこに、1980年の時刻表で行ったらどんな旅になるのでしょうか。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト