『神風怪盗ジャンヌ』ヒロイン・まろんとヒーローの稚空(ちあき)の微エロな恋の行方にはドキドキハラハラさせられましたね
2018年7月3日 更新

『神風怪盗ジャンヌ』ヒロイン・まろんとヒーローの稚空(ちあき)の微エロな恋の行方にはドキドキハラハラさせられましたね

りぼんっ子ではおなじみ、種村有菜さん。彼女の作風はなぜかノスタルジックな雰囲気を感じさせられる彩りでしたね。りぼんと言えば男女間の恋模様。『怪盗ジャンヌ』では、稚空のエロいセリフに翻弄されまくったまろんはとても可愛く、二人の関係はりぼんにしてはギリギリな表現があり、えっちな妄想をかき立てられたのでは?

894 view

怪盗ジャンヌとは…

 (2025851)

まろんは一見フツーの女の子。でも実は、世間を騒がせている怪盗ジャンヌだった!?
絵画にひそむ悪魔を退治するため、今宵も月明かりの空をとびまわる…。種村有菜さんの代表作!

怪盗ジャンヌの主な登場人物

名古屋稚空(なごや ちあき) / 怪盗シンドバッド&日下部まろん(くさかべ まろん) / 怪盗ジャンヌ

 (2025859)

まろんの方がヒロインで、稚空の方がヒーローです。
二人とも、準天使に選ばれて怪盗という名を名乗って世間を騒がせています。
二人の目的は絵画に潜んでいる悪魔を浄化するために絵画を狙っていきます。
どちらも高校生二年なため、学園もの&ファンタジー設定ということになるでしょうか。
ふつうの男女子高生が夜には、絵画を浄化するために変身し、悪魔(敵)と戦い、悪魔に毒された人を救うという活劇ストーリーとなっています。

怪盗ジャンヌのストーリー あれこれ

 (2025893)

一見、明るくて可愛い女の子。
しかも、新体操部所属のエース。
親友の都とわいわいやりながら学園生活を送ってますが、
離婚寸前で別々に外国に行ってしまった両親がおり、どこか(恋)愛に対しては臆病気味です。
怪盗をやるきっかけになったのは準天使のフィンとの出会いから。
実は、まろんは、ジャンヌ・ダルクの生まれ変わりで、
魔王がひそませた絵画の悪魔を回収することで、
いつかとびっきりのごほうびをもらうために奮闘する毎日。
でも彼女にはこんな弱さがあって…。

怪盗になったのは、離婚した両親が元の通りに仲良しになることを望んだゆえ。
(怪盗を続けることで力の源を手にし、準天使であるフィンが願いを叶えてくれる)
“両親のいない一人の夜”は、怪盗になって悪魔にとり憑かれた人を助けるのに尽力するまろんもとい怪盗ジャンヌは、強さを発揮し、手ごたえを得ます。
その手ごたえはいつしか弱さを隠せる安らぎの時間となります。

そんなまろんの邪魔をする、怪盗シンドバット(稚空)は、出会い頭、まろんに好意を寄せます。
それは、怪盗を辞めさせるためで、はじめ「あんなのただのきまぐれだよ」と相棒のアクセスにつぶやきますが、まろん屈託ない性格や背景を知っていくといつしか真剣に変わっていくのでした。
ほっぺにちゅーしたり、(※たぶんイケメンでファンタジーだから許される)からかったり、
まろんをどきどきさせます。
そしていつも来ない手紙を待つまろんに稚空は代わりに郵便届けに手紙を入れたりなんかします。
(ex.「グラタン食べたい」)
なぜ優しくしてくれるのか、すべては「怪盗ジャンヌ」をやめさせるためだと知ったまろんは傷つきます。
稚空も稚空で、自分の心の変化に気づいて動揺しまくって、さらに「うそつき!」とまろんに言われ超動揺しまくる稚空は可愛かったですね。

名セリフ一覧

ご両親となかなか会えない全くんになかなか会えない両親を持つまろんは境遇を重ね合わせます。そんなとき、全くんは悪魔に取りつかれていて、絶体絶命時にこんなセリフをつきます。
もうなんとも言えないほど惚れちゃうほど健気ですね…!
ここにまろんの性格とか信念がぎゅうっと詰まっているような気がします。
りぼんっ子がまろんを愛さずにいられなかったのはこのところにあるのではないでしょうか。
稚空の優しさが怪盗をやめさせるためだと知っても、
「なにかわけがあるのだ」と考えを改め、信じると言い切り、
こう宣言します。いやもう。
可愛いを通り越してかっこいい。
“明日も会いたい。”
これはもう告白ですね。最強やでぇ……!(〃ノωノ)

そんな怪盗ジャンヌ!
いろいろそんなこんなでハラハラドキドキがありましたが、
処女であるが故の「純潔性」が力の源であるとされたため、
ロザリオを使って変身できなくなるかも!?といったシーンや
ロザリオが石化し、怪盗ジャンヌへ変身ができなくなってしまったシーンも……!

そんな思い入れの深いロザリオがおもちゃでありましたね!

怪盗ジャンヌ関連おもちゃ

「ロザリオルージュ」

「ジャンヌダルクよ力をかして」「強気に本気」「無敵に素敵」「元気に勇気」「神の名のもとに、闇より生まれし悪をここに封印せん!チェックメイト!」など決め台詞が17種類ほどありました。ちょっと意味が分からないセリフもありますね…
あとはおしゃべり時計やミニゲームも遊べました。
 (2027071)

「プティクレア」

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

ハローキティやマイメロディと並ぶ大人気のサンリオキャラクター『リトルツインスターズ』!75年に生まれた双子の姉弟「キキ」と「ララ」を覚えていますか?
ロングアゴー | 2,739 view
川原由美子さんが描いた少女から大人への階段を上る成長ストーリー『ばいばいストロベリー』

川原由美子さんが描いた少女から大人への階段を上る成長ストーリー『ばいばいストロベリー』

「変わらないものなんてない、心は移ろいながら時を重ねて深みを増していくものだから」と私たちにやさしく教えてくれる変化と成長のストーリー。『ばいばいストロベリー』その内容に迫りましょう!
me*me | 192 view
東映魔女っ子シリーズの異色作、主人公はサイボーグ少女なのに使う力はミラクルパワー『ミラクル少女リミットちゃん』

東映魔女っ子シリーズの異色作、主人公はサイボーグ少女なのに使う力はミラクルパワー『ミラクル少女リミットちゃん』

東映魔女っ子シリーズ六作目にあたる本作は、もしかしたら一番マイナーで異色な作品かもしれません。 なにせ主人公はサイボーグ。使う力は「ミラクルパワー」といって、胸のダイヤルをひねる事でサイボーグパワーを切り替えるという、もうそれは魔法じゃないような……。そんな「表向きは」女児向けの本作を振り返ります。
岸辺ミル | 1,871 view
男性アイドル「豊川誕」の境遇◎薬物逮捕・自殺未遂からの更生

男性アイドル「豊川誕」の境遇◎薬物逮捕・自殺未遂からの更生

捨て子という境遇やジャニーズのスキャンダルばかりが話題になる豊川誕のアイドル時代を振り返ってみた。 持ち前の運動神経の良さ、歌の巧さに加え、作詞・作曲を手がけ、バンドでギター演奏もする。孤独の影の中にある甘さと生命力を感じるイケメンだ。40年経ったいまも輝いている。 ジャニーズの男性アイドルに対する鋭い目利きに脱帽する。

関連する記事こんな記事も人気です♪

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

1955年の創刊以来、少女文化をリードし続けている少女漫画雑誌『りぼん』の「ふろく」に焦点を当てた展覧会「LOVE♥りぼん♥FUROKU」展が、12月8日から2017年2月5日まで「京都国際マンガミュージアム」(京都市中京区)で開催される。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 579 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 1,995 view
フラれても負けじと猛アピールをするモテ男の岡村誉くん。椎名あゆみさん作品!『無敵のヴィーナス』

フラれても負けじと猛アピールをするモテ男の岡村誉くん。椎名あゆみさん作品!『無敵のヴィーナス』

『無敵のヴィーナス』である意味暗躍したのは誉くんではないでしょうか。今回は、ケンカップルの脇で引き立て役になっている彼の見逃しがちな彼の魅力を振り返ってみませんか?
me*me | 251 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト