平松愛理、ロード、夢withyou【オリコンウィークリー1993年4月5日号より】
2018年3月15日 更新

平松愛理、ロード、夢withyou【オリコンウィークリー1993年4月5日号より】

CDなどの売り上げランキングを知るには欠かせない「オリコン」。一方でその時激アツのアーティストへのインタビュー記事なども興味深いものがあります。今回、「特に個人的に懐かしいネタが揃っているな~」と感じた、1993年4月5日号から、3点ご紹介します。

1,529 view

オリコンウィークリー 1993年4月5日号 表紙。

オリコンウィークリー 1993年4月5日号 表紙より引用。 (1986685)

via オリコンウィークリー 1993年4月5日号 表紙より引用。
「Single is Best!?」を出した平松愛理さんが表紙を飾っています。

平松愛理-Single is Best!?

「部屋とYシャツと私」で、結婚する喜びの気持ちを歌った平松愛理さんですが、この「Single is Best!?」では、結婚する不安、というより「独身の自由さ」と「結婚する幸せ」とどちらを取ればいいの?という、揺れる女心を歌っています。
オリコンウィークリー 1993年4月5日号 4ページより引用。 (1986719)

via オリコンウィークリー 1993年4月5日号 4ページより引用。
オリコンウィークリー 1993年4月5日号 5ページより引用。 (1986721)

via オリコンウィークリー 1993年4月5日号 5ページより引用。
平松愛理さん自身は、「結婚ってよくわからない。昔はお兄チャンと結婚する、とかアブナイことを言っていた少女だった。」と語っています。
そして、今では、「価値観の同じとかそういうものもあるけど、お互いにないものを補い合う関係ってものがいいのではと思っている。独身が最高!なんてあり得ないと信じている。だから曲のタイトルにも「!?」のマークをつけた。」と語っています。
実際、この翌年に、平松さんは清水信之さんとご結婚されています。

「ロード」ヒット中のTHE 虎舞竜が登場。

オリコンウイークリー 1993年4月5日号 3ページから引用。 (1986749)

via オリコンウイークリー 1993年4月5日号 3ページから引用。
有線放送から徐々に順位を上げ、この時ついにミリオンセラーを達成しました。
シングルは初登場27位から、そして有線放送では初登場71位からのし上がってきた、まさに「竜」のごときバンドですね。

レコーディングは1週間で完了した。

高橋ジョージさんは、「レコーディングは1週間で完了した。」と述べています。
「音楽というものは、時間と質は比例しない。」というのが持論のようです。
「質にこだわるとプレッシャーになり、それでつぶれていったアーティストも見てきた。だから200時間かけて作るよりも、200時間リハーサルして、1時間で一番いいテイクを録ればいい」と述べています。

「大衆に愛されてこそ生きる道」。

「ロード」の歌詞にあるように、自分たちは「なんでもない」バンドである、と述べています。次のシングルでコケることだってある。と冷静な発言。
有線放送の人がこの曲の価値を見出し、宣伝費もないなか、地道なプロモーションを展開した。それが実ってこのようなヒットにつながった、と述べています。

THE 虎舞竜「ロード」PV

20年たってもこの1曲で印税が1200万円入ってくる、と報じられるなど、莫大な富を得たTHE 虎舞竜。
音楽ビジネスとして策略を練って生み出したヒットではなく、地道にプロモーションを展開していった結果、多くの人の耳に届くようになり、何年たっても「大衆に愛される作品」であり続けているのが、この曲の醍醐味なのだと思います。

本城裕二「夢 with you」。

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

豪華アーティスト7人が参加した「USED TO BE A CHILD」プロジェクト

豪華アーティスト7人が参加した「USED TO BE A CHILD」プロジェクト

「少子化」がにわかに問題になった1993年、「子供たちが育ちやすい環境をつくる手伝いがしたい。」と、7人のアーティストが集まり、「USED TO BE A CHILD」というユニットが立ち上がりました。このユニットに託した7人の思いをご紹介します。
ジバニャンLOVE | 3,234 view
【ねずみっ子クラブ・GAO・辛島美登里登場】オリコンウイークリー【1993年1月後半,2月前半から】

【ねずみっ子クラブ・GAO・辛島美登里登場】オリコンウイークリー【1993年1月後半,2月前半から】

ミリオンヒットだらけのチャートとなっている1993年1月,2月の「オリコンウイークリー」。記事の中ではGAO、辛島美登里といった有名どころのインタビューの中に、「ねずみっ子クラブ」という謎のユニットのデビューも。1993年1月25日、2月1日、2月8日号からご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,053 view
【1993年洋楽】エンダーイヤーはこの曲!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1993年洋楽】エンダーイヤーはこの曲!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1993年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 246 view
【燃いぜ!!】熱き誤植の果て【VOW5から誤植ネタ】

【燃いぜ!!】熱き誤植の果て【VOW5から誤植ネタ】

1993年に発行された宝島社発行「VOW5」。ここには、「燃いぜ!」という、VOWファンには後世まで語り継がれている誤植をはじめ、ウキウキするようなネタがつまっています。そこからご紹介します。
ジバニャンLOVE | 5,192 view
「’80はすごい時代だった」と男闘呼組・高橋一也語る【オリコンウイークリー1990年2月5日号】

「’80はすごい時代だった」と男闘呼組・高橋一也語る【オリコンウイークリー1990年2月5日号】

世の中に激動ではない時代など存在はしないですが、やはり「1980年代は激動の時代だった。」と思うのは誰しも認めるところでしょう。この号のインタビューの中で、男闘呼組・高橋一也さんが語っています。
ジバニャンLOVE | 5,791 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト