2018年2月7日 更新

【ねずみっ子クラブ・GAO・辛島美登里登場】オリコンウイークリー【1993年1月後半,2月前半から】

ミリオンヒットだらけのチャートとなっている1993年1月,2月の「オリコンウイークリー」。記事の中ではGAO、辛島美登里といった有名どころのインタビューの中に、「ねずみっ子クラブ」という謎のユニットのデビューも。1993年1月25日、2月1日、2月8日号からご紹介します。

492 view

各号の表紙

1993年1月25日号

オリコンウイークリー 1993年1月25日号 表紙より引用。 (1973298)

出典 オリコンウイークリー 1993年1月25日号 表紙より引用。

1993年2月1日号

オリコンウイークリー 1993年2月1日号 表紙より引用。  (1973301)

出典 オリコンウイークリー 1993年2月1日号 表紙より引用。 

1993年2月8日号

オリコンウイークリー 1993年2月8日号 表紙より引用。 (1973302)

出典 オリコンウイークリー 1993年2月8日号 表紙より引用。
プリプリ、渡辺美里は知っていますが、SEPIA'N ROSESというバンドは知りませんでした。
SEPIA'N ROSESについてはこちらの記事をどうぞ。

「ねずみっ子クラブ」デビュー。

昭和レトロ アイドルグループ ねずみっ子クラ... - ヤフオク! (1973314)

ねずみっ子クラブは、日本テレビ『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』内で結成された女性アイドルユニット。同番組のゴングショーのコーナーの1つ「セクシー小学生コンテスト」の出場者の中から、メンバーが選抜された。

秋元康が「かつてプロデュースしたおニャン子クラブ(猫)に続くものはねずみだろう」との発想から誕生したグループだったが、CDの売上は振るわず、1年程で解散した。
ありゃりゃりゃ、あの秋元康さんでもうまくいかなかったプロジェクトはあったんですね。

ねずみっ子クラブ ねずみ算がわかりません

歌を聴くと、まんま「おニャン子」の世界ですね。
1993年は既にJ-POP全盛期、このスタイルは時代に合わなかったか・・・。

GAOさん登場。

【8cmCD】GAO / 夢のひと - ヤフオク! (1973335)

「サヨナラ」の大ヒットで一躍トップアーティストに上り詰めたGAOさん。
しかし、インタビューでは、「自分に自信がないんですよ。紅白に出たことも、ミリオンセラーを出したことも、数か月したら実感できるのかもしれない。」とのこと。
そして、パワーの源は、「自信がないから、自信を持ちたい!という気持ちが、パワーを生み出すんです。」と答えています。

サヨナラ/GAO【公式】

今のところ大ヒットはこの1曲のみのようにも思いますが、この1曲は本当に珠玉です。
間違いなく一時代を作った人。ミドルエッジ世代の方にとってはずっと忘れられない曲だと思います。
この記事によると、GAOさんはどんどんアーティスティックな方向に進化していますね。
今はご自分に自信もついたことでしょう。

辛島美登里さんも登場。

「生活の中にある些細な感動を大切にしていきたい」。

CD 8cm 辛島美登里   サイレント・イブ / ... - ヤフオク! (1973369)

インタビューによると、辛島さんは生き物を育てるのが「凄い」好きとのことです。ただ、動物を育てるのは忙しくて時間がないため、植物を育てているそうです。
「物を言わない物が淡々と営みを続けてるっのって、凄い素敵だなと思う」と、やはりシンガーソングライターらしく繊細な感性を持っているんだなあ、と思います。

実は空耳アワー好きな辛島さん。

1992年から続くテレビ朝日系「タモリ俱楽部」の1コーナーである「空耳アワー」。
当初はナレーターの武田広さんだけでしたが、1994年から辛島さんが「そらみみいーあーわあー」のジングルを合唱していて、2018年の現在に至るまで使われています。

【空耳アワー】2005年12月2日【タモリ倶楽部】

最初に右下に出てくる「HIROSHI&MIDORI」というクレジットの「HIROSHI」はナレーターの武田広さんで、「MIDORI」が辛島美登里さんです。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

豪華アーティスト7人が参加した「USED TO BE A CHILD」プロジェクト

豪華アーティスト7人が参加した「USED TO BE A CHILD」プロジェクト

「少子化」がにわかに問題になった1993年、「子供たちが育ちやすい環境をつくる手伝いがしたい。」と、7人のアーティストが集まり、「USED TO BE A CHILD」というユニットが立ち上がりました。このユニットに託した7人の思いをご紹介します。
「’80はすごい時代だった」と男闘呼組・高橋一也語る【オリコンウイークリー1990年2月5日号】

「’80はすごい時代だった」と男闘呼組・高橋一也語る【オリコンウイークリー1990年2月5日号】

世の中に激動ではない時代など存在はしないですが、やはり「1980年代は激動の時代だった。」と思うのは誰しも認めるところでしょう。この号のインタビューの中で、男闘呼組・高橋一也さんが語っています。
ジバニャンLOVE | 3,835 view
チャゲ&飛鳥の曲をミポリンが歌うとこうなった【オリコンウイークリー1990年1月22日号】

チャゲ&飛鳥の曲をミポリンが歌うとこうなった【オリコンウイークリー1990年1月22日号】

1990年にリリースされた、ミポリンこと中山美穂の「MIDNIGHT TAXI」。作詞・作曲は飛鳥涼。この曲はそれまでのミポリンの「アイドル系まっしぐら」な曲から一転してブルース調になっています。この年20歳を迎えたミポリンが挑んだ新機軸の曲。この曲を出すにあたってのミポリンの感想などを、「オリコンウイークリー1990年1月22日号」からご紹介します。
「麦畑」が3曲同時にランクイン!!【オリコンウイークリー1990年1月15日号】

「麦畑」が3曲同時にランクイン!!【オリコンウイークリー1990年1月15日号】

1990年代の幕開けとともに、「どういう時代になるのか」と著名人がコメントを寄せた「オリコンウイークリー1990年1月15日号」。ランキングでは不思議な曲が3曲同時にランクインという快挙を成し遂げています。
【虹色商品から見る世界とニッポン】出典:VOW5(1993年発行)

【虹色商品から見る世界とニッポン】出典:VOW5(1993年発行)

1980年代前半に宝島社の雑誌にコーナーが登場し、そのあまりのバカバカしさが一部に受けて1987年8月にそのコーナーが独立して単行本となった「VOW」。今回は1993年に発行された「VOW5」のネタから、意外なアイテムを2つご紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト