思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第15回 路上からVシネの帝王へ!『実録・哀川翔物語』
2018年8月17日 更新

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第15回 路上からVシネの帝王へ!『実録・哀川翔物語』

"Vシネマの帝王"と言えば、やはり哀川翔。一世風靡セピアでデビューしながらも、紆余曲折ありながらたどり着いた生きる場所としてのVシネマ。現在のバラエティ番組では見られない哀川翔の伝説をコミカライズで堪能しよう!

2,585 view
竹内力と並ぶ"Vシネマの帝王"にして、ミドルエッジ世代にとっても人生のセンパイとして無条件で尊敬出来る男。それが今回紹介する名優、哀川翔だ。
著書『ブレずに生きれば道は拓ける! 一翔両断!!』

著書『ブレずに生きれば道は拓ける! 一翔両断!!』

(2016年発行 KADOKAWA)
頼れるアニキ、そして良き父親のイメージがありながら、芸能界入り前に数々の武勇伝を残している、哀川翔。更にクワガタの飼育やラリードライバーなど、自身の趣味の分野でも才能を発揮している彼の生き方こそ、正にミドルエッジ世代の男にとっての憧れと言えるだろう。

伝説の男、哀川翔とは

著書『俺、不良品。』

著書『俺、不良品。』

2006年発行 竹書房文庫
我々ミドルエッジ世代にとっては、やはり"劇男一世風靡"の選抜メンバーで結成された、"一世風靡セピア"の一員としてデビューした時の印象が強い、哀川翔。その後は、長渕剛主演のテレビドラマ『とんぼ』の常吉役で役者としても注目され、1989年の"一世風靡セピア"解散後に主演した東映Vシネマの傑作、『ネオちんぴら鉄砲玉ぴゅ~』で、役者としての地位を確かなものとし、遂に"Vシネマの帝王"の称号を得るまでになった。その自由で男気あふれるキャラクターから、バラエティー番組への出演も多い哀川翔だけに、芸能界入り以前の破天荒な人生や数々のエピソードも、そうした番組の中で断片的に語られて来た。

だが、芸能界に入る前に様々な伝説を残しているだけに、その全貌を掴むことは中々に難しい。
幸い、今回取り上げる伝記マンガ『実録・哀川翔』には、その誕生から現在まで彼の波乱に富んだ人生の全てが、一冊にまとまって収録されており、ファンにとっては正に彼の人生を知るための最良の資料となっている。

今回の伝記マンガ紹介を読まれて、彼の人生についてもっと深く知りたい!と思われた方は、以下のリンクからどうぞ。

『実録・哀川翔物語』概略

『実録・哀川翔物語』コミックス表紙

『実録・哀川翔物語』コミックス表紙

前回紹介した『シルベスター・スタローン物語』と同じシリーズとして刊行された、この『実録・哀川翔物語』。哀川翔の主演作『ゼブラーマン~ゼブラシティの逆襲』の公開に合わせて、2010年に発行されたこの伝記マンガは、通常は重版されないことが多いコンビニ・コミックスの世界において、何と増刷されるほどの大人気!熱狂的なファンを持つ哀川翔だけに、ファンにとってもそれだけ彼の人生についての興味が強かったという証明なのだが、果たして、彼の壮絶な人生とはいったいどんなものだったのか?

『実録・哀川翔物語』内容紹介

本作の扉絵

本作の扉絵

五人の子供の父親で愛妻家。哀川翔の壮絶な人生とは?

五人の子供の父親で愛妻家。哀川翔の壮絶な人生とは?

冒頭で触れた通り、"Vシネマの帝王"として年間最多12本のVシネマに出演した記録を持つ、哀川翔。遂に2004年には主演作品100本記念として『ゼブラーマン』が製作されるなど、今や自身の地位を不動の物とした彼の歩んで来た人生とは?
ヘリコプターの墜落事故で父が帰らぬ人に・・・。

ヘリコプターの墜落事故で父が帰らぬ人に・・・。

昭和42年、海上自衛隊のパイロットだった父親が操縦するヘリコプターと、自衛隊の哨戒機が空中衝突し海上に墜落。父親は帰らぬ人となってしまった。この時、哀川翔の母親は三人目の子供を妊娠中で、しかも予定日の10日前だったため、遺体の確認には当時5歳の哀川翔が行くことに・・・。
柔道に明け暮れた中学生時代を経て高校へ!

柔道に明け暮れた中学生時代を経て高校へ!

専門学校入学のため、鹿児島から東京へ!

専門学校入学のため、鹿児島から東京へ!

既に小学生時代からケンカを始めた哀川翔。中学時代に所属した柔道部での過酷な練習が、彼に強靭な肉体と根性をもたらし、高校時代の器械体操部での練習が、後の一世風靡セピアでの華麗なパフォーマンスへと繋がることになる。
だが、体育大学への推薦入学用願書を出し忘れてしまったことで、哀川翔は専門学校に入学するために、単身鹿児島から上京を果たすのだった。この運命のいたずらが無ければ、後の"Vシネマの帝王"は誕生しなかったに違いない。
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

Vシネマの帝王「哀川翔」が「単車の虎」に降臨!サイン色紙がもらえるキャンペーンも実施!

Vシネマの帝王「哀川翔」が「単車の虎」に降臨!サイン色紙がもらえるキャンペーンも実施!

あのVシネマの帝王が「単車の虎」に登場!!100本以上のVシネマに出演、いまやバラエティ番組でも活躍し、テレビで見ない日はないほど大活躍の哀川翔が「単車の虎」とまさかのコラボレーションが実現!!
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第14回 ポルノ映画出演から大スターへ、『シルベスター・スタローン物語』!

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第14回 ポルノ映画出演から大スターへ、『シルベスター・スタローン物語』!

年齢を重ねてもなお、我々ミドルエッジ世代の男たちの心を燃え立たせる映画を作り続けてくれている男、シルベスター・スタローン。実はロッキーを越える数奇な人生を送ってきたスタローン。果たして、この伝記マンガに描かれたその苦労と挑戦の歴史とは?
滝口アキラ | 2,041 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回  ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第13回 ローリング・ドリーマー!『ジャンボ鶴田物語』

プロレスファンの中で今でも最強レスラーの呼び声が一番高いのは、やはりこの人「ジャンボ鶴田」。ジャンボ鶴田が生きていれば、プロレス界の構図も今とはガラッと違っていたのではと思わせるほどの逸材でした。豪快でありながら華麗なファイトで一時代を築いた正統派レスラー、「ジャンボ鶴田物語」を紹介します!
滝口アキラ | 2,220 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第12回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』80年代編

プロレスラーの象徴ともいえる「アントニオ猪木」前回は、新日本プロレス旗揚げ直後の1974年に、「別冊少年チャンピオン」に掲載された伝記漫画をとりあげたが、今回はタイガーマスクの登場に沸いた1980年代のプロレスブーム期に発表された、『実録まんが・アントニオ猪木』を振り返ってみよう。
滝口アキラ | 1,579 view
思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

思い出の「昭和有名人伝記マンガ劇場」:第11回 燃える闘魂!『アントニオ猪木物語』70年代編

金曜夜8時「ワールド・プロレスリング」で繰り広げられた、数々の名勝負が記憶に刻み込まれているプロレス、そしてアントニオ猪木。過去に何度も発表されているアントニオ猪木の自伝漫画化の中から、70年代に発表された漫画『アントニオ猪木物語』をご紹介。
滝口アキラ | 1,438 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト