【阿川佐和子】現在もマルチに活躍!有名な父親・兄やご結婚についても徹底リサーチ!
2020年11月30日 更新

【阿川佐和子】現在もマルチに活躍!有名な父親・兄やご結婚についても徹底リサーチ!

タレントとして多くのテレビ番組で活躍し、エッセイストとしても才能を発揮する阿川佐和子さん。『TVタックル』『サワコの部屋』ではお馴染みの存在ですよね。今回は、彼女にスポットを当てて、結婚や父親・兄などプライベート情報もご紹介しますので、ぜひ記事をご覧になってください。

1,462 view

『筑紫哲也NEWS23』

放送時期:1989年~1991年
放送局 :TBS系列
出演者 :筑紫哲也
     浜尾朱美
     池田裕行
     佐古忠彦
     阿川佐和子

概要&内容

1989年10月2日から2008年3月28日まで、TBS系列(JNN)で平日(祝日含む)23時台に生放送されていた、平日最終版の報道番組。筑紫哲也の冠番組であったが、本番組終了以降も『NEWS23』の名は後続番組に継承されている。
著書
『聞く力―心をひらく35のヒント』

『聞く力―心をひらく35のヒント』

発売時期:2012年
出版社 :新潮文庫

内容&あらすじ

「面白そうに聞く」「なぐさめは2秒後に」「オウム返しで質問」等々「聞く」ための極意が満載! 「週刊文春」の名物連載対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」が900回を超えた阿川佐和子さん。18年もの長きに渡って読者の支持を得てきたのは、堅物の企業経営者、大物女優から、10代のアイドルまで、老若男女とわず本音を引き出してきたからだろう。「相槌をケチらない」「『分かります』は禁句」「楽しそうに聞く」「事前に用意する質問は3つまで」など、名インタビュアーがビジネスにも通じる“聞く極意"を伝授します!
『強父論』

『強父論』

発売時期:2016年
出版社 :文藝文庫

内容&あらすじ

「俺が死んでも讃える追悼記など書くな」という父・阿川弘之の遺言に、「お父ちゃんがいかに無茶苦茶な人であったか。周囲がどれほどひどい目に遭わされたか。思い出すかぎり、精根込めて書いてみる」とエッセイストの娘が綴る、前代未聞の追悼記。
94歳で大往生した破天荒な父の「強父語録」を挙げてみると──。
・老人ホームに入れたら自殺してやる!
・のたれ死のうが女郎屋に行こうが勝手にしろ
・勉強なんかするな。学校へ行くな
・結論から言え、結論から
・今後、誕生日会を禁止する!
・大学でサムシングを学んでこい
・戦後教育が悪いからバカが育つ
・お前の名前はお墓から取った
・知ったかぶりをした文章を書くな
・朝日の手先になりやがって
・お前は俺にそっくりだ
あまりの暴言に震え、時折のユーモアに笑いつつ、いつしか父と娘の不思議な情愛に胸が熱くなる。

最近の阿川佐和子さんの活動ぶり

60歳を超えても彼女の勢いは衰えることがないように思えます。しかし、テレビ出演をしながらもプライベートでは母親の介護に追われていたのだそうです。約10年前から認知症の兆しが表れていたといいます。
阿川佐和子さんの母親の介護の様子を取材した記事がありましたので、こちらでも紹介しておきたいと思います。
コロナ渦中で、SNSを使って面会していたこと、リモート葬儀をしたことなど語られています。仕方ないとはいえ、記事の内容は少し衝撃的ですね。
ご両親を送り出し、阿川佐和子さんの人生もひとつの区切りを迎えたみたい。これからの更なる飛躍に期待したいですね。そんな未来を願って、今回の記事を締め括りたいと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【内田春菊】エロ漫画家や女優として活躍!性的虐待や不倫など壮絶な人生を振り返る!

【内田春菊】エロ漫画家や女優として活躍!性的虐待や不倫など壮絶な人生を振り返る!

女性ながらエロい作風の漫画家として知られており、女優としても活躍した内田春菊さん。 その活躍ぶりや代表作品を、彼女の壮絶な半生を振り返りながら紹介していきたいと思います。エロいのが好きだというミドルエッジ世代は、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 4,459 view
親が作家の有名人【女性5選】

親が作家の有名人【女性5選】

山村紅葉、阿川佐和子、高見恭子など、親が作家として活躍した5名の女性有名人についてスポットを当ててみたいと思います。
元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどで作詞家・松本隆の“幻の対談集”が復活、Web公開中の人気対談も初書籍化し、2017年1月10日(火)に『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』と『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』の2タイトルが同時発売されることが決定した。
red | 791 view
今でも読みたいスタイリッシュな作風、片岡義男の小説

今でも読みたいスタイリッシュな作風、片岡義男の小説

片岡義男は1970年代から活躍している小説家、エッセイスト、写真家です。原作の「スローなブギにしてくれ」「メイン・テーマ」は映画化され、当時の若者の人気を独占しました。小説だけにとどまらない彼の魅力をご紹介します。
uraraworker | 9,381 view
隠れた天才作家「中島らも」について熱く語る!

隠れた天才作家「中島らも」について熱く語る!

高名な作家さんはたくさんいらっしゃいますが、まるでジェットコースターのような人生を歩んでこられた天才作家、中島らもさん。みなさんはこの方をご存知でしたか?
あおいひめ | 7,440 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト