【阿川佐和子】現在もマルチに活躍!有名な父親・兄やご結婚についても徹底リサーチ!
2020年11月30日 更新

【阿川佐和子】現在もマルチに活躍!有名な父親・兄やご結婚についても徹底リサーチ!

タレントとして多くのテレビ番組で活躍し、エッセイストとしても才能を発揮する阿川佐和子さん。『TVタックル』『サワコの部屋』ではお馴染みの存在ですよね。今回は、彼女にスポットを当てて、結婚や父親・兄などプライベート情報もご紹介しますので、ぜひ記事をご覧になってください。

1,462 view

元・大学教授とのご結婚

独身貴族というイメージが強かった阿川佐和子さん。しかし、2017年に結婚されており、その男性が離婚するまで待っての入籍だったことでも話題になりました。
当時の修羅場ぶりについて、経緯などを紹介した記事がありましたのでご覧になってみてください。
お二人は若かれし頃からの知り合いだったようですね。元奥さんに遺恨は残っていないようで、お二人の結婚を祝福しているご様子。「略奪婚だったのか?」という記者からの問いに、元奥さんは「そうは思いません」とお答えになっています。
ようやく訪れた阿川佐和子さんの春。どうか、末永く幸せに暮らしてほしいですね。

阿川佐和子さんの主な代表作品

映画
『カラフル』

『カラフル』

公開:2000年
監督:原恵一
出演:田中聖
   阿川佐和子
   滝田栄
   景山悠希
   曽我廼家文童

内容&あらすじ

死んだはずの“ぼく”の前に、突如“プラプラ”という天使(?)が現れ
「おめでとうございます。あなたは抽選に当たりました」と話しかけてきた。
大きな過ちを犯して死んだ“ぼく”は、再び下界へ戻って再挑戦するチャンスを与えられたというのだ。
そして、自分の罪を思いださなければならないと。
こうして、“ぼく”の魂は自殺したばかりの中学生・小林真の体に入り込み、真として生きることになる。
テレビ番組

『ビートたけしのTVタックル』

出演時期:1998年~
放送局 :テレビ朝日系列
出演者 :ビートたけし
     大竹まこと
     阿川佐和子

概要&内容

テレビ朝日系列にて1989年7月3日から放送されている、政治を題材にした討論バラエティ番組である。ビートたけしが司会を務める冠番組。通称は『TVタックル』。

『サワコの朝』

放送時期:2011年~
放送局 :MBS・TBS系列
出演者 :阿川佐和子

概要&内容

タレントでエッセイストの阿川佐和子が毎回、各界で活躍する著名人と1対1のトークを展開する。番組序盤には「思い出の中で今でも輝いている曲」を、番組終盤には「今、心に響く曲」と題してゲストお気に入りの楽曲について語る。

『情報デスクToday』

放送時期:1983年~1989年
放送局 :TBS系列
出演者 :小島一慶
     阿川佐和子
     秋元秀雄
     鈴木順

概要&内容

報道局の制作ではなく、情報番組・ワイドショー番組を制作していた社会情報局が担当。ゆえに肩の凝らない工夫が随所にみられたが、内容は報道番組と遜色ない内容であった。
番組終盤には翌日の朝刊早版(朝日新聞と毎日新聞)を読むコーナーもあったが、画面に映る紙面は特ダネなど公開できない場合はそこだけ空白のまま紹介された。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【内田春菊】エロ漫画家や女優として活躍!性的虐待や不倫など壮絶な人生を振り返る!

【内田春菊】エロ漫画家や女優として活躍!性的虐待や不倫など壮絶な人生を振り返る!

女性ながらエロい作風の漫画家として知られており、女優としても活躍した内田春菊さん。 その活躍ぶりや代表作品を、彼女の壮絶な半生を振り返りながら紹介していきたいと思います。エロいのが好きだというミドルエッジ世代は、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 4,459 view
親が作家の有名人【女性5選】

親が作家の有名人【女性5選】

山村紅葉、阿川佐和子、高見恭子など、親が作家として活躍した5名の女性有名人についてスポットを当ててみたいと思います。
元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどの松本隆、“幻の対談集”復刊とオフィシャルHPの人気対談が書籍化決定!

元はっぴいえんどで作詞家・松本隆の“幻の対談集”が復活、Web公開中の人気対談も初書籍化し、2017年1月10日(火)に『松本隆対談集 風待茶房 1971-2004』と『松本隆対談集 風待茶房 2005-2015』の2タイトルが同時発売されることが決定した。
red | 791 view
今でも読みたいスタイリッシュな作風、片岡義男の小説

今でも読みたいスタイリッシュな作風、片岡義男の小説

片岡義男は1970年代から活躍している小説家、エッセイスト、写真家です。原作の「スローなブギにしてくれ」「メイン・テーマ」は映画化され、当時の若者の人気を独占しました。小説だけにとどまらない彼の魅力をご紹介します。
uraraworker | 9,381 view
隠れた天才作家「中島らも」について熱く語る!

隠れた天才作家「中島らも」について熱く語る!

高名な作家さんはたくさんいらっしゃいますが、まるでジェットコースターのような人生を歩んでこられた天才作家、中島らもさん。みなさんはこの方をご存知でしたか?
あおいひめ | 7,439 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト