テレサ・テンの歌が今も愛される理由・天安門事件で変わった運命
2018年7月4日 更新

テレサ・テンの歌が今も愛される理由・天安門事件で変わった運命

「アジアの歌姫」といわれ、没後、今も愛されるテレサ・テン。母国・台湾でのおいたちや日本での演歌歌手としての活動、中国・アジア圏での人気と天安門事件で変わった運命、テレサの秘めたる思い、懐かしい動画をご紹介します。

5,485 view

アジア圏で歌手として活躍し「アジアの歌姫」と呼ばれた、テレサ・テン。

テレサ テン を偲ぶ ページ-<生い立ち> (1819935)

本名は、鄧麗君(テン・リー・チュン)テレサ・テン(Teresa Teng)。
1953年1月29日に中華民国(台湾)雲林県龍岩村に生まれる。
身長165cm、血液型O型。
父親は軍人で中国本土から移住してきた外省人、名前は鄧枢為、母の名前は趙素桂。
本籍は、北省大名県(河北省は父親の故郷、母親は山東省の出身)。
家族構成は、5人兄弟で兄が3人と弟が1人いる。
6歳の時に台北に転居する。
10歳の時、ラジオ局主催の歌唱コンテストで優勝。14歳の時に歌手としてデビューする。
《鄧麗君60冥誕》風靡亞洲的時代歌聲 | yam蕃薯藤新聞 (1819926)

16歳の時に、シンガポール首相夫人賛助のチャリティーコンサートに招かれ、アジア諸国での活動を開始した。
 (1819932)

1974年、21歳の時に「今夜かしら明日かしら」を歌い日本でも歌手デビューする。
演歌歌謡曲路線に転向したデビュー2曲目の「空港」が大ヒット、第16回日本レコード大賞新人賞を獲得した。

鄧麗君-空港-1972年領獎現場版

「 空港」
作詞:山上路夫、作曲:猪俣公章、編曲:森岡賢一郎。
1974年12月に第16回日本レコード大賞の新人賞を受賞。
1974年3月から1997年10月まで約20年間の日本における歌手活動で、ポリドール・レコードから12枚、トーラスレコードから18枚の合計30枚のシングルをリリースしている。
 (1819928)

1979年2月、日本は台湾とは国交を断絶していた。台湾のパスポートを持つテレサ・テンが入国するためには複雑な手続きが必要だった。テレサ・テンはインドネシアのパスポートで入国、旅券法違反で1年間の国外退去処分を受ける。
トーラスレコード(後に所属することになる)社長の舟木稔のはからいで1年間アメリカで過ごし、1980年に台湾に帰国した。この帰国の条件が台湾政府への協力だった。

テレサ・テンは中華民国軍の広告塔として台湾を拠点に活動を再開、「愛國藝人」と呼ばれた。

テレサ・テンの日本再デビューと大ヒット

1984年、テレサ・テンの再来日が許可される。ポリドールからトーラスレコードにレコード会社を移籍し「つぐない」をリリース、日本で再デビューを果たす。

テレサ・テン-つぐない

「つぐない」
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:川口真。
テレサ自身オリコンチャートでは初のベストテン入りを果たし、またTBSテレビ「ザ・ベストテン」では、1984年7月5日に「今週のスポットライト」で初出演、翌1985年1月17日放送時に初のランクイン(8位・1週のみ)となった。又同曲でレコード売上数が150万枚を記録し、テレサ・テンとして最大のヒット曲となった。
1985年2月に発売された「愛人」は、有線放送のリクエストチャート1位を14週連続記録した。テレサ・テン15枚めのシングルである。

テレサ・テン - 愛人.avi

「愛人」
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:川口真。

全日本有線放送大賞と日本有線大賞を制覇、1984年の「つぐない」、1985年の「愛人」で2連覇を達成した。
テレサ・テンは同年大晦日恒例の『第36回NHK紅白歌合戦』に初出場した。
1985年の『第36回NHK紅白歌合戦』

1985年の『第36回NHK紅白歌合戦』

世界三大美人として知られる、中国・唐の時代の「楊貴妃」をイメージした衣装を着て「爱人を」歌った。この時の紅組のテレサ・テンの対戦相手は白組の千昌夫。
1986年2月に発売された、テレサ・テン16枚めのシングル「 時の流れに身をまかせ」で、第19回日本有線大賞と第19回全日本有線放送大賞(年間)、それぞれ史上初となる3年連続のグランプリを受賞した。

時の流れに身をまかせ/テレサ・テン

「 時の流れに身をまかせ」
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:川口真。

テレサ・テンが題した「我只在乎你」という曲名で中国語版がリリースされている。英語でのタイトルは、「“I only care about you”」。
44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【大川栄策】今も伝説として語り継がれる、元祖お色気どっきり!彼のだまされっぷりを見て、爆笑した思い出がありませんか?

【大川栄策】今も伝説として語り継がれる、元祖お色気どっきり!彼のだまされっぷりを見て、爆笑した思い出がありませんか?

大川栄策は、「さざんかの宿」のヒットで知られる演歌歌手です。「さざんかの宿」がヒットしてしばらく、大川栄策は、フジテレビの人気番組「スターどっきりマル秘報告」のターゲットにされていました。
cyomo | 8,637 view
【永久保存】演歌歌手・藤圭子の懐かしい貴重な映像 

【永久保存】演歌歌手・藤圭子の懐かしい貴重な映像 

演歌歌手の藤圭子は旅芸人の子供として生まれ、中学を卒業して上京、1970年代に演歌歌手として活躍した。宇多田ヒカルの母親だ。2013年に西新宿のマンションから転落死した。 藤圭子さんのデビュー当時からの貴重な映像や画像を集めてみました。
【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

今年でデビュー42年目を迎える演歌歌手、石川さゆり。2016年の紅白歌合戦ではトリを務めるなど、大御所といっていい貫禄を持っています。CMなどでも彼女の歌声を耳にする事は多く、今時の高校生でも知っている、昭和の歌姫のこれまでの歴史を振り返ってみましょう。
cyomo | 2,166 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 104,913 view
のりピー16年振りにコンサートを開催!デビュー30年周年記念で!

のりピー16年振りにコンサートを開催!デビュー30年周年記念で!

のりピーこと酒井法子が16年振りにコンサートを開催する事が分かった。2016年9月22日、東京都のディファ有明でデビュー30周年記念公演として開催される。90年代には日本を飛び出し、中国や台湾、香港で人気を獲得した酒井法子の活動にも触れる。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト