【永久保存】演歌歌手・藤圭子の懐かしい貴重な映像 
2017年3月3日 更新

【永久保存】演歌歌手・藤圭子の懐かしい貴重な映像 

演歌歌手の藤圭子は旅芸人の子供として生まれ、中学を卒業して上京、1970年代に演歌歌手として活躍した。宇多田ヒカルの母親だ。2013年に西新宿のマンションから転落死した。 藤圭子さんのデビュー当時からの貴重な映像や画像を集めてみました。

11,004 view

藤圭子の生い立ち

「藤圭子」さんのBiography(デビュー前)ーその3(運命の出会い)|かどのブログー藤圭子さんを決して忘れないー (1834287)

藤 圭子は、1951年7月5日に岩手県一関市で浪曲歌手の父『阿部壮』(つよし)さん、三味線瞽女の母『竹山澄子』さんの次女として生まれる、三人きょうだいの末っ子で長女は『富美恵』さん、長男は『博』さん。

1954年の3歳の頃に北海道に移住、旭川市で育つ。

藤圭子は小さい頃から両親の音楽や歌を聴き育った、そして自らも歌う。
両親は北海道や東北地方を回る旅芸人で藤圭子も旅回りに同行していた。

1957年に『大有小学校』に入学する。
小学4年生の頃地元のお祭りで『出世街道』を歌う。この時がはじめての初舞台。
圭子が歌うと客席からお金が飛んできたという。
出典 ameblo.jp
1970年平凡9月号より藤圭子さん関連の対談以外の写真、記事ーその5|かどのブログー藤圭子さんを決して忘れないー (1834298)

1970年平凡9月号より藤圭子の写真
ガンコな父・阿部壯(45歳)と大好きな母・阿部澄子(41歳)
出典 ameblo.jp

10歳から「三条純子」名で歌手活動をはじめる。

Free photo: Microphone, Music, Stage, Event - Free Image on Pixabay - 298587 (1836471)

旭川市立神居中学校に入学した藤圭子は成績優秀で卒業するも、生活のために高校進学を諦めて歌手を志す。

17歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会に出場。歌を聴いたレコード会社の関係者の目に留まり、上京する。東京では当初日暮里の六畳一間のアパートに家族5人で住んでいた。

そのうち初代林家三平宅に下宿生活が決まる。

18歳の時歌手デビュー

藤 圭子: エゾ・中村のブログ (1836519)

当時は無名だった作詞家石坂まさをと出会いがあり、1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」で歌手デビューする。

18歳の藤圭子は、デビュー当時にギターを弾きながら「新宿25時間キャンペーン」を行った。

父母が旅芸人で母が三味線瞽女ということもあり歌もギターも上手い。
藤圭子 デビュー当時

藤圭子 デビュー当時

藤圭子 貴重なデビュー当時の映像(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=AmN_r6qNhvg

藤圭子 19歳

新宿の女(動画)★藤圭子

藤圭子デビューシングル
1969年9月25日リリース「新宿の女」
作詞:みずの稔・石坂まさを/作曲:石坂まさを/編曲:小谷充
83万枚のセールスを記録した。

藤圭子♥命預けます(’70年レコード大賞:大衆賞)

藤圭子4枚目のシングル
1970年7月25日リリース「命預けます」
作詞・作曲:石坂まさを/編曲:曽根幸明
70万枚のセールスを記録。

1970年12月の日本レコード大賞大衆賞を獲得する。
1970年10月23日に藤圭子のデビュー1周年記念コンサートが東京・渋谷公会堂で行われた。
この公演『藤圭子演歌を歌う』は、ファンの間で「伝説のコンサート」と言われ、藤圭子の歌手活動の中で最高のコンサートという。

池袋の夜 -LIVE '70 SHIBUYA- /藤圭子

藤圭子と前川清の結婚~離婚

元夫・前川清絶句!ショック隠せず/おくやみバックナンバー/photo/デイリースポーツ online (1834314)

藤圭子と前川清は6月に婚約を発表、12月に長崎の教会で挙式した。
藤圭子は若く美しい。
藤圭子の死因と病気まとめ!元夫・前川清、宇多田ヒカルとの関係は? | Pinky[ピンキ-] (1834263)

1971年、当時ともに絶頂期であった内山田洋とクール・ファイブのボーカル前川清と藤圭子は結婚するが、大スター同士の結婚生活はすれ違いが重なり、翌1972年に離婚。
藤圭子の死因と病気まとめ!元夫・前川清、宇多田ヒカルとの関係は?に投稿された画像No.41 | Pinky (1834318)

挙式したときは、藤が20歳、前川が23歳。

藤圭子は、前川清と結婚中に家の水槽で、ニシキ鯉を飼っていたという。そして、いつもニシキ鯉を見つめ話しかけていた。

離婚の原因は性の不一致とも言われた。
「週刊現代」1972年8月31日号で夫婦の営みがなかったことを元夫の前川清が語っている。

清と圭子

藤圭子♥この愛に生きて

藤圭子♥この愛に生きて 清と圭子をリリースする。
離婚後二人の交流はなかった。
藤圭子が亡くなり、前川清は命日である22日に追悼ライブをおこなった。
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

牧村三枝子の『みちづれ』は、大物歌手Wから譲ってもらった曲だった!?そこには知られざる男気あるエピソードが!

牧村三枝子の『みちづれ』は、大物歌手Wから譲ってもらった曲だった!?そこには知られざる男気あるエピソードが!

牧村三枝子のヒット曲『みちづれ』は、ある先輩歌手の方から譲って頂いた曲でした。そこには知られざる感動のエピソードがありました。一体どんな事があったのでしょうか?ヒットまでの道のりと共に振り返ります。
モンステラ | 2,257 view
ヤマト、ウルトラマン、デビルマン――阿久悠が子供たちのためにつくった歌、50曲を収めた大アルバムが登場

ヤマト、ウルトラマン、デビルマン――阿久悠が子供たちのためにつくった歌、50曲を収めた大アルバムが登場

ウルトラマンシリーズの歌、宇宙戦艦ヤマト、デビルマンなど誰もが知っている〝あの歌〟をつくりあげてきた作詞家、阿久悠さん。彼が子供たちのためにつくった歌を50曲収録した大アルバム「誰もが勇気を忘れちゃいけない ~大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた~」が12月19日に発売されます。
ニュースFレン | 2,449 view
マネーの虎などにも出演!ホストブームの仕掛け人「ホストの帝王」愛田武さん死去。

マネーの虎などにも出演!ホストブームの仕掛け人「ホストの帝王」愛田武さん死去。

新宿・歌舞伎町における日本最大のホストクラブグループ「クラブ愛」の元社長、愛田武さん(本名:榎本武)が10月25日に都内近郊の病院で亡くなりました。78歳でした。
隣人速報 | 2,182 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 818 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト