TBS金曜9時の男、宇津井健!
2015年10月5日 更新

TBS金曜9時の男、宇津井健!

宇津井健さんといえばやはり「ザ・ガードマン」ですよね!TBS金曜夜9時のドラマに16年間主演されつづけた宇津井さん。この時間帯のドラマをふりかえってみたいと思います。

3,163 view
赤い疑惑

赤い疑惑

『赤い疑惑』(あかいぎわく)は、1975年10月3日から1976年4月16日までTBSで放送されたテレビドラマ。赤いシリーズ第2弾。
大島茂(宇津井健)は妻・敏江との間に、17歳になる娘・幸子(山口百恵)を持つ大学助教授。フランスにはデザイナーとして活躍する妹の大島理恵(岸恵子)がいる。実は、その理恵こそが幸子の本当の母親であり、幸子は大島家の実の娘では無かった。(wikipediaより)
当時とっても人気のあった作品ですよね。
当時、内出血のいたずら書きをして「赤い疑惑」ごっこをした人たちもいるんじゃないでしょうか。。
今のご時世では不謹慎きわまりないことしていたんですねぇ。。
赤い運命

赤い運命

『赤い運命』(あかいうんめい)は、1976年4月23日~10月29日にTBS系列で放送されたテレビドラマ。赤いシリーズ第3弾。平均視聴率 23.6%、最高視聴率 27.7%。(wikipediaより)
伊勢湾台風が物語の鍵になるドラマでしたが、これも今のご時世ではなかなか地上波の再放送は難しいかもしれませんね。

これにつづく「赤い衝撃」は主役は百恵・友和コンビとなり、宇津井さんは特別ゲストとしてし初回と後半に出演されています。

…というか!この記事を書くことになっていろいろと確認して初めて知ったのですが「赤い疑惑」「赤い運命」は主演は百恵友和ではないんですね!
主役はあくまで宇津井さんだったというわけです。
「顔で笑って」「赤い迷路」は宇津井さんが主役というのはわかりますが…

それだけ、百恵ちゃんの存在は強烈だったんですねぇ。。

そして次の「赤い激流」「赤い激突」で主演に返り咲きます。
赤い激流

赤い激流

赤い激流(あかいげきりゅう)はTBS系列で1977年6月3日〜11月25日に放送されたテレビドラマ。TBSと大映テレビの共同制作による赤いシリーズの5作目。
平均視聴率25.5%、最高視聴率は37.2%(最終回)を記録した。これは赤いシリーズ全体での最高視聴率であり、金9枠としても史上最高視聴率となった。(wikipediaより)
赤い激突

赤い激突

赤い激突(あかいげきとつ)はTBS系列で1978年6月23日~12月15日に放送されたテレビドラマ。赤いシリーズの7作目。(wikipediaより)
宇津井さんは「赤いシリーズ」は「赤い激突」で卒業しましたが、続く「薔薇海峡」「ひまわりの詩」でも宇津井さんは主演します。
薔薇海峡

薔薇海峡

『薔薇海峡』(ばらかいきょう)は、1978年12月22日〜1979年6月15日にTBS系列で放送されたテレビドラマである。
大学医学部の助教授を兼任する大学病院の外科医・川島俊夫は、病に倒れた義父の後を引き継ぐ形で市長選に出馬し当選する。だが、街には組織暴力の悪の手がはびこり始めていた。市民を守るために立ち上がった俊夫には、最愛の妻・川島ゆき子の謎の家出とそれを原因とする俊夫の義娘・川島真弓の不良化という家庭問題が襲ってきた…。(wikipediaより)
ひまわりの詩

ひまわりの詩

『ひまわりの歌』(ひまわりのうた)は、1981年11月13日から1982年5月28日までTBS系列で放送されたテレビドラマである。大映テレビ制作、全27回。
弁護士の大木英介と英介の法律事務所を中心に、様々な事件と調査員の活躍を描く作品として放送された。フィルム撮影が中心の大映テレビの連続ドラマでは初めてVTRで撮影された作品である。(wikipediaより)
TBS金曜夜9時台の連続ドラマ枠はこの「ひまわりの詩」で終了します。

いかがですか?1965年の「ザ・ガードマン」から1981年「ひまわりの詩」まで、何度か間は空いたものの、約16年間にわたり「金曜夜9時の顔」として出演され続けてきた宇津井健さん。

他局のドラマや映画にもたくさんご出演されましたが、やはり宇津井さんといえば「金曜9時の男」という称号が一番ふさわしいのではないでしょうか。

残念なことに宇津井さんは2014年に亡くなってしまわれましたが作品はいつまでも語り継がれていくのですね。

最後に、宇津井さんがなくなったときにセコムが寄せたツィートをご紹介してこのコラムを〆させていただきます。
@SECOM_jp ガードマンよ永遠に
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「赤いシリーズ」一挙紹介!

「赤いシリーズ」一挙紹介!

1974年から1980年にかけて製作・放送された「赤いシリーズ」。TBSと大映テレビ共同作品で、テレビドラマ9作品とテレビスペシャル1作品の計10作品。いずれの作品もタイトルが「赤い」から始まっています。
かわうそ | 1,215 view
70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代の代表的なドラマシリーズといえば、それはもう「赤いシリーズ」でしょうよ。

70年代のテレビドラマに、忘れようにも忘れられないシリーズがあります。通称「赤いシリーズ」。山口百恵を主演させ、山口百恵と三浦友和を共演させ、山口百恵と三浦友和を結婚させた、あのドラマシリーズですよ。
obladioblada | 1,861 view
映画「阿寒の果つ」主人公が山口百恵オファーから五十嵐淳子になった理由とは?

映画「阿寒の果つ」主人公が山口百恵オファーから五十嵐淳子になった理由とは?

映画「阿寒の果つ」の原作は、渡辺淳一の小説で、実在した人物をモデルに描かれた作品です。この映画「阿寒の果つ」の主演は、五十嵐淳子さん(当時、五十嵐じゅん)が、女優として注目された作品にもなりましたが、実はもともと映画の主演は、山口百恵でオファーをしていたというのをご存じでしょうか。 映画公開の1975年は、山口百恵さんは高校生でした。ここでは、主人公の時任純子を演じるのが、山口百恵さん企画から五十嵐淳子さんになった理由を探っていきます。
あおい@ | 718 view
”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

”ポスト百恵”の座を狙ったアイドル達の現在!誰が百恵ちゃんに近かったのか?あなたはどう思いますか?

1980年10月5日 日本武道館で「幸せになります。」とマイクを置き引退した"山口百恵"さん、1970年代を鮮やかに彩り駆けぬけていった昭和の歌姫の引退にアイドル界はざわめきたちました。 空いた"百恵"ちゃんの座を狙い次々と新人アイドルがデビュー、80年代はアイドル黄金期となります。 そんな中で、「雰囲気が似ている」「百恵ちゃんを意識している」など、"ポスト百恵"と期待されたアイドル達のその後を追ってみました。
いろは | 25,093 view
コロナが重症化する?!注目される「COPD(肺気腫)」と芸能人

コロナが重症化する?!注目される「COPD(肺気腫)」と芸能人

誰もが感染する可能性を持っている「新型コロナウイルス」。重症化しなければ怖い病気ではない。今現在、コロナウィルス重症化の原因は特定されていないが、呼吸障害を引き起こしす持病の一つが「COPD(肺気腫)」と考えられている。 2018年には肺気腫の持病を持つ3人の芸能人が亡くなっている。 禁煙をして体調が変化した例、COPD(肺気腫)の発症と病歴を調べてみた。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト