男女の恋愛を綴る「巡恋歌」に込められた、激烈な情熱を内包した長渕剛の純情。
2016年11月1日 更新

男女の恋愛を綴る「巡恋歌」に込められた、激烈な情熱を内包した長渕剛の純情。

時代とともに歌唱法やスタイルを変え、己が真に求める姿を追求し続ける求道者。長渕剛のファンならきっと、彼をそう見るだろう。デビュー時は透き通るような歌唱法だった長渕、しかしながら1978年当時の「巡恋歌」への拘りの姿勢は、後年の彼の変化をすでに示唆するほどの強い意志だったのかもしれない。

6,761 view

長渕剛を代表する名曲「巡恋歌」(1978年10月)

1978年に発売された「巡恋歌」。
長渕剛のファンなら、14年後に発表された「巡恋歌'92」との歌唱法の違い、そこに至るまであるいはそこからも含めて彼が己の求めるスタイルを模索し続ける姿を見続けてきたに違いない。

ただ78年の「巡恋歌」発表時、すでに長渕剛の純情が激烈な情熱を伴った姿勢となっていたことを、改めて確認しておくのもよいかもしれない。
78年に発表した「巡恋歌」

78年に発表した「巡恋歌」

1978年10月5日に東芝EMIのエキスプレスレーベルより、7インチレコードでリリース。

全作詞・作曲: 長渕剛、全編曲: 鈴木茂。
1.「巡恋歌」(3:30)
2.「帰り道」(3:45)
寂しさゆえに 愛が芽ばえ
お互いを知って 愛が終わる
出典 長渕剛「巡恋歌」
続く”別れは涙で飾るもの”も含め、直球で男女の恋愛を綴る「巡恋歌」。

一般的には女性目線での失恋ソングとでも分類されるのかもしれないが、実は男目線で綴った歌詞ではなかったのかと、そんな気持ちで聴いた人も多いだろう。

長渕剛 巡恋歌

女性のような高音、詞を丁寧に辿るような歌い方。
この歌への想いが伝わるような長渕剛の姿である。

前年のデビューから1年半、本人はこの「巡恋歌」を「本格デビュー」と位置付ける。

「雨の嵐山」(1977年2月)でデビュー後、1年6か月に渡る葛藤

筋を通すために出場したポプコン九州大会で優勝、デビューへ

当時のミュージシャンの登竜門「ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)」に対して批判的だった長渕剛。
彼の想いは「コンテストは一曲か二曲で決められてしまう。フォークとは一曲、二曲で決められるものではない」という想いだった。

しかし、プロのミュージシャンを目指して憧れのフォーライフ・レコード社に自身の楽曲を送ろうと利用した福岡のスタジオが縁で、長渕は筋を通すためにポプコン出場。
ポプコンでは「雨の嵐山」で九州大会グランプリ、つま恋本選会ではレコード会社協賛社賞を4社から受け、レコードデビューを果たす事に。

長渕 剛  わたし春を待ってます

この曲に関しては、レコード会社主導で全てが進められ、長渕がスタジオを訪れた時はアレンジも含めてほぼ全てのレコーディングが終了しており、長渕は歌入れを行っただけである。このアレンジに関して、長渕は違和感を覚えていたが、初めてレコードを出せる喜びの方が大きく、何も言わなかった。その事が後に歌謡曲路線で売り出される結果となってしまったと述懐している。
歌手としての活動が始まったもののレコード会社からはフォークシンガーと認めてもらえず、「ナガブチ・ゴウ」の名で演歌・歌謡曲の路線で売り出されてしまう長渕剛。

レコード店周りやデパートの屋上でアイドルの前座などを務める活動に疑問を抱き、なんと全てを白紙に戻して九州へと引き返す事になる。

レコーディング時点で、恩義ある人への義理立てて出場したポプコン。
本意でなかった楽曲で進められたデビュー、周囲の決めた路線。そんな流れに抗うようにして九州へ引き返した長渕剛。

再びプロのミュージシャンを目指して創り上げた「巡恋歌」

再びプロのミュージシャンを目指した長渕は、同じ過ちを繰り返さぬように、再び憧れのフォーライフ・レコード社に「巡恋歌」の含まれたデモテープを送るも採用されず。
その後も数々のレコード会社に送るものの相手にされず、最後に「ポプコン」主催のヤマハ音楽振興会へと送った。
そのヤマハから再度のポプコン出場を提案された長渕は、見事九州大会で優勝、つま恋本選会でも入賞してヤマハ側から絶賛され、ついに再デビューを勝ち取ったのである。
「巡恋歌」収録のアルバム「風は南から」

「巡恋歌」収録のアルバム「風は南から」

「再デビュー」に至る経緯を知ったうえでアルバムタイトルを見ると、爽やかな風貌とは異なり「捲土重来」を記した長渕の情熱が伝わってきそうである。

ギター一本でのプロモーションを志願

長渕は前作「雨の嵐山」で喫した挫折を忘れる事のないよう、所属事務所に対し「全国をギターケースを持ってコンサート活動で回りたい」と訴えたが、レコード会社や所属事務所の上層部としてはレコードのプロモーションの事だけを考えており、長渕の考えは相手にされていなかった。その後、マネージャーであった糟谷銑司の計らいにより、長渕の希望は叶えられる事となった。
また、長渕はこの曲を全国区にするために、ライブでは必ず演奏し、プロモーションに頼らずに知名度を高めようとしていた。
後に己の意思で歌唱法、スタイルを変えていった長渕剛。
しかし原風景にある「巡恋歌」は、どんなスタイルになってもライブでは必ず演奏する。

ライブではオリジナルと違ってギターとハーモニカだけで歌う。長渕の拘りの象徴のような楽曲である。

自らのスタイルを投影し、再度リリースした「巡恋歌'92」

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2018年9月9日はSMAPの27周年のデビュー記念日!タワレコ各店でお祝い週間が実施されています!!

2018年9月9日はSMAPの27周年のデビュー記念日!タワレコ各店でお祝い週間が実施されています!!

2016年の解散まで、国民的アイドルグループであり続けた「SMAP」。歌手デビューを飾ったのは1991年9月9日のことで、今年の9月9日に27周年を迎えます。それを記念し、タワーレコード各店にて9月3日~9月9日までの間、お祝い週間が実施されています。
隣人速報 | 279 view
“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

元ジャックスのメンバーで、作曲家・編曲家・プロデューサーとしても日本のフォーク/ロック創生期に重要な役割を果たした木田高介唯一のソロ名義アルバム『DOG'S MAP & CAT'S MAP』が、ソニーミュージックの通販サイト「オーダーメイドファクトリー」からCD再発されることが決定しました。
隣人速報 | 353 view
意識高い系!?70年代プログレのユニークな邦題を集めてみた!!

意識高い系!?70年代プログレのユニークな邦題を集めてみた!!

1970年代に流行したプログレ。そのアルバムの邦題にユニークなものが多かったのを覚えていますか?この記事では、そんなプログレのアルバムの中から、いくつかピックアップしてご紹介したいと思います。
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第二弾!「昭和歌謡がくれた季節(男性編)」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える第二弾!(今回は‘60もあるよ!)「昭和歌謡がくれた季節(男性編!)」に収録した63曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
デヴィッド・ボウイ、最後のレコーディング作品『NO PLAN-EP』をCDフォーマットでリリース!

デヴィッド・ボウイ、最後のレコーディング作品『NO PLAN-EP』をCDフォーマットでリリース!

デヴィッド・ボウイの4曲入りEPとしてデジタル配信され、UKをはじめ11カ国のiTunesチャートで1位を獲得した『No Plan - EP』が、CDフォーマットになって3月22日に日本でリリースすることが決定した。
red | 331 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト