カオスとしか言いようのないアルバム「ノー・ニューヨーク」は、坂本龍一がもっとも好きなアルバムだそうで。
2018年3月24日 更新

カオスとしか言いようのないアルバム「ノー・ニューヨーク」は、坂本龍一がもっとも好きなアルバムだそうで。

1978年に発売された前衛的と言っていいでしょうコンピレーション・アルバム「ノー・ニューヨーク」。プロデューサーは、鬼才と言っていいでしょうブライアン・イーノ。カオスとしか言いようのない4組のバンドが収録されているのですが、このアルバムが80年代以降の音楽シーンに大きな影響を及ぼすことになるんです。

2,430 view

No Wave

70年代も終わりになるとパンクは衰退し、代わりにニューウェーブという新しいムーブメントが台頭してきます。
一方でニューウェーブは商業主義に走り過ぎているとして、フリージャズ、実験音楽、ノイズ・ミュージックなどを演奏するバンドが出てきます。こうしたノー・ウェーブと呼ばれるニューヨークで起きたアンダーグラウンドでの動きにいち早く興味を示した男がいました。
ブライアン・イーノ

ブライアン・イーノ

ブライアン・イーノです。

No New York

ブライアン・イーノといえは、ロキシー・ミュージックのオリジナルメンバーであり、アンビエント・ミュージック(環境音楽)の先駆者です。また、U2やデヴィッド・ボウイ、トーキング・ヘッズなどのプロデューサーとして知られた人物。

そのブライアン・イーノがノー・ウェーブの中心的なバントをプロデュースしたコンピレーション・アルバムが「ノー・ニューヨーク」です。
No New York

No New York

1. Dish It Out
2. Flip Your Face
3. Jaded
4. I Can't Stand Myself
5. Burning Rubber
6. The Closet
7. Red Alert
8. I Woke Up Dreaming
9. Helen Fordsdale
10. Hairwaves
11. Tunnel
12. Puerto Rican Ghost
13. Egomaniac's Kiss
14. Lionel
15. Not Moving
16. Size
同時期にUKにはギャング・オブ・フォー、ワイアー、ディス・ヒート、ポップ・グループという偉大なる基地外バンド郡がいたわけだが、US側にいた連中の音源を集めたコンピ。
「ノー・ウェーブ」とは上手く言ったもので、パンクからも逸脱し、無秩序なジャンク音楽をやっている。
「ノー・ニューヨーク」は、ニューヨークを訪れていたブライアン・イーノが4日間開催されていたロックフェスティバルの3日目に出演していたDNA、ザ・コントーションズ。4日目に出演していたマーズ、ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークスという4組のバンドに興味を示し作り上げました。

James Chance and the Contortions

「ノー・ニューヨーク」には各バンド4曲ずつ全16曲収録されています。1曲目から4曲目までの演奏がジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズです。
ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズ

ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズ

バンドのメンバーは以下の通りです。

ジェームス・チャンス :サックス, ヴォーカル
ドン・クリステンセン:ドラム
ジョディ・ハリス : エレキギター
パット・プレイス :スライドギター
ジョージ・スコット III: ベース
アデル・バーティ: エーストーン、オルガン

James Chance and The Contortions - I Can't Stand Myself

如何ですか?ちょっと頭痛がする感じでしょうか?因みに本作は坂本龍一がもっとも好きなアルバムと発言しています。

Teenage Jesus and the Jerks

5曲目から8曲目に収録されているのが「ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス」です。
バンドメンバーは以下の通りです。

リディア・ランチ : ギター、ヴォーカル
ゴードン・スティーヴンソン : ベース
ブラッドリー・フィールド :ドラム

Burning Rubber

ブライアン・イーノは、4バンド共にほとんど注文を出すことなく、手を加えることもなかったと言われています。

因みに本作が発売された1978年当時、既にノー・ウェーブはポップ・ミュージックの新しいカタチとして認識されてたんです。驚きですよね。

Mars

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70'sニューヨーク・アンダーグラウンドを知る、コンピレーション・アルバム“ノー・ニューヨーク”

70'sニューヨーク・アンダーグラウンドを知る、コンピレーション・アルバム“ノー・ニューヨーク”

70年代後半のニューヨークのアンダーグラウンド・シーンを知るのに最適なコンピレーション・アルバムが「ノー・ニューヨーク」です。商業的な成功を収めることはありませんでしたが、むしろそういったことに背を向け、いまだに影響力を持つ名盤として語り継がれています。さぁ、貴方もアヴァンギャルドな世界に目を向けてみませんか?!
obladioblada | 566 view
高得点を目指せ!【BOØWY】イントロクイズ

高得点を目指せ!【BOØWY】イントロクイズ

1988年に惜しまれつつ解散した伝説のロックバンド「BOØWY(ボウイ)」。氷室京介・布袋寅泰・松井常松・高橋まことの4人が残した数々の名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
BOØWYファン感涙!布袋寅泰が10年ぶりにギタリズムシリーズの最新作「GUITARHYTHM VI」を発表!

BOØWYファン感涙!布袋寅泰が10年ぶりにギタリズムシリーズの最新作「GUITARHYTHM VI」を発表!

元BOØWYのギタリスト、布袋寅泰が「GUITARHYTHM」シリーズを10年ぶりに復活させたニューアルバム「GUITARHYTHM VI」をリリースすることが明らかとなりました。
隣人速報 | 8,690 view
日活ロマンポルノの金字塔といえば、それはやっぱり団地妻シリーズでしょう。

日活ロマンポルノの金字塔といえば、それはやっぱり団地妻シリーズでしょう。

全20作品にも及ぶ団地妻シリーズ。「団地妻 昼下りの情事」から始まるこのシリーズは70年代の日活ロマンポルノの代名詞と言ってよいでしょう。白川和子、宮下順子、鹿沼えり といった永遠のマドンナを輩出しました。
obladioblada | 8,713 view
氷室京介がBOØWYでのデビュー前に“ショーケン”をカバーした激レアLP「ダニーロングプロジェクト」とは?

氷室京介がBOØWYでのデビュー前に“ショーケン”をカバーした激レアLP「ダニーロングプロジェクト」とは?

ミドルエッジ世代であれば誰もが知っているであろうロック・ヴォーカリスト「氷室京介」。彼がBOØWYとしてレコードデビューする直前に「ダニーロングプロジェクト」というグループサウンズなどをカバーするバンドに参加していたのをご存知でしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト