70'sニューヨーク・アンダーグラウンドを知る、コンピレーション・アルバム“ノー・ニューヨーク”
2017年4月18日 更新

70'sニューヨーク・アンダーグラウンドを知る、コンピレーション・アルバム“ノー・ニューヨーク”

70年代後半のニューヨークのアンダーグラウンド・シーンを知るのに最適なコンピレーション・アルバムが「ノー・ニューヨーク」です。商業的な成功を収めることはありませんでしたが、むしろそういったことに背を向け、いまだに影響力を持つ名盤として語り継がれています。さぁ、貴方もアヴァンギャルドな世界に目を向けてみませんか?!

637 view

No New York

ノイジー且つアヴァンギャルドな音源ばかりで構成された、永遠の名作との評価を不動のものにしているアルバム「ノー・ニューヨーク」をご存じですか?

と言ってみたものの、日本では恐らく知らない人が大多数でしょう。1978年に発表されたのですが全米のアルバムチャートにはランクインしませんでした。と言うことは、日本どころか本国アメリカでの知名度も低いと思われます。

しかし、1995年の「ニューヨーク・タイムズ」では、“廃盤となったアルバムのトップ10”にランクインしていますし、2007年に「ブレンダー・マガジン」で発表された“史上最も優れたインディーロックのアルバム100”では、なんと65位となっています。

商業的な成功を収めることは出来なかったアルバムですが、近年徐々に認められてきています。それと言うのも、ソニック・ユース、スワンズ、スリント、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン、SPK、コイルにミニストリーなどなど、このアルバムは先鋭的なミュージシャンに影響を与え続けているのです。
日本でも坂本龍一が「もっとも好きなロックのアルバム」として挙げています。
ノー・ニューヨーク

ノー・ニューヨーク

【収録曲】

  1. Dish It Out
  2. Flip Your Face
  3. Jaded
  4. I Can't Stand Myself
  5. Burning Rubber
  6. The Closet
  7. Red Alert
  8. I Woke Up Dreaming
  9. Helen Fordsdale
  10. Hairwaves
  11. Tunnel
  12. Puerto Rican Ghost
  13. Egomaniac's Kiss
  14. Lionel
  15. Not Moving
  16. Size
同時期にUKにはギャング・オブ・フォー、ワイアー、ディス・ヒート、ポップ・グループという偉大なる基地外バンド郡がいたわけだが、US側にいた連中の音源を集めたコンピ。
「ノー・ウェーブ」とは上手く言ったもので、パンクからも逸脱し、無秩序なジャンク音楽をやっている。
さて、そんなアルバム「ノー・ニューヨーク」ですが、どよのうなものかといいますと、1978年にアイランド・レコードのサブレーベルであるアンティルス・レコードからリリースされたコンピレーション・アルバムで、ザ・コントーションズ、ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス、マーズ、DNAの4組バンドが収録されています。

なぜ大手のアイランド・レコードからリリースされなかったかと言いますと、内容が実験的過ぎる(商業的ではない)と判断されたためです。
ニューヨーク・アンダーグラウンドの最深部を拾い上げたものですが、その音楽性はポスト・パンクへのひとつの(しかも過激な)解答となっています。

プロデュースは、ブライアン・イーノが行っています。

No Wave

「ノー・ニューヨーク」はノー・ウェーブのきっかけとなったアルバムとして知られています。
ノー・ウェーブとは何かといいますと、ひとつのジャンルになります。1970年代後半にニューヨークでおきたパフォーマンスやメディア・アートなど現代美術から影響を受けたサブカルチャーのことです。

音楽で言えば、商業主義に対抗するようなフリージャズ、実験音楽、前衛音楽、ノイズ・ミュージックなどで、主にダウンタウンのアート・スペースで発表されていたこともあり、コンテンポラリー・アートとみなされてもいます。
本作もニューヨークのアーティスト・スペースというギャラリーで4日間行われたロックフェスティバルの3日目と4日目のライブを収録しています。

ノー・ウェーブの代表的なレーベルといえば、ZEレコードです。「ノー・ニューヨーク」に参加しているバンドもここからアルバムをリリースしています。BBC放送の有名なDJであったジョン・ピールはZEレコードのことを「世界一のインディペンデント系レコードレーベル」と言っていたほどアンダーグラウンドの重要アーチストが多数所属していました。
ZEレコード

ZEレコード

それでは、「ノー・ニューヨーク」に収録されている4組バンドを順にご紹介します。

James Chance and the Contortions

ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズ

ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズ

【メンバー】

ジェームス・チャンス — サックス, ヴォーカル
ドン・クリステンセン - ドラム
ジョディ・ハリス — エレキギター
パット・プレイス — スライドギター
ジョージ・スコット III - ベース
アデル・バーティ — エーストーン、オルガン
ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズは、ジェームス・チャンスが中心となり1978年に結成されました。当時のジェームス・チャンスはライブで観客席に度々降りて、客を殴りつけていたそうですから絵に描いたようなパンク・バンドですね。

トーキング・ヘッズのプロデューサーを務めていたブライアン・イーノがそのライブを見てコンピレーションアルバム「ノー・ニューヨーク」を提案することになったそうですから、やはり強烈なインパクトがあったのでしょう。

James Chance & the Contortions - I Can't Stand Myself

TEENAGE JESUS & THE JERKS

ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス

ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークス

ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークスは、ノー・ウェーブ界の女帝(笑)とも言われるリディア・ランチを中心にしたバンドです。
そう言えば、ノー・ウェーブという言葉はリディア・ランチが「ノー・ニューヨーク」のことをそう呼んだことが語源という説もあります。

コントーションズと並んでノーウィヴの最重要バンドと言われているティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークスですが、最初はコントーションズのジェームス・チャンスやフリクションのレックと共に活動を開始しています。

ティーンエイジ・ジーザス・アンド・ザ・ジャークスは、本作とZEレーベルから1枚のみシングルを発表したのみで解散してしまいますが、その後のリディア・ランチの活動によって今なお語り継がれる伝説のグループです。

Orphans

マーズ

マーズ

マーズ

【メンバー】

サムナー・クレーン- ボーカル
チャイナ・バーグ- ギター、ボーカル
マーク・カニンガム- ベース
ナンシー・アーレン - ドラムス
マーズは、1975年にサムナー・クレーンが中心となって結成されました。メンバー全員がマーズ結成前に音楽経験がなかったそうです!

最初のライブは1977年1月に行われ、最後のライブは1978年12月ですから、やはり短命ですね。マーズ単独としては、解散後にライブEPが発売されています。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

カオスとしか言いようのないアルバム「ノー・ニューヨーク」は、坂本龍一がもっとも好きなアルバムだそうで。

カオスとしか言いようのないアルバム「ノー・ニューヨーク」は、坂本龍一がもっとも好きなアルバムだそうで。

1978年に発売された前衛的と言っていいでしょうコンピレーション・アルバム「ノー・ニューヨーク」。プロデューサーは、鬼才と言っていいでしょうブライアン・イーノ。カオスとしか言いようのない4組のバンドが収録されているのですが、このアルバムが80年代以降の音楽シーンに大きな影響を及ぼすことになるんです。
obladioblada | 2,697 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.1(面白い放送事故・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.1(面白い放送事故・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やテレビ番組、つい笑ってしまう面白い放送事故を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 72,784 view
90年代にaccess(アクセス)で活躍した浅倉大介がデビュー25周年!コンピレーションアルバムを発売!

90年代にaccess(アクセス)で活躍した浅倉大介がデビュー25周年!コンピレーションアルバムを発売!

90年代に貴水博之とのユニット「access(アクセス)」で活躍した浅倉大介が、今年デビュー25周年を迎え、コンピレーションアルバム『THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point』をリリースした。
アニメとはまったく違います!^^; 〜“原作”漫画「マーズ」

アニメとはまったく違います!^^; 〜“原作”漫画「マーズ」

アニメも人気だったマーズ。しかしその“原作”漫画の内容はアニメとまったく異なります。知らなかったという方、知っていたが読んだことはないという方、この機会にぜひ。
wada y | 22,431 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト