ボンカレーやっぱりこの味
2016年2月19日 更新

ボンカレーやっぱりこの味

日本初のレトルト食品といえばボンカレー。その味、その見た目は僕らの胃袋を刺激する。だからこそ今回はそんなボンカレーを取り上げてみたいと思う。これを見たら食べたくなること必至!

5,373 view

ボンカレー

 (1578978)

ボンカレー(Bon Curry)は、大塚食品が発売するレトルトカレーの商品名で、同社の登録商標(日本第961090号)である。日本初のレトルト食品。甘口、中辛、辛口の三種類がある。現在の主流はフルーツベースのボンカレーゴールド、温色で描かれた同心円のパッケージで知られる。
商品名の由来はフランス語の形容詞 "bon" からきていて、「良い(優れた)、おいしい」という意味である。
一人暮らしの男性(独身)でも温めるだけで簡単に食べられることから「チョンガーカレー」という案もあった。
 (1578981)

ボンカレーを発売するきっかけとなったのは、会社にあった不良在庫のカレー粉をなくすためだったといわれている。大塚化学での約2年の研究開発期間を経て、1968年(昭和43年)2月12日に、大塚食品工業[2]より世界初の一般向けの市販レトルト食品として発売された。当初は阪神地区限定発売とされた。当時のレトルトパウチ(高圧釜レトルトで高温加熱殺菌する為に食品を封入する袋)は、透明な合成樹脂のみによる2層の積層加工であったが、これは強度に問題があり、輸送中に穴が空くなどの事故が多発した。このため内側のポリプロピレンと外側のポリエステル間にアルミ箔を挟んだパウチに改良して強度を増した。同時に、空気遮断機能が向上し、光も遮断するようになったため、賞味期限が3ヶ月から2年に延びた。翌1969年(昭和44年)4月には、この改良版パウチで全国発売された。テレビCMにはパッケージのモデルである女優の松山容子と俳優の品川隆二を起用した。
ボンカレー発売当時の宣伝は「3分温めるだけですぐ食べられる」という内容のものであった。宣伝からも分かるように、保存性よりも簡便性を前面に打ち出しており、インスタント食品の一種として普及していった。また松山容子パッケージのもので味は野菜ベースであった。当時、営業マンが全国各地に、ホーロー看板を自ら貼りにまわって普及に努めた。
営業マンの努力のおかげかボンカレーは今でも人気があります。
ボンカレー様様です。

ボンカレーCM - YouTube

この女優は誰?

 (1579039)

 (1579471)

愛媛県松山市で銀行を経営する名士の家に生まれる。愛媛県立松山南高等学校在学中、『アサヒグラフ』(1956年2月5日号)の表紙モデルを務めたのがきっかけで、松竹の役員の目にとまり、卒業と同時に松竹ニューフェイスとして入社。
1957年6月4日公開の『勢揃い桃色御殿』に新人女優・松山清子として、端役デビュー。11月19日公開の『侍ニッポン』で本格デビューを飾る。主に時代劇映画で活躍する。1959年、芸名を松山容子に改名。
1960年(昭和35年)、テレビドラマ『天馬天平』(日本電波映画 / フジテレビ)で演じた、男装で新撰組と闘う勤皇の姫君・千也姫役が評判となった。ちょうど『崑ちゃんのとんま天狗』(東宝 / 讀賣テレビ放送)の後番組の企画を練っていたスポンサーの大塚製薬がこの人気に着目、この千也姫をモチーフとして、松山を主演に「男を凌ぐ剣の腕をもつ若武者姿の姫君」を主役にしたドラマ企画を打診し、『琴姫七変化』(日本電波映画 / 讀賣テレビ)が製作された。毎回若武者姿だけでなく、芸者、くノ一、鳥追い・・と、文字通り次々替わる「七変化ぶり」も相まって、番組は2年間にわたり継続され、その容姿と華麗な立ち回りから「アクション女優の先駆け」として人気を博す[1]。その後も『旅がらすくれないお仙』(東映京都テレビプロダクション / NET)などに主演。その他、舞台や映画で活躍する。
1971年(昭和46年)3月、『くれないお仙』や主演映画『めくらのお市』シリーズ[2][3]の原作者である漫画家、棚下照生と結婚。人気の絶頂期に芸能活動を縮小〜休止し、事実上の引退となった。ただし、その後も稀にドラマ等にゲスト出演することがある。

あの松山容子の琴姫七変化DVD化決定! - YouTube

あのこと姫七変化の二人琴姫が天馬天平の富士八郎こt映画監督・山前五十洋プロデュースーによりYouTubeチャンネルにて公開すると、瞬く間に二万アクセスがありました。この琴姫七変化の番組は、実は山前五十洋がフジテレビ開局まもない頃のフジテレビ製作連続時代劇テレビ映画「天馬天平」、その主人公天馬天平を演じていた山前の...
現在

現在

現在は芸能界は引退され亡くなっています。このボンカレーの権利収入は晩年も続いていたそうです

様々なボンカレー

ボンカレー

ボンカレー

※TV※探偵ナイトスクープ ボンカレーの自販機を探せ☆見応え200%!☆ - YouTube

探偵、上岡龍太郎。 顧問、お天気の福井さん。 探偵、トミーズ雅。 トミーズ雅が幻の自販機を探します。 探偵ナイトスクープ史上に残る名作です!!見ごたえ有ります!
ボンカレーゴールド

ボンカレーゴールド

ボンカレーゴールド 大辛

ボンカレーゴールド 大辛

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

子供の頃にドキッとした、懐かしのチョイエロCM

子供の頃にドキッとした、懐かしのチョイエロCM

子供の頃や、中学、高校生の時に見て印象に残っているエロいテレビCMはありますか?60年代~80年代の今では放送されないような懐かしのチョイエロCMを集めてみました。
誕生100周年!長澤まさみらが「カルピスじゃぐち」を体験!そういえば歴代のCMタレントって誰が出てたっけ?

誕生100周年!長澤まさみらが「カルピスじゃぐち」を体験!そういえば歴代のCMタレントって誰が出てたっけ?

アサヒ飲料が販売する皆さんお馴染みの「カルピス」。今年で誕生から100周年を迎えます。それを記念し、2月22日より全国9カ所で『「カルピス」じゃぐち』が展開されています。
隣人速報 | 753 view
日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

日本人の性生活を徹底調査した「ニッポンのセックス2018年版」が公開!浮気率ナンバーワンの都道府県とは?

相模ゴム工業株式会社が、全国を対象におこなった調査「ニッポンのセックス2018年版」の結果を特設ページで発表しました。果たして現代人のセックスはどうなっているのでしょうか?
隣人速報 | 18,295 view
2018年1番アクセスが多かった記事は何だ!?【PVランキングTOP10】

2018年1番アクセスが多かった記事は何だ!?【PVランキングTOP10】

「懐かしい」がコンセプトのウェブサイト・ミドルエッジ。2018年も数千の記憶をくすぐる記事が生まれました。その中からアクセス(view数)が多かった10記事を【PVランキングTOP10】と題して選出してみました!どれもインパクトのある記事となっております!※view数は2018年12月27日時点のものです。
ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

80年代を代表するアイドルのひとり、河合奈保子を特集した1982年発行の雑誌「別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3」が、このたびデジタル写真集として配信をスタートしました。
隣人速報 | 12,200 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト