タイガーマスクが虎の仮面を脱いだ!二代目タイガーが三沢光晴に戻った瞬間、解説席のカブキも思わず「何してるの、何してるの?」!!
2016年11月25日 更新

タイガーマスクが虎の仮面を脱いだ!二代目タイガーが三沢光晴に戻った瞬間、解説席のカブキも思わず「何してるの、何してるの?」!!

永遠の天才プロレスラー、三沢光晴。今なお多くの人々の心に生きる彼の足跡、なかでも「三沢光晴」の名が躍動し始めたのは、二代目タイガーのマスクを脱いだ瞬間からでした。解説のカブキ、実況の若林アナの興奮も懐かしいあの瞬間を、その前後の全日本プロレスの背景(SWSへの選手大量離脱)とあわせて振り返ります。

26,268 view

タイガーマスク、マスクを脱いだー!三沢ーとなっていま猛然と!!

それは1990年5月14日、東京体育館における全日本プロレススーパーパワーシリーズ開幕戦での出来事でした

三沢光晴!虎のマスクを脱いで大ブレイクする瞬間

三沢光晴。
彼が、真の意味で始動したのはこの時だったのかもしれません。

1981年4月の全日本プロレス入門からわずか4か月でデビューを果たしたエリートも、この時すでにキャリア9年。

デビューから3年経った1984年に二代目タイガーマスクに変身後、6年近くをタイガーマスクとして過ごした彼が、再びその素顔を観衆の前に現したこの瞬間から「三沢光晴」は始動したのです。

実況も解説も、驚きを禁じ得ない声がそのままブラウン管に流れました

自ら虎の仮面を脱いだ男、三沢光晴

自ら虎の仮面を脱いだ男、三沢光晴

このときの興奮を、私はいまだ憶えています。
実況の若林アナ、解説のザ・グレート・カブキ。実際にマスクをとった川田利明。
対戦相手は谷津嘉章にサムソン冬木。

前月の4月30日に天龍源一郎の退団、SWSへの移籍が決まり激震が走る中で迎えた開幕戦。
二代目タイガーになる前の三沢光晴を知らなった私は、このときはじめて「三沢光晴」を知ることとなったのです。
この日の実況は、福澤明と並んで全日本プロレスの名物アナウンサーだった若林健治(愛称は「若林”恩知らず”健治」「若林”マンモス”健治」)。
そして解説席にはザ・グレート・カブキ。

タイガーがパートナーの川田利明に自らのマスクをとるよう指示したあたりからの二人の声は、もう実況にも解説にもならない、ただ目の前の出来事に茫然となっている様でした。

以下、二人の発言。

ザ・グレート・カブキ

「何してるの、何してるの?何してる何してる何してるの?」

若林アナ

「おっと、おーっと、おーおーっ、マスクをー、マスクにっ、手を、おーおー、マスクを脱いだー!タイガーマスクマスクを脱いだー、みさわーとなって今、猛然と打っていったー!」

(場内、割れんばかりの三沢コール)

興奮のなか、一躍時の人となった三沢光晴はトップを狙って覇道を歩むことに

マスクを脱いだ後、時代は三沢光晴を後押しし始めました。

5月17日 広島県立総合体育館にてアジアタッグ王座初防衛後に返上。
6月8日 日本武道館にてジャンボ鶴田との一騎討ち。これに勝利して下の世代で初めて鶴田越えを達成。
なおこの試合、前述の若林アナの「三沢が勝ったー!」という名実況は有名。
8月、超世代軍結成

8月、超世代軍結成

8月の強化合宿にて川田・田上・小橋・菊地毅・浅子と共に「超世代軍」結成。

以降、90年代の全日本プロレスを熱狂の渦に導いた「四天王プロレス」をリードします

90年代全日本プロレスを率いた三沢光晴。
社長として、さらにはプロレスリング・ノアを立上げ業界の盟主とまで呼ばれた彼の活躍については別記事に譲り、三沢光晴が虎のマスクの下から見ていた全日本プロレスの風景を振り返ります。

あの時、虎の仮面を敢えて脱ぎ去った三沢光晴の覚悟を。

1980年代はポスト馬場・猪木!全日本プロレスでは鶴田や天龍、新日本プロレスでは藤波や長州が台頭!

「鶴藤長天」と呼ばれた鶴田、藤波、長州、天龍

プロレス自体が空前のブームだった80年代にあって、ポスト馬場・猪木世代とされた全日本の鶴田、天龍、新日本の藤波、長州はそれぞれに勇躍しました。

長州の「かませ犬発言」に始まる新日本プロレス内での維新、その長州率いるジャパンプロレスとの遭遇をきっかけとした天龍による全日本プロレス内での天龍革命。
これらは反体制の分かりやすい構図でしたし本流派だった藤波、鶴田をみても、藤波は新日本プロレス内で飛龍革命を唱えました。

また新日本プロレスでは長州によるハイスパート・レスリングが。全日は外国人、日本人ともに大型選手らによる受け身のしっかりした見応えあるレスリングが行われていました。

「怪物」ジャンボ鶴田

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 6代目タイガーマスク 2018/12/31 00:41

    あのー。

    えいちゃん 2018/9/24 23:33

    懐かしいです

    えいちゃん 2018/9/24 23:31

    懐かしいです

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【理不尽大王・冬木弘道】「愛嬌のあるヒール」として一境地を開拓した冬木弘道の足跡を振り返る。

【理不尽大王・冬木弘道】「愛嬌のあるヒール」として一境地を開拓した冬木弘道の足跡を振り返る。

「理不尽大王・冬木弘道」を憶えていますか?若手時代は天龍同盟で川田利明との「フットルース」で活躍、後には冬木軍を結成し「理不尽大王」と称して、リング上でコントを披露するなど愛嬌のあるヒールという一境地を開拓しましたね。若くして病没なさいましたが、プロレスラーから愛されるレスラーでした。
青春の握り拳 | 22,372 view
あの熱すぎた闘いが今、蘇る!超世代軍による『超世代トーーク!』イベント開催決定!

あの熱すぎた闘いが今、蘇る!超世代軍による『超世代トーーク!』イベント開催決定!

全日本プロレスでの一時代を築いた軍団『超世代軍』。ジャンボ鶴田やスタン・ハンセンなどのトップ選手を打倒するために三沢光晴が中心となり若手によって結成された。そんな超世代軍が今、ここに集結!!
【禁断の企画】タイガーマスクを初代~4代目まで比べちゃいました!!

【禁断の企画】タイガーマスクを初代~4代目まで比べちゃいました!!

みんなの憧れ「タイガーマスク」 そんな時代は過ぎ去り、今の若い人はタイガーマスクを知らない人が多くなってきました。 それでもヒーローだったタイガーマスクを初代~4代目までネタバレします!
レイルウェイズ | 429,543 view
【歴代のタイガーマスク】伝説の初代から歴代のタイガーマスクを追う!!

【歴代のタイガーマスク】伝説の初代から歴代のタイガーマスクを追う!!

「タイガーマスク」。男の子なら誰しも憧れたヒーローではなかったでしょうか。実際のプロレスラーでもタイガーマスクは脈々と受け継がれていきました。過去のタイガーマスクを振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 21,572 view
天龍源一郎はジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一の日本人レスラー!プロレス界の風雲児でした!!

天龍源一郎はジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った唯一の日本人レスラー!プロレス界の風雲児でした!!

闘志を前面に出した天龍の妥協なきファイトは見る者を熱くさせました。ジャイアント馬場・アントニオ猪木からピンフォールを奪った彼もまた伝説となることでしょう。全日本プロレス時代のジャンボ鶴田との死闘、天龍同盟は全国に熱いプロレスを届けました。どこにいっても激しいプロレスを体現する、天龍源一郎はまさにプロレス界の風雲児です。
青春の握り拳 | 14,159 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト