5月に急逝した「ベルセルク」三浦建太郎の初期作『王狼』のリバイバル連載が決定!展覧会「大ベルセルク展」も開催!!
2021年9月10日 更新

5月に急逝した「ベルセルク」三浦建太郎の初期作『王狼』のリバイバル連載が決定!展覧会「大ベルセルク展」も開催!!

白泉社が発行する隔月刊の青年漫画雑誌「ヤングアニマルZERO」の最新号(10月1日号、9月13日発売)にて、漫画家・三浦建太郎による幻の初期作『王狼(原作:武論尊)』がリバイバル連載されます。

320 view

三浦建太郎の初期作「王狼」、ヤングアニマルZEROでリバイバル連載がスタート!!

白泉社が発行する隔月刊の青年漫画雑誌「ヤングアニマルZERO」の最新号(10月1日号、9月13日発売)にて、今年5月に死去した「ベルセルク」を代表作に持つ漫画家・三浦建太郎による幻の初期作『王狼(原作:武論尊)』が、リバイバル連載されることが明らかとなりました。初回の掲載は、80ページの大ボリュームになるとのことです。
©武論尊・三浦建太郎/白泉社 (2303628)

出典 ©武論尊・三浦建太郎/白泉社

『王狼』とは?

『王狼』は、1989年に白泉社発行の漫画誌「月刊アニマルハウス」で発表された作:武論尊、画:三浦建太郎による作品で、時を超え世界をぶった切る弩級歴史アクション。シルクロードでの調査中に忽然と姿を消した歴史学者・伊波(いば)が、ジンギス・カンの君臨する13世紀のモンゴルで奴隷闘士として生き抜いていくストーリーでした。翌1990年には、続編となる「王狼伝」が発表されています。
©武論尊・三浦建太郎/白泉社 (2303631)

出典 ©武論尊・三浦建太郎/白泉社

編集部よりコメントが届いています!

『王狼』は、1989年からヤングアニマルの前身である「月刊アニマルハウス」にて連載された作品です。その後、続編である『王狼伝』が同誌にて発表され、1998年に白泉社文庫から二作を合本し『王狼伝』というタイトルで出版されました。

この度、三浦建太郎先生の逝去に際し、中々目に触れる機会のない先生の初期作を、読者の皆様に届けられたらという思いから、リバイバル連載の企画を進めました。

快く本企画にご承諾頂きました原作者の武論尊先生、並びにスタジオ我画の皆様に、御礼申し上げます。

そして、素晴らしい作品の数々を残された三浦先生の画業に、改めて最大の敬意と感謝を表します。

30年以上前に描かれ、まるで現在の異世界転生モノを先読みしたかのようなストーリー、そしてどこか『ベルセルク』の筆致を彷彿とさせる本作を、是非お楽しみください。


株式会社白泉社 ヤングアニマル編集部

池袋・サンシャインシティで「大ベルセルク展 〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」が開催!

このたびの『王狼』のリバイバル連載と合わせ、東京・池袋サンシャインシティにて、展覧会「大ベルセルク展 〜三浦建太郎 画業32年の軌跡〜」が開催されます。開催期間は9月10日から9月23日まで。また、大阪・ひらかたパーク イベントホールでの開催も決定。こちらは12月11日から2022年1月30日の開催を予定しています。
©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社 (2303646)

©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社
出典 prtimes.jp
このたび開催される展覧会は、三浦建太郎が「ベルセルク」を連載していた当時の直筆原稿・カラー原画300点以上を一同に介して開催する、初の単独大規模作品展。会場では作中での時系列に合わせた原画展示を中心に、謙信・プライム1スタジオが制作してきた各種スタチュー、本イベント用に制作された各種ジオラマ等、貴重な展示物が公開される予定となっています。ファン必見の展示イベントとなること間違いなし!詳細は公式サイトで確認しておきましょう。
 (2303655)

エントランスに展示される、ドラゴンころしを突き刺した新装版『ベルセルク』1巻カバーイラストのフォトスポット。

©三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社
出典 prtimes.jp

イベントの詳細は公式サイトで!

三浦建太郎 プロフィール

1966年、千葉県出身。日本大学藝術学部入学後に商業誌デビューを果たし、大学卒業後、本格的に漫画家としての活動を開始。1989年より白泉社「月刊アニマルハウス」にて漫画「ベルセルク」の連載をスタートさせ、同作はシリーズ累計4000万部の大ヒットに。また「王狼伝」「ギガントマキア」といった作品も執筆。2019年からは「ヤングアニマルZERO」にて「ドゥルアンキ」の原作・プロデュースを担当。2021年5月6日、急性大動脈解離のため死去。54歳没。

公式ツイッターにおける訃報の告知

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

舞台「キューティーハニー・クライマックス」が上演決定!更にキューティーハニー関連の最新情報も要チェック!

2020年2月に上演され大好評を博した舞台「キューティーハニーEmotional」の続編かつ最終決戦となる新作公演「キューティーハニー・クライマックス」の上演が決定しました。日程は2021年6月16日(水)~20日(日) 。
隣人速報 | 628 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 13,861 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,915 view
19〈NINETEEN〉、B.B.フィッシュ、ホットマン…きたがわ翔のデビュー40周年を記念した原画展が開催!!

19〈NINETEEN〉、B.B.フィッシュ、ホットマン…きたがわ翔のデビュー40周年を記念した原画展が開催!!

漫画家・きたがわ翔のデビュー40周年を記念した原画展「きたがわ翔原画展 -40th Anniversary- ~ Grateful(グレイトゥフル)~」が、東京・吉祥寺のリベストギャラリー創にて開催されることが決定しました。
隣人速報 | 330 view
『アサヒ生ビール(通称:マルエフ)』の缶が28年ぶりに復活!新垣結衣が出演する新CMにも注目!!

『アサヒ生ビール(通称:マルエフ)』の缶が28年ぶりに復活!新垣結衣が出演する新CMにも注目!!

アサヒビールがこのたび、80年代から90年代にかけて“マルエフ”の愛称で親しまれ、現在は飲食店で樽生のみ展開している『アサヒ生ビール』の缶(350ml・500ml)を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,181 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト