ウルトラマンレオは格闘技を用いて戦うスポ根・アクションスタイルの力強い戦士
2015年11月10日 更新

ウルトラマンレオは格闘技を用いて戦うスポ根・アクションスタイルの力強い戦士

ウルトラマンレオはシリアスでハードな展開が多い作品であり、恋人など仲間が死んだり、MAC防衛隊が全滅したりとかなり悲しくなる展開も多かったですね。またセブンによって鍛えられる中でレオは一人前の戦士へと成長していきました。熱狂的なファンも多い、ウルトラマンレオ。強敵中心にレオの劇中の活躍を振り返っていきます。

27,763 view

ウルトラマンレオ 光線技ではなく格闘技を用いて戦うスポ根・アクションスタイルの獅子座L77星の出身の宇宙人

ウルトラマンレオ(1974年) ウルトラセブンに代わり...

ウルトラマンレオ(1974年) ウルトラセブンに代わり、地球の平和を守る決意をしたウルトラマンレオの成長と活躍を描く

『ウルトラマンレオ』は、1974年(昭和49年)4月12日から1975年(昭和50年)3月28日までTBS系で毎週金曜日19:00 - 19:30に全51話が放送された円谷プロダクション・TBS製作の特撮テレビ番組と、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。ウルトラシリーズ第7作であり、第2期ウルトラシリーズの最終作にあたる。

当時の空手・カンフー映画ブームを受け、レオはそれまでの光線技ではなく格闘技を用いて戦うスタイルとなり、スポ根・アクション要素を全面に押し出した作風となっている。そして、変身できなくなったウルトラセブン=モロボシ・ダンが主人公を指導する役を担い、それを取り巻く民間人が中心になってドラマを進めるスタイルが採られている。

また、メインターゲット視聴者の子どもたちの視点に立つ人物として、梅田トオル・カオル兄妹が登場し、もう1人の主人公と言える立場で後半のドラマを担っていくことになる。

ウルトラマンレオの故郷・獅子座L77星はマグマ星人の侵略で滅ぼされ、脱出したレオは地球にたどり着き、地球人・おゝとりゲンの姿になって、城南スポーツセンターの指導員として生活していた。

第1話では、L77星の崩壊から地球時間で1か月であるとゲンは語っている。

ウルトラマンレオはウルトラ兄弟と異なり、M78星雲光の国ではなく獅子座L77星の出身である。
L77星壊滅時、生き別れになった弟のアストラや、ペットのロンがいる。
物語開始から1か月前に故郷をマグマ星人に滅ぼされたため、故郷と瓜二つの地球にやってきて、地球人「おゝとりゲン」として城南スポーツセンターで働きながら生活しており、いわば宇宙の難民である。

そのため、故郷や一族を失った悲しみを劇中で見せることもあった。
多くのウルトラマンと同様にカラータイマーを胸部に備えているが、変身後の活動時間は彼らよりも短い2分40秒(番組後半では2分30秒としている回も)である。ただし、実際にカラータイマーが点滅してピンチになる演出は少ない。

第50話以降はカラータイマーの点滅音が初代ウルトラマンと同じものになった。また、巨大化しなければエネルギーの消費が抑えられるため、第26話でプレッシャーによって一寸法師にされた際や、第50話でブニョから宇宙ロープで縛られて人間大のまま変身した際は、長時間レオの姿を保っていた。

宇宙拳法の達人であることや、他のウルトラ戦士を遥かに凌駕する高い身体能力を生かした体術で、活動時間の短さを補っている。また、ウルトラセブンの課す特訓や数々の戦いを経て、次第に力強い戦士となっていった。

第1話でのウルトラセブン=モロボシ・ダンとの初対面の際、「ウルトラマンレオ」と名乗り、第38・39話でババルウ星人の陰謀から地球とウルトラの星の危機をアストラとともに救ったことで、正式にウルトラ兄弟の一員に迎えられた。

光線技は初期から使っていた(初使用は第8話)が、決め技になる回は少なかった。4クールの円盤生物編では光線技が決め技になることがやや多くなる。

腹部のシークレットサインはL77星人が使う文字で、「レオ」を意味し、L77星人の証でもある。「元々レオは獅子座L77星の王子で、腹部の紋章・レオサインはその証である」という公式設定が存在する。ただし本編では言及されていない。
(出典:Wikipedia)

ウルトラマンレオ主題歌&戦闘BGM - YouTube

「ウルトラマンレオ」(第1 - 13話)
作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:川口真 / 歌:真夏竜、少年少女合唱団みずうみ(東京レコード)
オープニングでは第2コーラス(2番)の歌詞が採用された。タイトルコールは通常メインタイトル部分、サブタイトル部分(本曲のイントロ)双方に被せられるが、第1・2話は前者、3・4・6話は後者のみとなっている。戦闘シーンでも流れる。また、3話以降では通常よりピッチが若干上がっている。

ウルトラマンレオの初期主題歌と戦闘曲 レオ&アストラ兄弟は絵になります! 最後はメビウスと! Ultraman Leo Theme & Battle BGM

ウルトラマンレオ 後期OP - YouTube

「戦え! ウルトラマンレオ」(第14 - 51話)
作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:川口真 / 歌:ヒデ夕樹(OPテロップでは「平野英之」と表記)、少年少女合唱団みずうみ(東京レコード)
テレビサイズ版のピッチはフルサイズ版と比べて半音上がっている。

ウルトラマンレオの挿入歌「星空のバラード」 - YouTube

『レオ』出演以前から歌手として活動していた真夏は、全ウルトラシリーズにおいて唯一の「主役かつ主題歌・挿入歌を全て担当(レコード版に統一した際)」した人物である。

ウルトラマンシリーズ屈指の名曲。
オオトリゲンの弾き語り。

「星空のバラード」
作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:川口真 / 歌:真夏竜(東京レコード)
第1話、10話の劇中でゲンが歌っている。最終話のエンディングにも使用された。

おおとりゲン / ウルトラマンレオ(声):真夏竜

おゝとりゲン:真夏竜

おゝとりゲン:真夏竜

本作の主人公。ウルトラマンレオが地球人に変身した姿で、外見年齢は20歳。
明るい好青年で面倒見や人当たりも良く、地球を「第二の故郷」として愛している。背番号は「7」。
城南スポーツセンターに指導員として勤務。ウルトラセブン=モロボシ・ダンの危機を救った際、変身能力を失ったダンに地球の守りを託され、彼の推薦で宇宙パトロール隊MACに入隊。非番の時には、スポーツセンターの指導員として活動している。

人間体でも優れた身体能力や超感覚を見せるが、戦闘経験が浅く、時には若さゆえの感情的な判断で不適切な行動を取り、他の隊員たちに非難されて確執を生むことも多かった。

しかし、このような人間関係における逆境や、ダンが毎話のように課す厳しい特訓と数多くの孤独な戦いに耐え抜くことで、自らの素質を磨いて成長していくと同時に、次第にダンの特訓を必要としなくなり、MACの仲間たちと打ち解け合っていきながら、地球を守り抜いていった。

第40話でMACが全滅した後は美山家に居候し、民間人の立場で円盤生物と戦った(元MAC隊員ゆえに、円盤生物の調査などにも顔が利いていた)。円盤生物との戦いの中でも苦悩することもあったが、美山家の人々の支えや戦いを通して、さらに一回り成長する。

第51話で、最強かつ最後の円盤生物ブラックエンドを倒し、円盤生物を送り込んでいた惑星ブラックスターも壊滅させた後、本当の故郷と決めた地球の平和を一人の地球人として確かめるべく、ヨットに乗って旅立っていった。
(出典:Wikipedia)
おゝとり(おおとり)ゲンが強敵や周囲の人間たちとの軋轢...

おゝとり(おおとり)ゲンが強敵や周囲の人間たちとの軋轢によって過酷な状況に追い込まれて苦悩し、成長していくストーリー

当時の空手・カンフー映画ブームを受け、レオはそれまでの...

当時の空手・カンフー映画ブームを受け、レオはそれまでの光線技ではなく格闘技を用いて戦うスタイルとなり、スポ根・アクション要素を全面に押し出した作風となっている。ゲンはダンの特訓を受けながら、レオへ変身して異星人や怪獣たちと戦う。

ウルトラマンレオへの変身方法

レオリング(獅子の瞳)で、ウルトラマンレオに変身!

レオリング(獅子の瞳)で、ウルトラマンレオに変身!

レオリング(獅子の瞳)は、おゝとりゲンが、左手薬指にはめている金色の指輪。リング部本体が獅子の顔となっており、上部に赤い宝石が埋め込まれている。最終回で、美山家の人々と別れる際にレオリングを外したが、手放してはおらず、『ウルトラマンメビウス』第34話にゲスト出演した際には、再び左手薬指にはめていた。
(出典:Wikipedia)
「レオー!」レオリングを使い、ウルトラマンレオに変身

「レオー!」レオリングを使い、ウルトラマンレオに変身

ゲンはレオリングを使い、空手に近いポーズ(2パターン。第1・2・6・9話のみ異なる)をとりながら「レオー!」(第3・4話のみ語尾を延ばさない「レオッ!」)と叫びながら、レオに変身する。
両手を封じられてポーズがとれないときは、その場で回転して変身する(第50話)。第1・2話では、ポーズを取った直後にレオリングの宝石部分が白く発光していたが、第3話以降と『ウルトラマンメビウス』第34話ではレオリング本体部分が金色に発光している。
(出典:Wikipedia)

山口 百子(やまぐち ももこ) おおとりゲンの恋人

山口 百子(やまぐち ももこ):丘野かおり

山口 百子(やまぐち ももこ):丘野かおり

年齢18歳。ゲンの恋人で、スポーツセンターでは補助的指導員。黒潮島の出身。真面目で優しく、相手が子供でも悪いことをしたら叱ることができる芯の強さも備えた女性。
第2話で避難途中に落下してきた自動車の下敷きとなり、息を引き取るもL77星のレオマスクから放たれた光の影響で蘇生した。

その後身寄りを亡くしたトオルとカオルを自宅に迎え入れ2人のお姉さん兼お母さんとして奮起するが、第40話でカオルや猛とともに新宿のデパートで買い物をしていたところをシルバーブルーメに襲われ、瓦礫の下敷きとなって絶命してしまう。
(出典:Wikipedia)
ゲンの恋人 山口 百子(やまぐち ももこ)

ゲンの恋人 山口 百子(やまぐち ももこ)

ウルトラマンレオの劇中の活躍シーン

第1・2話 セブンが死ぬ時! 東京は沈没する!・大沈没! 日本列島最後の日 マグマ星人・レッドギラス・ブラックギラス

ブラックギラスとレッドギラスが抱きついて回転する攻撃ギ...

ブラックギラスとレッドギラスが抱きついて回転する攻撃ギラススピン

ギラススピンは近寄るものも跳ね除け、さらにはセブンのアイスラッガーも跳ね返すほどの威力を有する。また回転中は角から出す光線の威力が倍増する。
(出典:Wikipedia)
ブラックギラスはウルトラセブンの足の骨を捻じ曲げる

ブラックギラスはウルトラセブンの足の骨を捻じ曲げる

ブラックギラスは弟怪獣レッドギラスと共に、ウルトラセブ...

ブラックギラスは弟怪獣レッドギラスと共に、ウルトラセブンをいたぶった上に足の骨を捻じ曲げて粉砕する。これによりモロボシ・ダン(=セブン)は杖なしに歩けなくなる。

セブンの足が折られるという表現、バキボキバキといった音が衝撃的でした。
135 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ウルトラセブン放送50周年「昭和ウルトラ兄弟・ウルトラファミリー」列伝

ウルトラセブン放送50周年「昭和ウルトラ兄弟・ウルトラファミリー」列伝

昭和ウルトラシリーズの懐かしい見ごたえのある動画・画像・グッズ、イベント情報をまとめています。放送当時の出演者の話は面白いです。タロウ(篠田三郎)がレオ(真夏竜)を救った話などは感動します。
ガンモ | 7,145 view
ウルトラシリーズの再放送事情:再放送枠で初代ウルトラマンとウルトラセブンの直接対決もあった

ウルトラシリーズの再放送事情:再放送枠で初代ウルトラマンとウルトラセブンの直接対決もあった

1970年代はウルトラシリーズなどの特撮番組や人気の定番アニメの再放送が大変充実していました。初代ウルトラマンやウルトラセブンは特に何度も再放送されました。地域によって番組編成は異なっていると思います。今回のまとめは関東キー局の70年代のウルトラシリーズの再放送状況をピックアップしておさらいしていきます。
トントン | 29,832 view
獅子座L77星からの使者!ウルトラマンレオ【ウルトラシリーズ第7作目】

獅子座L77星からの使者!ウルトラマンレオ【ウルトラシリーズ第7作目】

1974年4月12日から1975年3月28日まで放送されたウルトラシリーズ第二期最終作のウルトラマンレオについて調べて見ました。過酷な運命に抗った、熱いウルトラマンレオの物語を思い出してみよう!
takebayashi | 4,313 view
ウルトラマンレオの弟のアストラとウルトラセブンを苦しめたギエロン星獣のコラボTシャツが発売!!

ウルトラマンレオの弟のアストラとウルトラセブンを苦しめたギエロン星獣のコラボTシャツが発売!!

円谷プロ×コアチョコのウルトラ怪獣Tシャツに新作が登場しました!ウルトラマン好きなら欲しくなるレオの弟アストラとセブンの強敵ギエロン星獣がオシャレにデザインされています!!
ウルトラマン歴代主題歌・挿入歌を網羅!全263曲・12枚組CD-BOX発売!

ウルトラマン歴代主題歌・挿入歌を網羅!全263曲・12枚組CD-BOX発売!

ウルトラマンシリーズ放送開始50年を記念して、『ウルトラQ』、初代『ウルトラマン』から、最新の『ウルトラマンオーブ』まで、ウルトラマンシリーズの主題歌・挿入歌を網羅した、豪華12枚組CD-BOX『Ultraman Songs Collected Works』が12月28日(水)に発売される。
FOCUS | 1,450 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト