2016年12月22日 更新

【シーマ現象】バブル時代の象徴的な車、初代日産シーマ

シーマ現象という言葉を覚えていますか?値段が高いから売れた日本車、初代日産シーマを振り返ってみましょう。当時の最先端だった豪華すぎるオプション品もチェック。

49,671 view

シーマ現象

バブル景気に沸いた当時の日本では、シーマが飛ぶように売れたそう。高価格にもかかわらず、最初の1年間で4万台近くを販売。
シーマ現象という言葉は、今でもバブルの話になると出てくる言葉ですね。
初代 FPY31型(1988年-1991年)

初代 FPY31型(1988年-1991年)

【画像提供:カーセンサーnet】
シーマを買った理由を購入者にアンケートしたところ、なんと「値段が高かったから」という答えが1番多かったという。
良い車だから買ったというより、当時は金がありあまっていた時代。高いほうが売れる。ステータスだったようですね。もう一つは、バブル景気で土地の値段が上がりすぎて、土地を買えなくなったから車に流れたという人も多かったようです。
初代 FPY31型(1988年-1991年

初代 FPY31型(1988年-1991年

【画像提供:カーセンサーnet】

シーマのスペック

日産シーマ・タイプⅡリミテッド

寸法 全長4,890mm
全幅1,770mm
全高1,380mm
ホイール
ベース
2,735mm
トレッド 前1,500mm
後1,520mm
車両重量 1,640kg
総排気量 2,960CC
最高出力 255ps/6,000rpm
最大トルク 35.0kgm/3,200rpm
タイヤ 205/65R15


エンジン

エンジン

搭載エンジンはVG30DE型V型6気筒DOHC NA・200ps(タイプI、タイプII)とVG30DET型V型6気筒DOHCターボ(ハイフローセラミック式)255ps(タイプII-S[注釈、タイプIIリミテッド)の2機種(のちにレパード(2代目)にも搭載された)。
PLASMA-VG30DET

PLASMA-VG30DET

初代 FPY31型(1988年-1991年)

初代 FPY31型(1988年-1991年)

Y31セドリック/グロリアと同じプラットフォームを使い、ホイールベースは同じであるが、3ナンバー専用の上級車として登場。

【画像提供:カーセンサーnet】
初代 FPY31型(1988年-1991年)

初代 FPY31型(1988年-1991年)

注目の価格は500万円前後が中心。日産シーマ・タイプⅡリミテッドは510万円だったそうです。

【画像提供:カーセンサーnet】
シート

シート

もちろん豪華なシート。ヒーターなどもオプションで付いています。

【画像提供:カーセンサーnet】
Bピラー(センターピラー)がない

Bピラー(センターピラー)がない

当時、このタイプの車は流行しましたね。強度的にどうなのと思ってしまいますが。

【画像提供:カーセンサーnet】

バブリーな車だから、凄いオプション

パネル回り

パネル回り

パネル回りも、今みても高級感ありますね。
コクピット

コクピット

ステアリングもボタンだらけですね。ハンドフリー自動車電話用のボタン等です。

【画像提供:カーセンサーnet】
オート リフレックス ルーム ミラー

オート リフレックス ルーム ミラー

ミラーに映った後続車のヘッドランプの眩しさを自動的に抑える機能の付いたルームミラー
雨滴感知式間けつオートワイパー

雨滴感知式間けつオートワイパー

今の時代は標準装備している車も多かったですが、当時は高級ならではの機能でしたね。
自動車電話

自動車電話

高級車には必需品。そして憧れでしたね。
ミラーつきルームランプ

ミラーつきルームランプ

ルームランプに後席用にミラーが付いてる車はめずらしいですね。
加湿器がついている

加湿器がついている

後席用に車内になんと、加湿器がついている。当時、自宅用の加湿器なんかでも珍しい時代なのに。車についていたとは。
シートヒーター

シートヒーター

今では、オプションで多くの車に付けられると思いますが、当時としてはヒーターは高級品。
マルチAVシステム

マルチAVシステム

マルチAVシステムをオプションで追加すると、35万円ほどかかったそうです。

まとめ

初代シーマは4年間で13万台近く販売されたそうです、この500万円前後の価格帯でこの数は大ヒットでした。まさにバブルだったから売れた車ではないでしょうか。2代目シーマはバブル崩壊後に発売され残念ながら初代よりかは売れませんでした。

女優【伊藤かずえ】さんが今でも乗っていると話題に。

そんな高級車だからこそ、長く乗っている人がいると話題になりましたね。
伊藤かずえさんの愛車

伊藤かずえさんの愛車

25年乗っているそうです。

【女優・伊藤かずえ】25年間ずっと同じクルマ・初代シーマに乗り続け、走行距離25万㎞超! - Middle Edge(ミドルエッジ)

【女優・伊藤かずえ】25年間ずっと同じクルマ・初代シーマに乗り続け、走行距離25万㎞超! - Middle Edge(ミドルエッジ)
1990年に初代シーマを購入した伊藤かずえさん。それから25年間乗り続け、走行距離はなんと25万㎞を超えている!
30 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【日産・5代目シルビア S13型】デートカー、走り屋の車、二面性を持つS13シルビア

【日産・5代目シルビア S13型】デートカー、走り屋の車、二面性を持つS13シルビア

デートカーと言えば、プレリュードやシルビアが有名ですね、また80年代後半から90年代にかけてスポーツカーを語る上で忘れてはいけない車種とも言えるでしょう。180SX兄弟車として1988年フルモデルチェンジしたS13 シルビアを振り返ってみましょう。
M.E. | 23,377 view
時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

時空探偵マツ・de・デラックス【case LEOPARD-美しき獣-】第4話

とある町の1台しか在庫を持たない中古車屋”ガレージ MIDDLE EDGE”。店主は性別不明の「マツ・ド・デラックス」。そしてその2階には謎の探偵「松田K介」と助手の「富田葵」が事務所を構える。そこには店舗に飾られた「名車」に係る「依頼人」が訪れ、様々な人間模様が・・・・。第1話は「日産レパード」を中心に親子の絆を再確認させるため時空探偵「マツ・de・DX」が時を超えて奔走する!!ベテラン実力派漫画家「なかがわひろき」×昭和の生き証人「山本圭亮」がお送りするSF昭和ファンタジー!ミドルエッジだけで読めるスペシャル連載が満を持して登場!!
1971年に日本で販売が開始された名車「日産フェアレディ240Z」の無線マウスが販売中!!

1971年に日本で販売が開始された名車「日産フェアレディ240Z」の無線マウスが販売中!!

1971年に日本でも販売が開始された日産「フェアレディ240Z」。今も人気の名車が、なんとパソコンのマウスになるというユニークなアイテムが販売されている。カラーバリエーションは青、赤、白の三色での展開となっている。
日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

日本映画の大作『敦煌』。制作・宣伝費45億円もの費用を費やした壮大な物語とは!?

バブル真っ只中の1988年、文化遺産・莫高窟に隠された経典等をもとに作られた超大作。人間の欲望、男女愛の葛藤等を背景に、それぞれの男たちが、それぞれの守るべきものを命を懸けて必死に守ろうとする姿を描いた作品をご紹介しましょう。
ナベゲン | 3,071 view
90年代の名車・スカイライン GT-Rが運転できる!スポーツカーに特化したレンタカーショップがオープン!

90年代の名車・スカイライン GT-Rが運転できる!スポーツカーに特化したレンタカーショップがオープン!

「Auto Produce NOW」は、千葉県・松戸にクルマ好きの夢を叶える“スポーツカーに特化した”レンタカーショップ「カーレンタル東京」をオープンさせた。アバルト「500」をはじめ、日産「スカイライン GT-R(R32)」などを取り扱う。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能